スイス編(63):ツェルマット(14.8)

 おっアイベックスの銅像だ、悔しいから撮影しておきましょう。いつものお店でケバブとフリッツを食し、また歩き出すとアイベックスのぬいぐるみを売っていました。悔しいから撮影しておきましょう。その先には日本語で「日本のおいしい家庭の味 カレーうどんセット 2000円/16ユーロ/18スイスフラン (いずれかでお支払いOK!)」と書かれた看板がありました。スイスの物価の高さをご理解いただけるかと思います。
c0051620_7201747.jpg

 腹ごなしにちょっと寄り道、路地に入って古い倉庫や教会を見ながらぶらぶらと散歩をしました。
c0051620_7204368.jpg

 郵便局があったので開業時間をチェックすると、月曜日‐金曜日は8:30‐12:00と13:45‐18:00、土曜日は8:30‐11:00でした。昼休みは12:00‐13:45か、シルヴァプラーナ郵便局の昼休みは12:00‐14:30だったので画一化されておらず地域によって違うようです。
c0051620_721145.jpg

 そしてわれらがホテル「サラズィナ」に到着、部屋に戻ってシャワーを浴びビールを飲みながらくつろぎました。部屋から見えるマッターホルンにはだいぶ雲がかかり、やがて夕映えで美しく染め上げられていきました。本を読んだり転寝をしたりしていると午後九時となりました。友人のイタリア人女医、Aさんがクーネオからツェルマット駅に到着するのが午後九時半、そろそろ着替えて駅まで出迎えに行きましょう。定刻どおりに入線した列車から降りて駆け寄るAさんと抱き合って再会を祝し、ホテル「サラズィナ」へ。明日の午前七時半に一緒に朝食をとろうと約束し、分かれました。彼女のためにも、明日も晴れるといいな。ツェルマットは初めて訪れるということなので、素晴らしいマッターホルンの山容を見せてあげたいものです。

 本日の二枚です。
c0051620_7213944.jpg

c0051620_722355.jpg

by sabasaba13 | 2016-01-06 07:22 | 海外 | Comments(0)
<< スイス編(64):リッフェルゼ... スイス編(62):グレッシャー... >>