「摘録 断腸亭日乗」

 「摘録 断腸亭日乗(上・下)」(永井荷風 岩波文庫)読了。「戦中派不戦日記」の次の厠上本(便所で読む本)でした、壯吉さん御免なさい。荷風と聞くと、大逆事件の回想を記した『花火』の一節を思い浮かべます。
 明治四十四年慶応義塾に通勤する頃、わたしはその道すがら折々市ヶ谷の通で囚人馬車が五六台も引続いて日比谷の裁判所の方へ走つて行くのを見た。わたしはこれ迄見聞した世上の事件の中で、この折程云ふに云はれない厭な心持のしたことはなかつた。わたしは文学者たる以上この思想問題について黙してゐてはならない。小説家ゾラはドレヒユー事件について正義を叫んだ為め国外に亡命したではないか。然しわたしは世の文学者と共に何も言わなかつた。わたしは自ら文学者たることについて甚しき羞恥を感じた。以来わたしは自分の芸術の品位を江戸戯作者のなした程度にまで引下げるに如くはないと思案した。
 お恥ずかしい話、彼の作品は『墨東綺譚』と『日和下駄』しか読んだことがないので、品位云々については判断できません。ただ何も言わなかった荷風が、その後強権とどういうふうな関係をもったのかについては興味があります。そして荒れ狂うウルトラ・ナショナリズムと侵略戦争のさなかで、どういう生き方を貫いたのかについても。
 諧謔味にあふれた瀟洒な文に魅了されながら、楽しく読み通すことができました。彼は象牙の塔に籠もっていたわけではなく、下駄を鳴らしながら実によく東京中を歩いているのですね。そして旺盛な好奇心。市井のゴシップから、ふと目にした出来事、そして社会や政治の動きにまで関心を怠らず書き留めています。そして醜悪な物や事件に対する、容赦のない痛罵。これは爽快でした。モラルを知らない子供に対しては「凶悪暴慢」、江戸の面影を破壊しながら成長する東京に対しては「山師の玄関」、一笑してしまいました。中でも軍部や政治家の暴慢とそれを許容する日本人・日本文化に対する批判には、よく耳を傾けるべきでしょう。彼の予言どおり、ほとんど変わっていないのですから。いくつか抜粋をします。
1919.7.20
 暑さきびしくなりぬ。屋根上の物干台に出て涼を取る。一目に見下す路地裏のむさくるしさ、いつもながら日本人の生活、何らの秩序もなく懶惰不潔なること知らしむ。世人は頻に日本現代の生活の危機に瀕する事を力説すれども、かくの如き実況を窺見れば、市民の生活は依然として何のしだらもなく唯醜陋なるに過ぎず個人の覚醒せざる事は封建時代のむかしと異るところなきが如し。

1929.9.19
 日本人は何事に限らず少しく目新しきものの盛になり行くを見れば忽恐怖の念を抱く。島国根性今以て失せやらぬものと見えたり。今日の時勢を見るに女給踊子の害の如きはたとへこれありとなすも恐るるに足らず。恐るべきは政治家の廉恥心なきことなり。社会公益の事に名を托して私欲を逞しくする偽善の行動最恐るべし。

1936.2.14
 日本現代の禍根は政党の腐敗と軍人の過激思想と国民の自覚なき事の三事なり。政党の腐敗も軍人の暴行もこれを要するに一般国民の自覚に乏しきに起因するなり。個人の覚醒せざるがために起ることなり。然りしかうして個人の覚醒は将来においてもこれは到底望むべからざる事なるべし。

1939.9.14
 この店の料理あまり安き方ではなし。…然るに客の風采を見るに小商人または小工場の主人らしきもの多く、その中には家族づれにて酒盃を傾るものあり。この有様は戦争の禍害を示すものにあらずむしろその利福を語るものなるべし。

1939.12.2
 昏暮土州橋よりの帰途銀座食堂にて晩餐を命ずるに半搗米の飯を出したり。あたりの客の様子を見るに、皆黙々としてこれを食ひ毫も不平不満の色をなさず。(以下十三行半切取。一行抹消)国民の柔順にして無気力なることむしろ驚くべし。

1940.11.25
 熱海旅館の組合にては、内務省辺より秘密の通達ありしを奇貨となし、外国人には能ふかぎり物を高く売りて外貨獲得の効果を収めんとしつつあり。鮪のさしみ一皿十六円、林檎一個一円づつ取りし旅館ありといふ。現代日本の愛国排外の行動はこの一小事を以て全斑を推知するに難しとせず。八紘一宇などといふ言葉はどこを押せば出るものならむ。お臍が茶をわかすはなしなり。

1943.6.25
 歴史ありて以来時として種々野蛮なる国家の存在せしことありしかど、現代日本の如き低劣滑稽なる政治の行はれしことはいまだかつて一たびもその例なかりけり。かくの如き国家と政府の行末はいかになるべきにや。

1943.7.5
 日本人の口にする愛国は田舎者のお国自慢に異ならず。その短所欠点はゆめゆめ口外すまじきことなり。歯の浮くやうなお世辞を言ふべし。腹にもない世辞を言へば見す見す嘘八百と知れても軽薄なりと謗るものはなし。この国に生まれしからは嘘でかためて決して真情を吐露すべからず。富士の山は世界に二ツとない霊山。二百十日は神風の吹く日、桜の花は散るから奇妙ぢゃ。楠と西郷はゑらいゑらいとさへ言つて置けば間違はなし。押しも押されぬ愛国者なり。

1944.3.24
 凡そこの度開戦以来現代民衆の心情ほど解しがたきものはなし。多年従事せし職業を奪はれて職工の徴集せらるるものもさして悲しまず。空襲近しと言はれてもまた驚き騒がず。何事の起り来るとも唯その成りゆきに任せて寸毫の感激をも催すことなし。彼らは唯電車の乗降りに必死となりて先を争ふのみ。これ現代一般の世情なるべく全く不可解の状態なり。

1945.5.5
 軍部の横暴なる今更憤慨するも愚の至りなればそのまま捨置くより外に道なし。われらは唯その復讐として日本の国家に対して冷淡無関心なる態度を取ることなり。
 結局、荷風は強権に対して怜悧な憎悪をもって対抗しようとしたのかもしれません。そして強権の横暴に立ち向かうには、個人の覚醒が必要だと。私は個人の覚醒=批判精神と受け取りました。周囲の雰囲気に安易に同調せず、自分の眼で事態を見つめ考え、そして国家権力に対する警戒心を常に失わないこと。ただ彼の批判精神の機軸にあったのは欧米文明だったのかなという気がします。例えば次の一文です。「米国よ、速に起つてこの狂暴なる民族に改悛の機会を与へしめよ(1941.6.20)」 さすがの荷風といえども、日本帝国を上回るアメリカ帝国の暴慢さには気づかなかったのか。

 次なる厠上本は『夢声戦争日記』(中公文庫)です。荷風と同時代を生きながらも権力への批判精神をもちえず同調していった徳川夢声、当時の多くの人々の気持ちや考えを代弁してくれるものと期待します。
by sabasaba13 | 2007-12-13 06:05 | | Comments(0)
<< 飛騨編(15):飛騨古川(07.8) 「世界はもっと豊かだし、人はも... >>