2018桜便り(東京編2)

 昨日は休暇がとれたので、山ノ神と都内の桜めぐりをしてきました。午後四時から、世田谷パブリックシアターで、仲代達矢主宰の無名塾による『肝っ玉おっ母と子供たち』を観劇する予定ですので、それを考慮して計画を立てました。まず鉄板名所である千鳥ヶ淵と新宿御苑を訪れ、雑司ヶ谷にある穴場、法明寺の桜を見て、目黒川沿いを散策して三軒茶屋に向かいましょう。ところが知人から、小石川植物園と播磨坂の桜が素晴らしく、「ソーニヤ」というロシア料理店が美味しいという情報を教示されたので予定を変更しました。

 当日は快晴、無風、温暖という絶好の花見日和。まずは朝早く千鳥ヶ淵へと向かいました。地下鉄九段下駅で降りて地上に出ると、おおっ牛ヶ淵の桜が見事に咲き誇っていました。
c0051620_7113816.jpg

 そして千鳥ヶ淵の桜を満喫。お濠にたわわと垂れ下がる桜花は見事なものでした。
c0051620_711529.jpg

c0051620_712420.jpg

c0051620_7121625.jpg

 地下鉄で茗荷谷駅に移動し、教えていただいた「ソーニヤ」でボルシチとピロシキに舌鼓を打ちました。
c0051620_7122662.jpg

 小石川植物園はさまざまな種類の桜がここを先途と咲き誇り、人手もそれほどではなく、心穏やかに花見を堪能。
c0051620_71308.jpg

c0051620_7131245.jpg

c0051620_7132480.jpg

 そして播磨坂の見事な桜並木を愛でながら茗荷谷駅へと戻りました。
c0051620_713343.jpg

 新大塚駅から歩いてJR大塚駅へと行き都電に乗って雑司ヶ谷へ。すこし歩いたところにある法明寺は穴場、境内を満開の桜が埋め尽くしていました。
c0051620_713473.jpg

c0051620_7135896.jpg

 そして池袋駅から渋谷へ、東急田園都市線に乗り換えて三軒茶屋へ。劇評については後日に上梓いたします。

 本日の一枚です。
c0051620_714926.jpg

by sabasaba13 | 2018-03-29 07:14 | 鶏肋 | Comments(0)
<< 言葉の花綵173 2018桜便り(東京編) >>