ダボス編(9):Gotschnagrat(05.12)

 昨日と同様、駅近くから登山電車を二本乗り継いでWaissfluhjochに到着。さらにロープウェーに乗って、ダボスの最高地点(標高2844m)Waissfluhjochgipfelを表敬訪問することにしました。なおそこから降りるコースは上級者用しかないので、板を置いていきます。君子危うきに近寄らず。乗り場に行くと、乗客はわれわれのみ。窓から見える絶景を堪能しながら、山頂駅に到着。雲はありますが視界はクリアで、遥か遠くまで見渡すことができました。雪をかぶったアルプスの山々を360度パノラマで見ることができます。なおここから山麓まで滑る、標高差1300mという凄まじいロングコースがあるのですが、もう若くないさあ、と山ノ神に言い訳して再びロープウェーで下山。途中、昨日山ノ神が間違えたコースから戻るために雪をかきわけた跡を視認しました。
c0051620_10192747.jpg

 Waissfluhjochからロングコースを滑って、未踏の地Gotschnagratへ。ここには凍りついたダボス湖に向かって滑り降りる快適なコースが何本もありました。しばらく滑降を満喫して、ロープウェーでクロスターズという街に下りました。ここは英国王室御用達の高級リゾート。もしかしたら、ダイアナ暗殺疑惑の渦中から逃れ、パブで飲んだくれているチャールズ皇太子に会えるかもしれませんね。ここから電車に乗って隣りのクロスターズ・ドルフ駅に向かいます。宿泊客がもらえるダボス・カードをもっていると、バス・電車はすべて無料です。さて降りようとすると、女性車掌がやってきたのであわててカードをひっぱりだそうとすると、彼女はわれわれの風采を見て「いいのよ」と手で制しました。さらに車内のスキー置き場の正しい使い方を教えてくれ、スキーをホームに下ろすのを手伝ってくれました。スイス経済を支えるスキーを背負ったカモだからかもしれませんが、心に沁みる親切です。
c0051620_10194985.jpg


 本日の二枚です。
c0051620_18141779.jpg

c0051620_18143769.jpg

by sabasaba13 | 2006-03-18 08:21 | 海外 | Comments(0)
<< ダボス編(10):madris... ダボス編(8):朝のひと時(0... >>