小倉久寛 祝還暦記念コントライブ

c0051620_6282413.jpg 「チケットぴあ」で、山田和樹のマーラー・ツィクルス、交響曲第二番の切符を買おうとしたところ、たまたま見つけたのが「小倉久寛 祝還暦記念コントライブ ザ・タイトルマッチ2 ~笑いのDeath Fight~」という演目でした。小倉さんか…じつは私の好きなコメディアンの一人です。ぬいぐるみのような体型、縄文人のような毛深さ、生まれついての子分肌、内気で弱気、そこはかとなく漂うペーソス、時々ふるう匹夫の勇、いい味をだしています。その彼が師匠とも言うべき、手八丁口八丁の三宅裕司とからみあう二人コント。これはつまらないわけがない。さっそく山ノ神を誘ったのですが、「えー、こんとお、ま、いいや、閑だからつきあうわ」というレイジーなお返事。見てなさい、その烏の足跡を二本ほど増やしてあげませう。
 二月好日、山ノ神とともに下北沢にある本多劇場へと参りました。ほんとうにここでいいのかしらんと思うような雑居ビルの中に入ると、胡散臭げな小店舗が櫛比しています。いいですね、この猥雑な雰囲気。入場するとそれほど広くない劇場内はほぼ満員、「笑ってやるぞ」という熱気で息苦しいほどでした。そして開幕です。観客に肩透かしをくわせるように、そこは楽屋。二人が舞台衣装に着替えながら、ぼそぼそと軽妙なトークを交わしています。「今日は天気がよくてよかったね。この前の雪の日は、早くお客さんを帰してあげようとして早口になっちゃった」という三宅氏のセリフ、こうして書くと何でもないのですが、生で聞くとほんとうにおかしいのです。そして舞台が廻るとそこはビルの屋上、飛び降り自殺をしようとしている脚本家の小倉氏と、それを止めようとしているかしていないのかよくわからないプロデューサーの三宅氏の抱腹絶倒のかけあい、「まだ死なないで!」というコントの始まりです。それが終わるとまた舞台が回転して楽屋となり、コントを終えた二人がやってきてぶつぶつやりあいながら次の衣装に着替えます。こうして楽屋風景を間にはさみながら「人力車と客」「世紀の発明」「浮気調査の報告」「ブルースギター教室」と五つのコントに大笑いしました。このコントと楽屋風景を繰り返すという構成が、緩と急、弛緩と緊張というメリハリのきいたリズムを生み、休憩なしの二時間があっという間に過ぎました。山ノ神も涙を流しながら爆笑、ご満悦の様子に一安心しました。なお余禄として、最後の楽屋に日替わりのゲストが登場するという趣向がありました。本日は松本明子氏が花束を持ってあらわれ、見事な歌声を聞かせてくれました。ほんとうは伊東四朗氏に会いたかったのですが、諒としましょう。
 さてこの二人のコントはなぜこんなに面白いのか、野暮ですがちょっと分析してみました。まずプロットがしっかりしていること。しっかりとした骨組みがあってこそ、二人のギャグも映えるというものです。作家の吉高寿男氏、吉井三奈子氏、小峯裕之氏にお礼を言いたいと思います。そして十分に稽古をした上で演じられるコント。購入したパンフレットに掲載されていた加山雄三氏との対談で、次のような対話がありました。(p.23)
加山 今回のライブってコントだけ?
三宅 はい。コントだけで2時間。
加山 アドリブなしで?
小倉 なしです。
加山 よくまあ台詞を覚えられるもんだね。
三宅 むしろ覚えないと辛いんです。
小倉 それに稽古も1ヶ月やりますから。
 これは驚きでした。丁々発止の軽妙洒脱なやりとりは、すべて台詞だったのですね。しかも1ヶ月というしっかりとした稽古をかさねたうえでの芝居。たぶん、自然に聞こえるように、アドリブに見えるように、何度も何度も練習されたのだと思います。
 そして小倉久寛氏が醸し出す魅力も見逃せません。作家の吉井三奈子氏がパンフレットの中で、「乙女心」「純粋でまっすぐで可憐」と評されていますが、なるほど、言われてみればそうですね。しょぼくれてむくつけき容貌(御免なさい)とヌイグルミのような体型・体毛の内に秘めた乙女心、そのアンバランスさに惹かれるのかもしれません。
 心の底から清々しく笑えた素晴らしく楽しい二時間でした。また機会を見つけてお二人のコント・ライブを拝見したいと思います。
by sabasaba13 | 2015-02-19 06:28 | 演劇 | Comments(0)
<< 言葉の花綵115 『経済成長がなければ私たちは豊... >>