オーストリア編(81):ノルトケッテバーン(13.8)

 大聖堂の前を通り過ぎ、すこし歩くとSF映画に登場するような建物がありますが、これがフンガーブルクバーン(Hungerburgbahn)というケーブルカーの乗り場です。
c0051620_6452092.jpg

 地下におりて往復切符を購入し、斬新なデザインのケーブルカーに乗り込みました。イン川手前までは地下を走り、地上に出て川を渡るとどんどん高度を上げていきます。傾斜がきつくなるにつれ、各車両が回転して平行を保つという凝った構造になっています。アルプス動物園を通り過ぎ、終着のフンガーブルク駅に到着。
c0051620_6454696.jpg

 ここからロープウェイを二本、ゼーグルーベバーン(Seegrubebahn)とハーフェレカーバーン(Hafelekarbahn)と乗り継ぎます。この三つの乗物を総称してノルトケッテバーン(Nordkettebahnen)というそうです。中間のゼーグルーベ駅では顔はめ看板をゲット。
c0051620_646994.jpg

 そして標高2334m山頂駅に到着です。ここからはなだらかに蛇行するイン川と山に挟まれた谷にあるインスブルックを一望できました。反対側に目をやると、峨々たる山々が連なっていますが、その向うがイタリアですね。ブレンナー峠はどのあたりだろう。ヴォルフィーもあの嶺を越えて音楽の勉強に行ったのかと想像すると、ちょっと感無量です。
c0051620_6463119.jpg

 ここからハーフェレカーの山頂まで、整備された山道を歩いてのぼって十分ほどです。頂上にはネクタイにスーツ、革靴姿の日本人四人連れがいたので、話をうかがうと、インスブルックに出張、その仕事の合間を縫って訪れたとか。山ノ神が記念写真を撮ってあげました。
c0051620_64721.jpg


 本日の二枚です。
c0051620_6472770.jpg

c0051620_6475291.jpg

by sabasaba13 | 2015-01-09 06:49 | 海外 | Comments(0)
<< オーストリア編(82):インス... オーストリア編(80):インス... >>