函館・札幌編(9):函館(15.9)

 はこだて明治館は、1911(明治44)年に函館郵便局として建てられた赤レンガの重厚な建造物ですが、現在はショッピングモールとして活用されています。
 そして金森赤レンガ倉庫に向かいますが、小腹がへったので「みなとの森」というカフェに立ち寄ってワッフルと珈琲をいただきました。味にうるさい山ノ神はワッフルの生クリームを絶賛。
c0051620_219019.jpg

 なおこちらのトイレ男女表示は、アルベルト・ジャコメッティの彫刻の如くソリッドなものでした。
c0051620_2191743.jpg

 金森赤レンガ倉庫は、長崎から来函し、輸入雑貨や船具などの販売を手掛けていた初代渡邉熊四郎が1887(明治20)年、既存の建物を買い取って営業倉庫業に乗り出したのが始まりです。海運の活況により、荷物の取扱量が年々増加していったため、倉庫の増築で営業規模を拡大していきました。そんな最中、1907(明治40)年に発生した大火で倉庫6棟を焼失し、不燃質の倉庫として1909(明治42)年に再建されたのが、現在の建物です。現在では、飲食店や土産物店が入居する複合施設へと姿を変えて、観光スポットとなっています。函館山を背景に、櫛比する重厚なレンガ倉庫群、フォトジェニックな光景です。なおその中には、赤レンガ倉庫を模したご当地ポストがありました。
c0051620_21102193.jpg

 海岸に出ると、新島襄のブロンズ像がありました。以下、「公式観光情報はこぶら」から引用します。
 新島襄は、五稜郭を設計した武田斐三郎が教授をしていた諸術調所に入るために箱館にやって来ました。しかし、武田は江戸へ帰っていたため、塾頭の長岡藩士・菅沼精一郎の紹介で、ロシア領事館付きの司祭ニコライの日本語教師となりました。その後、鎖国の禁を破ってでも海外見聞をしたいという強い情熱のもと、1864(元治元)年6月14日夜、大町の築島の波止場から1艘の小舟で沖に出た後、湾内に停泊するアメリカ商船ベルリン号にたどり着き、密出国に成功。海外で見聞を広め、後に同志社英学校(現在の同志社大学)を創設しました。ブロンズ像では、小舟に乗って密出国する時の姿が表現されており、変装した服装などの様子がわかります。
 その意気やよし。彼の建学の言を紹介します。
 我が校の門をくぐりたるものは、政治家になるもよし、宗教家になるもよし、実業家になるもよし、教育家になるもよし、文学家になるもよし、且つ少々角あるも可、気骨あるも可。ただかの優柔不断にして安逸を貪り、苟も姑息の計を為すが如き軟骨漢には決してならぬこと、これ予の切に望み、ひとえに希うところである。
 嗚呼、"姑息の計を為すが如き軟骨漢"が溢れた、根腐れした今の日本を見たら、彼は何と言うでしょうか。なお彼が海老名弾正と共に設立した安中教会も以前に訪れたことがありました。

 本日の三枚です。
c0051620_2113192.jpg

c0051620_21133335.jpg

c0051620_21134853.jpg

 追記です。最近読んだ『日本史の論点 邪馬台国から象徴天皇制まで』 (中公新書編集部編 中公新書2500)に、次の一文がありました。

 西洋の文物も、幕府許可のもと、ある程度入ってきた。江戸の人々は、「イソップ物語」(「伊曽保物語」)を読み、キリスト教の知識もあった。幕末期、アメリカに密航する上野安中藩の新島襄は、若い頃友人からキリスト教の翻訳書を借りて勉強した。彼は、これらの本を読んでキリスト教に興味をもち、渡米を決意する。その後、箱館での潜伏を経て、国禁を犯し渡米するが、なんとアメリカで、国元(上野安中藩領)の実家と手紙を交わしている。幕府が倒れたこともアメリカにいながら知っており、帰国した際に、禁を犯した彼を家族が追い払うこともなかった。(p.108)
by sabasaba13 | 2018-11-17 06:25 | 北海道 | Comments(0)
<< 函館・札幌編(10):函館(1... 函館・札幌編(8):函館(15.9) >>