言葉の花綵116

 楽観主義者はドーナツを見、悲観主義者はドーナツの穴を見る。(オスカー・ワイルド)

 歴史それ自体は繰り返さない。しかし、歴史は韻を踏む。(マーク・トゥエイン)

 たとえ腐っていても、平和の方が戦争よりもいいに決まっている。でもね、腐り過ぎると戦争が始まるんですよ。(八杉康夫)

 沈黙よ! 沈黙よ! 沈黙の中に爆発しなければ、沈黙の中に滅亡するだけである。(魯迅)

 燃えあがらなければ、石炭もただの黒い石である。爆発しなければ、ダイナマイトも甘い泥のかたまりである。立ち上がらなければ、人間はサルより低い。(むのたけじ)

 君たちに過去の戦争責任はない。ただし、将来それを繰り返さない責任はある。(某収容所体験者)

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
どんな神であれ感謝する
私が負けざる魂〈インビクタス〉に

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流そうと決して頭は垂れまい

激しい怒りと涙の彼方には
恐ろしい死だけが迫る
だが長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私はわが運命の支配者
我が魂の指揮官なのだ (ウィリアム・アーネスト・ヘンリー 『インビクタス』)

 死に絶える思想のために生きるよりも、生き残る思想のために死ぬ方がいい。(スティーヴ・ビコ)

 世界の強大な国々は、世界に工業と軍事の外観を与えることに奇跡的な成功を収めてきたかもしれない。だが偉大な贈り物がまだアフリカから届いていない。世界にもっと人間的な顔を与えるという贈り物が。(スティーヴ・ビコ)
by sabasaba13 | 2015-03-10 06:42 | 言葉の花綵 | Comments(0)
<< 北海道編(21):知床五湖(1... 『希望と憲法』 >>