2006年 01月 09日 ( 1 )

「京都人だけが食べている」

 「京都人だけが食べている」(入江敦彦 光文社知恵の森文庫)読了。著者は西陣の出身で現在はイギリスに住んでおられます。そして京都に住んでいる人々の暮らしぶりや文化を洒々落々とした文章で紹介してくれる著書が多々あります。私、ファンでして、今回の食べ物編も面白かったですね。われわれよそさんが勝手に想像する“京風”ではなくて、今、京都で暮らす方々のリアルな食風景を垣間見させてくれます。
 文化や伝統なんて生き残るものだけが生き残るもの。護るべきではなく、護らざるをえない、人々の衝動のようなものがそれを助ける。
 氏の言葉ですが、得心しました。私も納豆を食べざるをえないから食べております。
 行列を嫌い、強い名代をもつ店への敬意をしめし、コッテリ味を好み、鰻の鱗まで食べる貪欲で、漬物と牛肉を偏愛する京都人。詳しい店の紹介は、この本を買うか、図書館で借りるか、立ち読みで見てもらうことにして、脱帽するのはその縦横無尽、時には力強く時には脱力感にあふれる軽妙洒脱な文章です。「もし(このお菓子を)もらえたら、かーなりハッピーかもしんない。アルプス一万尺小槍の上で小躍りしちゃうかもしんない」などという表現を、誰がなしえたでしょうか。
 次回作も楽しみにしています。なおこの本で著者のご尊顔をはじめて拝見できました。以前の作品で、著者がご母堂から「平野はん」と言われたと書かれていましたが、この写真を見て納得。平野はん→平野神社→北野天満宮の先にある→北野を越えて→汚のう肥えて、という京都人の諧謔精神を如実に物語る言葉です。あっごめんなさい、次作も必ず買うのでご寛恕を。

 おまけ。「ホルモン」とは「放るモン=捨てるもの」、つまり動物の内臓をあらわす関西で生まれた言葉だとはじめて知りました。合点合点合点と山ノ神に喜んで話したら、「そんなの常識よ」で終わり。ほんとに常識なんですか?
by sabasaba13 | 2006-01-09 11:43 | | Comments(0)