京都錦秋編(1):(05.11)

 昨年の11月末日に京都の錦秋を満喫してまいりました。覇道か王道か、悩んだ末に今回は奇を衒うことなく、王道を行くことに決定。紅葉の名所を制した上で、穴場やマイもみじを捜すことはこれからの課題といたします。御天道様のもと人として真っ当に旅するのもたまにはいいか。
 新幹線に乗って午後8時30分、京都駅に到着。定宿パークホテルが外国資本のものとなり改装中なので、アランヴェール京都というホテルに宿泊しました。市営地下鉄烏丸線に乗って五条で下車。駅の案内掲示に「見つけよう 一人ひとりの いいところ」という標語が書いてありましたが、主語は誰なのだろう?????? 地下通路を歩いていると、カーブミラーを発見。?????? 全速力で駆け抜ける通勤客が多いのか、はたまた痴漢・引ったくり防止策なのか、詳細は不明です。東京にもあるのかな、今度は気をつけてみます。
c0051620_1436296.jpg

 ホテルは駅から徒歩五分、たくさん毛が生えているビジネス・ホテルという雰囲気です。藤村美樹(元キャンディーズ)似のスタッフの対応も親切だし、部屋も広くて綺麗だし、京都タワー・東本願寺・東山が見張らせる眺望も良好。アクセスもいいし、まあまあのホテルですね。五条通を走行する車の音が五月蝿いのと、外がよく見えない展望大浴場が瑕疵ですが。地方色にあふれるCMをテレビで見るのも、京都の楽しみの一つ。すると修学旅行の動向を放映していました。なるほど、たぶん数は減っているとは思いますが、重要な情報なのですね。
by sabasaba13 | 2006-02-02 06:07 | 京都 | Comments(0)
<< 京都錦秋編(2):永観堂(05... 「<民主>と<... >>