「世界共和国へ」

 「世界共和国へ -資本=ネーション=国家を超えて」(柄谷行人 岩波新書1001)もうすぐ読

了。font size18で絶叫します。お薦め!

 今の世界を理解するために、近現代の政治・経済の歴史を振り返り、そして未来への提言をするという内容ですが、その振り返り方が凄まじい。プラトン、マルクス、アダム・スミス、ウォーラーステイン、ヘーゲル、ポランニー、ホッブズ、カントなど先哲の思索の跡を見事な手際でまとめながら、とてつもなく説得力のある歴史理解を提示してくれます。凄い、凄すぎる… 一刻も早く、少しでも多くの人に読んで欲しいので、あえてこんな中途半端な形で紹介します。読了したらもう一度読み直して、要点をまとめ、そして余力があれば書評を書く所存です。読みながら、すぐ読み直そうと思うなんて、小生にとっては稀有なこと。ま、それだけ読みが甘いということなのですが。GW中に読む本をさがしている方、ぜひご一読を。
by sabasaba13 | 2006-05-01 06:05 | | Comments(6)
Commented by mimishimizu3 at 2006-05-01 13:34
もっともっと多くの人に知らせてください!!
Commented by sabasaba13 at 2006-05-01 21:06
 こんばんは。世界の現状を把握し理解するための強力なツールを惜しげもなく分けてもらったようで、気分爽快です。どうしたらこのような強い書がみんなに広く読まれるようになるのでしょうか。良書を普及するための戦略も考えなくてはいけませんね。
Commented by mimishimizu3 at 2006-05-02 09:14
岩波に自分はこんなブログを出していますよーって知らせたら??
Commented by sabasaba13 at 2006-05-02 18:40
 こんばんは。それよりも、みのもんた氏がTVで取り上げてくれたらなあと思います。パツイチでベストセラーになるでしょうね、実際に読まれるかどうかはわかりませんが。
Commented by syunpo at 2006-05-30 20:13
「ブックラバー宣言」&「コラムニスト宣言」のsyunpoともうします。はじめまして。
遅ればせながら「世界共和国へ」を読みました。本当に読み応えのある本です。2本記事を書きましたので、両方トラックバックさせていただきました。
Commented by sabasaba13 at 2006-05-31 19:59
 こんばんは、貴ブログを拝見しました。大変な読書量ですね、感服しました。嗜好も似ているような気がして嬉しく思います。時々寄らせていただきますので、よろしくお願いします。
<< 「日本という国」 小幡・白井・桐生編(10):桐... >>