函館・札幌編(13):函館(15.9)

 そろそろ黄昏時、夕食を食べる店を物色しながら、函館山ロープウェイ乗り場へと向かいましょう。十字街まで歩き銀座通りをぶらつきましたが、このあたりにも、古くて渋い建物が散見されます。旧ホテル中央荘は、リズミカルに並んだ縦長の窓とファサード最上部の装飾が印象的。
c0051620_2121619.jpg

 旧梅津商店倉庫は、菱形の意匠を取り入れた四つの窓が小粋な物件です。
c0051620_21225310.jpg

 ん? その近くに、正面が貼り紙で埋め尽くされ、軒にサンタクロースが並ぶ、なんともキッチュなお店がありました。「ご当地バーガー 全国No.1 金賞受賞 ラッキーピエロ十字街銀座店」という謳い文句に心惹かれ、こちらで夕食をいただくことにしました。中に入ると、たまげた駒下駄日和下駄、サンタクロースの人形が所狭しと溢れています。とんでもない店に入ってしまったなあと少し後悔しながら、チャイニーズチキンバーガーセットを注文。客席のある二階にあがっても、サンタクロース人形が充満しています。でも美味しかったですね、甘辛のタレをからめたジューシーな鶏の唐揚げを、しっかりとした味のバンズが支えています。これは大当たり。後で知ったのですが、地産地消にこだわり、また道南地区以外への出店を拒否する、あくまでも地元に密着したハンバーガーチェーン店だったのですね。そういえば従業員に年配の方が多かったのですが、これも地元への貢献かもしれません。函館では「ラッピ」と呼ばれているそうです。また店ごとに装飾のテーマが違い、ここ十字街銀座店のテーマは「一年中クリスマス」。店内に飾られている5,000体ものサンタクロースは、すべて王一郎会長のコレクションだそうです。
 というわけで素敵なお店に出会えました。敬意を表してTシャツを購入。
c0051620_6312416.jpg

 周囲を睥睨する尖塔が印象的な函館市地域交流まちづくりセンターは、1923(大正12)年に竣工した旧丸井今井百貨店函館支店です。こちらには1930(昭和5)年に設置された東北以北最古のエレベーターが現在も稼働中で、施設スタッフに見学を申し出ると最上階まで一緒に乗ることができるそうです。
c0051620_21233327.jpg

 そして函館山ロープウェイ乗り場の山麓駅に到着、さすがは日本三大夜景のひとつ、押すな押すなの大混雑です。ちなみにあと二つは長崎稲佐山神戸六甲山ですね。私は以前に訪れたことがあり、その素晴らしさにいたく感激しました。これは是が非でも山ノ神に見せてあげたいという敷島の大和心に動かされた次第です。長い行列に並び、やっとのことで乗り込めました。
by sabasaba13 | 2018-11-27 06:21 | 北海道 | Comments(0)
<< 函館・札幌編(14):函館(1... 函館・札幌編(12):函館(1... >>