京都錦秋編(1):高台寺・知恩院(02.11)

 そろそろ紅葉の季節ですね、自称「紅葉ストーカー」の私、この時期になると体がウズウズしてきます。三年前に行ってきた京都錦秋旅行記です。この年は例年になく見事な紅葉で、身も心も真っ赤となり、あーきの夕陽あーきの夕陽照る山照る山もみじ、など一人輪唱を口ずさんでしまうほどでした。穴場情報もまじえましたので、よろしければご参考にしてください。
 夜、京都着。駅でマツタケ御飯を食す。(1000円!) おそらく国産ではないでしょうが、山ノ神は『松茸風味のゲップがでる』とご満悦でした。タクシーで常宿の京都パークホテルへ。今回は運転手さんに必ず次の質問をしました。Q.空いていて紅葉の綺麗な穴場は? A.「岩倉の実相院」とのこと。ちょっと遠いなあ。あと高台寺と知恩院のライトアップがすばらしいとの情報をいただきました。もらいっ。清水寺は明日の夜にして、ホテルで旅装をとき、タクシーで高台寺へ。今度の運転手さんにも訊いてみました。A.「山科の毘沙門堂」(運転手さんに「これは秘密やで」と言われたのですが、ばらします。御免) 彼は大変おもしろい方で「山科はええけど、つぶしがきかんからなあ」「高台寺に行くんやったら、腹くくらなあかん(筆者注:混雑しているということ)」「秋の京都は紅葉やなくて、人を見にくるもんや」「拝観料やのうて入場料や。誰も仏はん拝んどらん」と爆笑発言を連発。さて腹をくくって高台寺へ来ましたが、首をくくりたくなる程の混雑ではなく一安心。夜の紅葉もいいもんですね。ライトアップされて夜空に浮かび上がる照葉に見惚れてしまいました。眼福眼福、幽玄幽玄。鏡のような池に映った紅葉も幻想的です。池の中から坂東玉三郎が出てきて引きずり込まれそうな気がしました。
c0051620_19141861.jpg

 そして円山公園を抜けて知恩院へ。ここは穴場です!

 穴場その一:夜の知恩院

 人が少なくて、じっくりと夜の紅葉を堪能できました。特に友禅苑がいいですね。ちなみに後でおけいはん(注:京阪電車の自称)に教えてもらったのですが、近くの青蓮院でもライトアップをしているとのこと。知恩院以上の穴場かもしれませんぞ。
 祇園に出て、進々堂でケーキを買って、京阪電車の七条駅で降りて、ホテル近くの「お酒の共和国」(全国の銘酒を集めた小生ご用達のお店)に寄り、寄り、よ… ぬぅうわい! 消えてる! 最近、私たちの大好きな練馬の飲食店(ex.花膳・シャリマール・バロン・ポローネ…)が相次いで潰れて悲嘆していたのですが、よもやあなたまでが。合掌、自棄酒を飲んで不貞寝。

 本日の一枚は、知恩院友禅苑です。
c0051620_19555199.jpg
●おけいはん、秋を歩く 紅葉エリアMAP   http://www.keihan.co.jp/ensen/momiji/
by sabasaba13 | 2005-11-07 06:08 | 京都 | Comments(0)
<< 京都錦秋編(2):養源院・東福... 「国家と犠牲」 >>