仁淀川編(41):大渡ダム(15.8)

 坂道をおりて、大渡ダムの付近を散策。ひさしぶりにフェイス・ハンティングもできました。
c0051620_1931926.jpg

 そして歩いて宿へと向かいましたが、沈下橋のあたりでは家族連れが川遊びを楽しんでいました。宿近くの長者川でも、投網で漁りをされている方を見かけました。
c0051620_19312367.jpg

 そして部屋へ戻り、ビールを飲んで昼寝をして読書をしてまた昼寝。典雅なる午後のひと時を楽しみました。
 夕方になったのでひとっ風呂あびてビールを飲みながら物干し台で夕涼み。テレビをつけると、なんとCG化された「サンダーバード ARE GO」を放映していました。
c0051620_19313722.jpg

 食い入るように見たのですが、そのスマートさとスピード感に少し違和感を覚えます。やはり旧作の手作り感あふれる鈍臭さがよろしおま。特に、ペネロープがあんなに美人では絶対にいかん。一緒に見ていた山ノ神を「トレーシー一家の名前を全部言えるかい?」と徴発。「知らないわ」「お父さんはジェフ、五人兄弟は、スコット、ジョン、バージル、ゴードン、アランさ」と、もんだどんない顔の私。すると山ノ神が「じゃあブリュンヒルデの八人姉妹の名前は?」と逆襲。「…」 「ゲルヒルデ、オルトリンデ、ヴァルトラウテ、シュヴェルトラウテ、ヘルムヴィーゲ、ジークルーネ、グリムゲルデ、ロスヴァイセよ、おーほほほほほほほ」 後半は冗談ですが、この遊びはけっこう応用がききます。『おそ松くん』の六つ子の名前とか、宋家の三姉妹の名前とか、『細雪』の四姉妹の名前とか、『カラマーゾフの兄弟』の三人の名前とかね。
 閑話休題。政治家・官僚・国民が一刻もはやく改心して、自衛隊を国営国際救助隊「雷鳥」に全面的改組することを衷心より祈ります。
 夕食は「おきゃくそうめん」。土佐では宴席のことを「お客」と言うそうですが、そこで出される具沢山の素麺のことでしょうか。ご教示を乞いますが、美味しうございました。
 部屋に戻って本を読んでいると、ドンドンという音が聞こえてきます。そろそろ花火大会が始まったようですね。二人で物干し台に出て、はるか遠くに見える小さな花火を鑑賞。そして「ダバダ火振」を飲みながら就寝。♪La Vie en rose♪
c0051620_19323580.jpg

 本日の一枚です。
c0051620_19325869.jpg

by sabasaba13 | 2018-09-30 08:37 | 四国 | Comments(0)
<< 沖縄は孤立していない 仁淀川編(40):大渡ダム(1... >>