沖縄編(28):全島エイサー祭り(05.8)

 翌日は一日中ビーチで泳ぐか、朝一番の船で本島に行き全島エイサー祭りを見るか、午前泳いで午後エイサー祭りか、ずいぶん迷いましたが、結局レイト・チェックアウトで午後一時まで部屋を使わせてもらえるという交渉が成立したので、第三案に決定。午前中は名残を惜しむようにしみじみと美しい海を楽しみました。アディオス。
 午後の船で那覇に行き、空港ではやばやとチェックインして荷物を預け、さあコザで開かれている全島エイサー祭りに行きましょう。空港の観光案内所でバスの便や開催場所を教えてもらい、急行バスに乗ること約1時間。会場の沖縄市コザ運動公園に到着しました。さあどこで見ようかなと思ったら甘かった! 凄まじい混雑で、スタンド席は入場整理券が必要なのです。やむをえず遠く離れた席から眺めるしかありません。おまけに驟雨が降ったようで大変な湿度、西日が正面から当たりすごい暑さ、いやはやまいりました。そうした悪条件の中、グランドでは熱演がくりひろげられています。各地からやってきた揃いの衣装を着たグループがあちこちで輪をつくり、気合を入れています。中には見た目が怖い暴走族風のおにいちゃんが、一所懸命に振り付けを練習しています。心和む光景ですね。
c0051620_21233894.jpg

 残念ながらバスの本数が少ないため、40分ほど見てバス停に行きましたが、待てども待てどもバスが来ません。いっしょに待っていたご夫婦が飛行機の出発時間に間に合わないのでいっしょにタクシーで空港に行かないかと誘われたので、ご好意に甘えることにしました。車内で会話をかわしたところ、二泊三日でこのエイサー祭りを見に来たとのことです。おかげでわれわれは余裕をもって間に合い、空港で夕食をとり搭乗。結局、相も変わらない齷齪動き回った旅でした。ダンベルのように重い「<日本人>の境界 沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮 植民地支配から復帰運動まで」(小熊英二 新曜社)を現地で読み終えたのは収穫でした。書評はまたいつかの機会に。重量だけではなく、内容も重い本でした。
 というわけで次回の沖縄旅行では鳩間島と阿嘉島は外せません。捲土重来。

 本日の二枚は、トカシクビーチと那覇空港から遠望した渡嘉敷島です。再見。
c0051620_19492319.jpg

c0051620_19493891.jpg


 追記。日本による併合(琉球処分)に反対した神山庸栄の残した一文を知りました。恐るべき予言です。
 按ズルニ日本ハ小国ナリ。己ノ力ヲ測ラズシテ、シキリニ兵威ヲ以テ四隣ヲ脅シ、猥リニ武断ヲ以テ八荒ニ対センカ、日本カナラズ敗ルルノ日来ラン。彼敗レテ自カラ危キニ至レバ、我ヲ棄ツルコト弊履ノ如クナルベシ。我アニ手ヲ拱キテ政府ノ命ニコレ遵イ、イタズラニ好戦ノ犠牲ト化シテ日本ノ為メニ売ラルル有ルノ愚ヲナサンヤ。宜シク旧制ヲ護持シテ王道ヲ顕揚シ、以テ社稷ノヤスキヲ図ルベシ。

by sabasaba13 | 2005-11-03 07:54 | 沖縄 | Comments(0)
<< 国営国際救助隊「雷鳥」 沖縄編(27):渡嘉敷島(05.8) >>