沖縄編(8):久米島ウミガメ館(05.8)

 翌日は午後発の飛行機で石垣島へ移動。午前中はレンタカーを借りて見残した物件を回ることにしました。まずはバーデハウスの隣にある「ウミガメ館」を訪問。久米島はウミガメの産卵地なのですね。まず目を魅かれたのが、水面に浮く木の葉を擬態する愛らしくていとおしい子ガメ。そして水槽の中を泳ぐアオウミガメ・アカウミガメ・タイマイを見て、10分ほどの映画を拝見しました。リサ(仮名)というウミガメの一生を描いたもので、なかなかよくできております。最後にリサが海に浮かぶビニール袋をクラゲと間違えて飲み込み、死んでしまうシーンは悲しかった。海で泳いでいてビニールが浮いていたら必ず拾おうと、銘肝。なお卵から孵った子ガメが海に戻るときに、車の轍やゴミなどにじゃまされてたどりつけず、死んだり鳥に食べられてしまうケースも多いようです。当たり前の話ですが、海や海岸は汚さないようにしましょう。それにしても実際に海で泳いでいるウミガメと出会いたいけれど、シュノーケリングでは無理だろうなあ(伏線)。変なTシャツがあったので、購入。いいでしょ。
c0051620_20535024.jpg


 本日の一枚は、木の葉に擬態する子ガメです。
c0051620_1752429.jpg

by sabasaba13 | 2005-10-10 17:32 | 沖縄 | Comments(0)
<< 沖縄編(9):痛恨之碑(05.8) 沖縄編(7):久米島のエイサー... >>