沖縄編(5):久米島(05.8)

 さて今晩はサンセット・クルーズに行きます。カタマランという双胴型の中型ヨットに乗れるというので飛びついたわけです。以前タヒチで経験して以来、風にのって海をすーいと静かに滑り走る快感が忘れられずもう一度乗ってみたいと思っていたもので。ロビーでバスを待っていたところ、あれ、どこかで見たような人が… 三遊亭楽太郎でした、別にコメントはありませんが。実はこれが、これからの重要な伏線となります。一島一有名人! ま、それはさておきバスで港まで行き、憧れのカタマランに十数人で乗り込みます。残念ながら風がほとんどなく、滑るように走るという雰囲気ではありませんが、静かに進むヨットから海や島を眺めるのはいいものですね。身も心も溶けてしまいそう。
c0051620_20511775.jpg

 も一つ残念なことに雲に隠れて日の入りが見えませんでしたが、白、茜色、紫、オレンジ色と千変万化、さまざまに色を変えていく美しい雲を十分に堪能できました。これはこれでよし。やがて月が輝きだし、海上に長い帯となった光をおとす幻想的な光景にも見惚れました。眼福眼福。
c0051620_20513680.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_1741561.jpg

by sabasaba13 | 2005-10-06 06:09 | 沖縄 | Comments(0)
<< 沖縄編(6):バーデハウス久米... ニュルンベルクのマイスタージンガー >>