東北夏祭り編(11):青森ねぶた(06.8)

 さてふたたびバスに乗って青森駅に戻りましょう。もう駅周辺は熱気に包まれています。鈴をつけ裾をからげた浴衣に花笠という跳人(はねと)の装束で身をかためた方々があちらこちらにたむろし、お祭り気分で盛り上がっていました。そしてねぶた関連グッズを売る出店や屋台の数々。山ノ神も鈴のかたまりを購入し、お気に入りの一澤帆布製のリュックにくくりつけています。しかしこの雰囲気にはちょっと違和感を覚えました。その後すぐに「パナソニック」と染められた浴衣を着ている人を見かけたのですが、もしや企業がかなりからみ物品販売や宣伝のために利用しているお祭りではないのか。弘前ではあまり見かけなかった光景です。さて前もって購入した有料指定席に行ってみると、歩道にパイプ椅子が並べてあるのですが座席番号がありません。係りの方に訊ねるとどうやら早い者順のようです。われわれの名をガムテープに記して最前列の椅子にぺたっと貼ってくれました。ザッハリヒカイトなやり方ですね。
c0051620_19231323.jpg

 夕食は「クレオパトラ」(!)という喫茶店でいただき、まだ時間があるので近くにある善知鳥(うとう)神社によってみました。謡曲「善知鳥」の舞台は青森県なのですね。境内には菅江真澄の碑があり、彼が三度この地を訪れたと記されていました。後塵を拝したい方の一人です。
c0051620_19232549.jpg


 昨日載せた怪獣諸氏を紹介します。
上段 ドラコ ギャンゴ シーボーズ ウルトラセブン ゼットン ビートル2号
中段 チブル星人 ペスター ザラブ星人 キングジョー ウルトラマン ジャミラ
下段 ガラモン エレキング ゾフィー メトロン星人 カネゴン
by sabasaba13 | 2006-09-08 06:08 | 東北 | Comments(2)
Commented by nekonekokoara at 2006-09-08 12:11
 オジャマ致します、大分県の記事に来て頂いたニックキューです。こちらの記事とは関係なくて申し訳ありません。
 私は、埼玉県在住なのですが、こちらのブログでは、川越・深谷等の知らない所も紹介されていて、感心させられます。これからもオジャマさせてもらおうと思います。私のブログでも、たま~にですが、旅行記をしたいと思いますので、関連記事がありましたらTBさせて頂きます。
 これから宜しくお願い致します。
Commented by sabasaba13 at 2006-09-08 22:25
 こんばんは。ちらかっておりますが、どうぞ気軽にお立ち寄りください。東京在住なので埼玉にも時々徘徊しにいきますが、どうしてどうして、見所はけっこうあると思います。TBを楽しみにしております。それでは。
<< 東北夏祭り編(12):青森ねぶ... 東北夏祭り編(10):青森県立... >>