厚揚げ油淋鶏

 山ノ神とNHK『きょうの料理』を見ていたら、「"ボルシー"おかず」という特集をしていました。なんじゃそらあ、と声を合わせた二人。なんてことはない、ボリュームがあってヘルシーな料理という意味でした。その中で紹介された一皿が、「厚揚げ油淋鶏(ユーリンチー)」でした。鶏肉のかわりに厚揚げを使った、ボルシーな料理。手間もいらないし、私の大好きな厚揚げとゴマも楽しめるし、さっそくつくってみました。そういえば、拙ブログでこれまでいろいろと紹介してきました。列挙いたしますと、極上ハンバーグしらすふりかけ雪虎菜の花スパゲティーたまねぎ納豆麻婆豆腐鳥団子なべカツオの刺身とマヨネーズたまご丼ほうれんそうカレーなどなど。しかしここしばらくレパートリーが増えておりません。気持ちのゆとりを失っているということなのでしょうか、自戒。

 それではレシピを紹介しましょう。まずタレは、醤油:酢:ごま油を4:4:1の割合であわせ、みじん切りの葱と生姜、そして白胡麻を適量加えます。なお番組では砂糖を加えていましたが、これは好みによりますね。私はいれません。そして3cm角に切った厚揚げに醤油をまぶし、ごま油で焼き色がつくまで炒めます。これを皿に盛ってさきほどのタレをかければフィニート。
 焼きめが香ばしい厚揚げ、胡麻と葱の風味、すっぱいタレが絶妙のマッチングです。私はシーザー・サラダ用のカット野菜をスーパー・マーケットで購入して、その上に盛りつけたのですが、このタレで野菜も美味しくいただけました。山ノ神も「美味しい美味しい」と連呼しながらたいらげてくれました。手料理を伴侶に誉めてもらうのは嬉しいもの、小さいけれど確固たる幸せ(小確幸)です。ほんとうに簡単につくれておいしいのでお試しあれ。
厚揚げ油淋鶏_c0051620_6295024.jpg

by sabasaba13 | 2016-05-22 06:30 | 料理 | Comments(0)
<< 『日本の百年7 アジア解放の夢』 言葉の花綵141 >>