近江編(38):近江八幡へ(15.3)

 それでは修学院駅へと向かいましょう。途中にあった鷺森神社に、下記のようなお知らせがありました。
修学院小学校 新一年生 入学祈願祭のご案内
四月 一日 十時 鷺森神社本殿にて斎行
修学院小学校新一年生の入学祈願祭を執り行います。保護者様ご同伴にてご出席ください。記念品をお渡ししています。
 うーむ、何なのだろう、祈願祭というのは。人気があるので抽選で新入生を選抜しているのでしょうか。ホームページを見ても不明でした。ただ「校長室から」というコラムに、次のような言葉があったので、意を強くしました。がんばれ、修学院小学校。
 5月の憲法月間では,日本国憲法の三原則(国民主権・基本的人権の尊重・平和主義)を,日々の学校生活に生かすため,教室でできることを考えました。一人一人が真剣に考え,自分自身のできることから始めることで,笑顔になる友だちが増えたのではないでしょうか。
 でも、アドルフ・安倍、ヨゼフ・菅、ヘルマン・麻生が知ったら、有形無形、ありとあらゆる非公式な嫌がらせやいじめをして、この方針を撤回させるでしょうね。鶴亀鶴亀、桑原桑原。

 修学院駅から叡山電鉄本線に乗って出町柳駅へ、京阪本線に乗り換えて七条駅で下車。地上に出て、1913(大正2)年に開通した鴨川に架かる橋では最古の、七条大橋を撮影しました。森山松之助が意匠設計を担当した5連の鉄筋コンクリートアーチ橋です。
 そしてバスで京都駅に行き、琵琶湖線に乗って近江八幡駅へ。本日は寄り道をしましたが、明日からは再び琵琶湖周遊の旅に復帰します。駅から歩いて「ホテルはちまん」へ行きチェックイン、荷物を部屋に置いてホテル近くにあった「ティファニー」でビフカツをいただきました。
c0051620_75486.jpg

 本日の二枚です。
c0051620_7544072.jpg

c0051620_755684.jpg

by sabasaba13 | 2017-10-02 07:56 | 近畿 | Comments(0)
<< 関東大震災と虐殺 18 関東大震災と虐殺 17 >>