ダボス編(8):朝のひと時(05.12)

 昨日よりはやや雲が多めですが、太陽輝く暖かそうな良い天気です。のおんびりと朝食をとりながら、本日のコースを山ノ神と相談。未踏の地、メインゲレンデのparsennの奥の方を滑り、ロープウェーで山の向こう側へと降り、電車で移動して、これまた未踏のゲレンデmadrisaで滑ることに決定。部屋で着替えをしながらテレビをふと見ると、ドイツ語版「アルプスの少女ハイジ」を放映していました。スイスへは何回も来ていますが、昔からずっと放映されています。財政難の故か、単なる手抜きか、はたまた良質のアニメを子供たちに提供したいという高遠な志なのか、よくわかりません。次の番組は(たぶん)「小さなバイキングビッケ」。今調べたら、これも日本製アニメ。見たこともないし、原作(ルーネル・ヨンソン)も読んだことがないのですが、面白そう。バイキングには興味をもっていますので、いつか読んでみよう。チャンネルを切り替えて、ゲレンデ情報を見ました。これは毎朝必見の番組で、ヨーロッパ各地のスキー場の様子をリアルタイムで全自動カメラにより確認できます。脳中の老廃物を洗い流してくれるような、何の憂いも翳りもないヨーデルのBGMもお気に入り。少々雲がかかっていますが、No problem。ふと本棚に目をやると、長期滞在客が置いていったのか、宿が用意したのか、何冊かの本が並んでいます。アレックス・ヘイリーやフレデリック・フォーサイスには納得しますが、ガブリエル・ガルシア・マルケスがあったのには驚愕。やるでねが! 「百年の孤独」は面白かったなあ、帰国したら彼の最新作をチェックしよう、などと考えながらのんびりと着替えをしていると、あっという間に9時半。
c0051620_1018437.jpg


 本日の一枚は、ホテル前の風景です。
c0051620_18114454.jpg

by sabasaba13 | 2006-03-17 06:15 | 海外 | Comments(2)
Commented by K国 at 2006-03-17 18:26 x
ホテルの前でこの風景ですか、素晴らしい
スイスで青空を見てないので益々そそられます、夫婦揃って行けるのは
何年後になるか分りませんけど、今度は晴天になるまで滞在したい
天気の悪いスイスほどどうしようもない
Commented by sabasaba13 at 2006-03-17 19:12
 こんばんは。そうですね、なんだかんだ言っても、天気が悪いとそうとう気が滅入ります。特に吹雪にみまわれた時は、まさしく氷の世界です。私は誰? 何故ここにいるの? などと思索にふけってしまいます。やはり一週間程度滞在する覚悟は必要かもしれません。
<< ダボス編(9):Gotschn... 「人間の安全保障」 >>