近江編(72):木ノ本(15.3)

 長浜港に接岸して船から降り、自転車にまたがってホテルへ。丁重にお礼を述べて自転車を返却し、預けておいた荷物を受け取りました。そして徒歩で長浜駅へ、駅前には石田三成の顔はめ看板がありました。近くには電動アシスト付きのレンタサイクルが置かれていたので、駅か観光案内所で借りられるようですね。
c0051620_6284327.jpg

 時刻は午後一時少し前、さすがに小腹がへったので、駅構内にある「かごや」でカレーうどんをいただきました。
c0051620_6291331.jpg

 次の目的地は木ノ本です。以前、賤ケ岳を訪れた時にすこしの時間立ち寄って、北国街道のしぶい宿場町という印象を受けました。今回、あらためて散策しようと考えた次第です。北陸本線に乗って十四分ほどで木ノ本駅に到着。なおひとつ前の高月駅の近くには、ヤンマーの創始者山岡孫吉が生誕地に寄贈したドイツ・ゴシック建築の公民館「ヤンマー会館」があることが後日わかりました。再訪を記しましょう。
 駅構内には「賤ケ岳七本槍の里」「佐吉くん」と記された顔はめ看板がありましたが、これは石田三成の幼名ですね。
c0051620_6294013.jpg

 前回の訪問時に撮影したご当地ポスト図書館もご健在、旧友に再会した気分です。
c0051620_630721.jpg

 それでは木ノ本の街歩きを始めましょう。瓢箪型の珍しい透かしブロックを撮影してすこし歩くと、「馬宿 平四郎」という看板がかかった起り屋根の古い民家がありました。
c0051620_630439.jpg

 解説があったので、後学のために転記します。
木之本牛馬市跡
 室町時代から昭和の初期まで 毎年二回この地区二十軒ほどの民家を宿として伝統の牛馬市が開かれた。藩の保護監督もあり地元近江を初め但馬・丹波・伊勢・美濃・越前・若狭などから 数百頭以上の牛馬が集まり盛況を極めた。
 商いの方法は買い手が売り手の袖の中に手を入れ双方が指を握って 駆け引きをし、商談が成立すると両者が手を打ち周囲に居合わせた人たちも拍手をして成約を祝った。
 なるほど、馬喰たちが市のために泊まった宿なのですね。ちなみに、山内一豊の妻・千代が名馬を買ったのもここの市だそうです。

 本日の一枚です。
c0051620_631995.jpg

by sabasaba13 | 2018-02-02 06:32 | 近畿 | Comments(0)
<< 京都観桜編(1):前口上(15.3) 近江編(71):竹生島(15.3) >>