スイス編(18):チューリヒ(14.8)

 朝、目覚めて窓を開けて空を見上げると、どんよりとした曇り空。テレビをつけて大雑把な天気予報を見ると、曇り時々晴れ、まあ雨が降らなければ諒としましょう。
c0051620_865794.jpg

 なおスイス各地の観光地を映すライブ映像を見ていると、次の宿泊地サン・モリッツは曇り、ツェルマットは晴れでマッターホルンの天辺が拝められました。いいなあ、われわれが訪れる頃には天気が崩れそうだなあ、と弱気になる自分を叱咤し朝食会場に行きました。
c0051620_872385.jpg

 ハム、チーズ、ゆで卵、フルーツ、ヨーグルトをいただいて、部屋に戻り荷づくり。今日は午前中にチューリヒの市内観光をして、午後にはサン・モリッツに移動します。なお枕銭を2スイス・フランおいたためか、新しいティッシュが置いてありました。「ツェルマットで泊まる二つ星ホテルのためにもらっていきましょう」とトランクにつめる山ノ神。さすがです、頼りにしてまっせ。
c0051620_875069.jpg

 チェックアウトをして荷物をフロントに預け、いざ出発。ホテルの前にある坂道では、働くおじさんが重そうな荷車を押していました。今、写真を見て気づいたのですが、それほど広い道ではないのにちゃんと歩道がありました。自動車という悪魔から人間を守る配慮がなされていることがわかります。まずは昨晩に発見したポリバーン(POLYBAHN)に乗りましょう。駅に行くと、けっこうケーブルカーを待っている人がいます。市民や学生の足なのでしょう。
c0051620_881444.jpg

 そして小さくてかわいい真っ赤なケーブルカーが降りてきました。チューリヒ・カードを提示して乗り込み、頂上駅へ。
c0051620_884541.jpg

 目の前にあるのが連邦工科大学(ETH)、そして展望台からはチューリヒの町並みを一望することができました。しかし好事魔多し、雨がぽつぽつと降り出しました、やれやれ。
c0051620_891610.jpg

 ケーブルカーに乗って下界へと降り、それでは遊覧船乗り場へ向かいましょう。バーンホフ通りを歩いていると、途中にあったのがペスタロッチ公園、教育者・教育思想家として著名な彼はここチューリヒで生まれたのですね。道を清掃する働くおじさんを撮影し、その先へ歩いて行くとオメガやローレックスの店が並び、高級感のあふれる雰囲気となります。このあたりがパラデ広場、「チューリヒの小鬼」たちが跋扈する金融の中心です。UBS銀行やクレディ・スイスなど名立たる大銀行が並んでいました。
c0051620_8104731.jpg

 なお以前に読んだ『私物化される世界 誰がわれわれを支配しているのか』(ジャン・ジグレール 阪急コミュニケーションズ)に、以下のような指摘があったので紹介します。
 マルコスが国外へ、特にヨーロッパとアメリカへ送った略奪資金の総額はどの程度か? 信頼できる見積もりによれば、クレディ・スイスを含む約40の銀行に蓄えられている資産額は10億ないし15億ドルにのぼる。
 略奪物の偽装工作は複雑な戦略に基づいておこなわれた。マニラに呼びつけられたチューリヒの銀行家とそのスタッフは(1968年以降)実際に四六時中、いかに金を疎開させてリサイクルするかに没頭した。独裁者とは毎日連絡を絶やさなかった-マルコスが1986年3月にホノルル郊外にあるアメリカのヒックハム空軍基地に抑留された後も。
 穢れた金の流れはまずチューリヒのクレディ・スイスのさまざまな匿名口座に入った。最初のマネーロンダリングである。それから、この略奪金はフィデス信託会社(クレディ・スイスの子会社)に送られた。二度目の名義変更である。最後に三度目のロンダリング。フィデスが水門を開けて、穢い流れがまた分かれる。今度の行き先はリヒテンシュタインである。(p.133)

 一言でいえば、今日フィリピンが崩壊の危機に瀕し、民衆の大部分が根深い貧困に苦しみ、さらにテロリズムが拡大する直接の責任はすべて、蔓延する汚職にある。この汚職の構造をつくったのはマルコス夫妻とクレディ・スイスという略奪者なのだ。(p.135)
 やれやれダビデのように石を投げつけてやりましょうか。

 本日の四枚です。
c0051620_8121742.jpg

c0051620_8123851.jpg

c0051620_813177.jpg

c0051620_8132788.jpg

by sabasaba13 | 2015-10-18 08:14 | 海外 | Comments(0)
<< スイス編(19):チューリヒ(... スイス編(17):チューリヒ(... >>