函館・札幌編(17):函館(15.9)

 さて山ノ神も目覚めたことだし、朝食を食べにいきますか。なおコンフォートホテル函館では、朝食は無料です。朝食会場に行くと充実したメニューで、特に日替わりスープ全8種類というのが嬉しいですね。山ノ神はテアニン味噌スープを、私はボルシチをいただきました。
c0051620_1871742.jpg

 部屋に戻って身支度をととのえ、チェックアウトをして荷物をフロントに預けていざ出発。ちなみに本日は、午前中は函館をぶらつき、午後は大沼公園を散策、そして札幌に移動してカニを食べるという予定です。外に出てまずは函館山にご挨拶、そして朝市へと向かいます。途中で「落雪注意」という札がかかっていましたが、冬場にはここ函館でもかなりの降雪があるのでしょう。そして朝市にとうちゃこ。
c0051620_1873262.jpg

 戦後間もない1945年に函館駅前で農家が野菜の立ち売りをしたのが始まりだそうです。主に海鮮を商う小さなお店が所狭しと軒を並べ、まだ九時前だというのに大勢の観光客で溢れかえっていました。いろいろなお店をひやかしながらそぞろ歩いていると、山ノ神が足を止めて何かを凝視しています。その視線の先を見ると…メロン。「ずるい、何でこんなに安いの」と地団駄を踏んでいます。そうか、昨日五稜郭で買ったメロンの値段と比べているのですね。花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だと慰めて、市電乗り場へ。
c0051620_1874862.jpg

 本日の一枚です。
c0051620_1881186.jpg

by sabasaba13 | 2018-12-10 15:32 | 北海道 | Comments(0)
<< 『華氏119』 言葉の花綵185 >>