京都錦秋編(7):(02.11)

 ここでまた山ノ神のご託宣。ポンッ 「錦小路の田中鶏卵のだし巻き卵が食べたい」 京福電車に飛び乗り、四条大宮まで行き、錦小路に到着。田中鶏卵の出し巻き卵と長久堂のきぬたを購入。ホテルに戻り、預けておいた荷物を受け取ってタクシーで京都駅へ。また例の質問。A.「曼殊院と桂離宮」 実は桂離宮と修学院離宮の見物希望葉書をだしたのですが、抽選ではずれてしまったのです。そのことを言うと、彼曰く「がんばらなあきまへん」。おいおい、そういう問題じゃないでしょ。祇園祭も見たいけれど、宿が取れそうもないと言うと、彼曰く「がんばらなあきまへん」。おいおい… 最後に曰く「ええ遊びをするにはがんばらなあきまへん」。ガーンと椎名麟三的鉄槌をくらいました。そうだよね、ええ遊びをしなくては。人生の師に出会えたような気がします。(すぐに忘れると思うけど) 感謝。
 京都駅で、関西に来るといつもお世話になる「551蓬莱」で豚まん・シュウマイ・餃子を山のように買い込み、新幹線の車内に中華の匂いを撒き散らしながら、帰郷。
 
 というわけで、怒涛のような、夢のような三日間でした。今回は行けなかったのですが、事前に集めた情報では以下の所の紅葉が見事だそうです。(◎は特にお勧め) ◎光明寺(長岡京)・将軍塚・◎仁和寺・善峰寺・醍醐寺・永観堂・高桐院(大徳寺塔中)・乙訓寺・高雄・◎三千院・鷹ヶ峯(光悦寺・源光庵)・直指庵・赤山禅院・日向大神宮・大原野神社… 
 それから夜のライトアップをしているのが、永観堂・円光寺・随身院・日枝大社・実相院・宝泉院です。なお、京都新聞のホームページを見ると、紅葉の最新情報がわかります。

●京都新聞紅葉情報 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/momiji/

 それから「京都パークホテル」は、五階建ての落ち着いた雰囲気のいいホテルです。(国立京都博物館前・三十三間堂隣) しかし休業という悲しい知らせが届きました。経営者が変わって近日オープンするそうですが、あの落ち着いた雰囲気を大事にしてくれるでしょうか。
 それにしてもええ遊びさせてもろた。
 秋興の果ててくゆらす紫煙かな   邪想庵

 本日の一枚は、円光寺です。
c0051620_20185925.jpg

by sabasaba13 | 2005-11-13 09:25 | 京都 | Comments(0)
<< イサム・ノグチ展 京都錦秋編(6):宇治・毘沙門... >>