「悪役レスラーは笑う」

 「悪役レスラーは笑う ―「卑劣なジャップ」グレート東郷―」(森達也 岩波新書982)読了。背表紙を見た瞬間に買ってしまう本が時々あります。最近では「サバがトロより高くなる日」。この本もそうでした。グレート東郷? 膝まである黒いタイツと法被と下駄、背は低いががっしりとした体躯で、三白眼でニヤニヤ笑いながら反則攻撃を行う卑劣な日本人をリングで演じ、アメリカで大人気を博したあのヒール(悪役)のプロレスラー? 何故彼のことを今取り上げるのか? いくつものクエスチョン・マークが脳裏で点滅、即購入しました。電車の中でいそいそと著者を確認すると、「ご臨終メディア」で森巣博氏と対談をした映像作家の森達也氏ではありませんか。これは期待できそう。
 在日一世の力道山が深く敬愛し、日本のプロレスの発展に大きく寄与した日系二世のグレート東郷の母親が実は中国人であったということを知り、著者はナショナリズムについての問題提起をはらむ彼についてのドキュメンタリーを制作しようとします。この企画は実現しなかったのですが、その後も東郷の姿を追い続けます。当時の新聞や雑誌、プロレス関係の著作、そして関係者や知人からの聞き取りを材料に、グレート東郷とは何者だったのかと問いかけ続ける著者。その過程で、彼の母親は熊本からの移民だった、いや沖縄だ、いやいや実は朝鮮出身だった、と様々な説が立ち現れてきますが、さて真相は? そして彼にとって、日本とは、そしてアメリカとは何だったのか?
 結果については本書を読んでいただくことにして、著者の思いは下記の一文に尽きると思います。
 だから、僕はつくづく思う。民族の誇りとか国家への忠誠だとか、そんな浮ついた安っぽい言葉で、人の心を定義しないほうがよい。人の心はもっと複雑だ。もっと多面的で豊かなのだ。
 戦後プロレスの歴史についての概説書としてもお薦めです。私も一時期、熱心にプロレスを見ていたもので、熱いものが胸にこみあげてきました。私の好きなレスラー? そりゃあもちろんBruno Sammartino…ではなくて、Dory Funk Jr.です。
by sabasaba13 | 2006-10-03 06:03 | | Comments(0)
<< 「痛快!憲法学」 東北夏祭り編(27):金山(0... >>