ワハハ本舗

c0051620_6284670.jpg 喜劇や笑いは大好きですね、うん。マルクス兄弟にクレイジーキャッツ、チャップリンにキートン、古今亭志ん生に柳家小三治、彼らから何度、元気をもらったことか。シェ-クスピア曰く、"陽気に笑いさざめきながら老いさらぼうて皴をつけ、酒びたしで肝臓をほてらせるがいい。そのほうが苦しい溜息ついて、その一息ごとに心臓を凍らせるより、よほどましだ。熱い血のかよった人間が、石膏細工の爺様よろしく、どうしてじっとしていなければならないのだ?"。シャンフォール曰く、"人生で最もむなしかった日は、笑わなかった日である"。アンネ・フランク曰く、"こんな薬を10錠飲むより心から笑ったほうがずっと効果があるはず"。チャーリー・チャップリン曰く、"私には傑作は残せなかった。だが人を笑わせた。悪くないだろ"。ニーチェ曰く、"笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである"。
 できるだけ舞台で喜劇を楽しもうとは思っているのですが、小生の霊界アンテナがにぶいのか、あまり上演の情報を手に入れられません。ほんとうは小松政夫と伊東四朗の二人芝居が見たいのですが、叶わぬ夢のようです。DVDの「エニシング ゴーズ」を見て笑いころげましょう。「小倉久寛 祝還暦記念コントライブhttp://sabasaba13.exblog.jp/23530914」は、実に面白かったですね。またこういう舞台を見たいものだと思っていた矢先、「ワハハ本舗」全体公演「ラスト3~最終伝説~」がおこなわれるという情報を得ました。久本雅美の当意即妙のギャグは大好きなので、彼女が所属するコメディ集団の舞台は期待できそうです。

 会場は東京フォーラム、現地で山ノ神と待ち合わせることにしました。入口で渡されたのは、桜の枝の造花。なにかの演出で使われるのでしょうね。さあはじまりはじまり。煌びやかに女装した梅垣義明氏が、股間を隠しながら朗々と歌うシャンソンには度肝をぬかれました。この時に、さきほどの桜の造花を振るように促されました。
 この後は柴田理恵氏と久本雅美氏の一人芝居あり、メンバーによるコントあり、集団によるモダン・ダンスあり、弾き語りありと、笑いのオンパレード…と言いたいところですが、お腹の底から笑えるような場面はありませんでした。あまり練られたギャグは少なく、会場が広いことも災いしたのかな。凡百な下ネタの多さにもちょっと辟易しました。ただお客さんを楽しませようという意気と熱気は十二分に伝わってきたので諒としましょう。ただ柴田氏が言った「面白いから笑うのではない、笑うと面白くなる」という言葉に琴線が触れました。そうですよね、ぐだぐだ言っていないで、笑えばいいんですね。
 会場を去る時に、造花が回収されましたが、財政面での苦労が偲ばれます。これからも身銭を切って、お笑い芸人のみなさんを育てていきたいと思います。そういえば、古今亭志ん生が、林家三平真打披露口上の中で、「小鳥の鳴く音を聴くには、餌をあげて世話をしなくてはいけない」と言っていましたっけ。
by sabasaba13 | 2017-06-13 06:29 | 演劇 | Comments(0)
<< マーラー交響曲第八番「千人の交響曲」 『共謀罪の何が問題か』 >>