福井・富山編(16):福井(16.3)

 そして左内公園へ、こちらには橋本左内の墓所と銅像があります。解説を転記します。
橋本左内 (1834~1859)
 橋本左内は、幕末の福井藩士です。
16歳のときに大坂に行き蘭学や西洋医学を学ぶなど、若い頃から熱心に勉強しました。
 左内は、24歳の若さで藩校「明道館」の学監同様心得に就任し、欧米の優れた学問を学ばせようとしましたが、「むやみにまねるのではなく、日本古来の道徳など精神的な学問を助けるものとして学ばなければならない」と洋学を学ぶ時の注意も忘れませんでした。
 将軍の後継問題が起きると、福井藩主松平春嶽の命令を受けて、一橋慶喜を将軍にしようと江戸や京都で活動しました。しかし、徳川慶福を将軍にしようとした井伊直弼が大老になると、左内は捕らえられ、安政6年(1859年)26歳の若さで処刑されました。
 また左内が15歳の時に自分の生活を反省して、自身を激励し言い聞かせる意味で述べた「啓発録」の五つの項目を刻んだ石碑もありました。
一 稚心を去る
一 気を振るう
一 志を立つ
一 学に勉む
一 交友を択ぶ
 橋本左内、由利公正、中根雪江、よくぞこれだけの逸材が越前藩に揃っていたものです。日本海を経由しての大陸・半島からの文化流入や、北前船による京や各地の文化の流入などによって、異文化への寛容さや、その結果としての文化の多様化が育まれ、広い視野をもつ人びとが多かったからなのかな、と勝手に憶測しています。

 本日の三枚です。
c0051620_2112561.jpg

c0051620_2114025.jpg

c0051620_2115543.jpg

by sabasaba13 | 2019-09-28 06:18 | 中部 | Comments(0)
<< 福井・富山編(17):福井(1... 福井・富山編(15):福井(1... >>