2009年 04月 26日 ( 1 )

アイルランド編(36):ミドルレイク~キラーニー(08.8)

 そして石橋を渡り、ミドルレイクの南側へとまわります。沼、湧水、小川、小さな滝があちらこちらに見られ、ほんとに雨が多いところなのだと痛感。でもそれほど湿気を感じないのは不思議です。きれいな光景に出会うと自転車を停め写真を撮り、のんびりとペダルをこいでいると、自動車道路に合流し、ここでサイクリングコースはいったん終わり。
c0051620_8242757.jpg

 ホテルを出てからここまで約二時間と少し、あとはふたたびコースに戻って湖の東側を走り、マックロス・ハウスという貴族の邸宅を見物して帰る予定です。が…情け容赦なく雨が降ってきました… 地図によると、すこし車道を走れば再びサイクリングコースに戻れるはずなのですが、それらしい道が何本かあり見分けがつきません。表示も標識も案内地図もなし。ど、れ、に、し、よ、う、か、な、と適当に選んで走り出しましたが、どうやら間違ったようです。広大なマックロス・ハウスの裏側にある森に入ってしまったようで完全に方向感覚を失ってしまいました。そうこうするうちに雨粒がどんどん大きくなってきます。やっとのことで車道に出られ、あとは一目散にホテルへと戻りました。やれやれ(影の声A「とぼやいたのは何度目だ」 影の声B「七度目」)
 自転車を返却すると、店のご主人はにこやかな笑顔で"Wonderful weather ! " 濡鼠と化したわれわれは、SPARでギネスの缶ビールを仕入れ、ホテルの部屋に戻ってシャワーを浴びました。そしてビールを飲んで、昼寝をして、本を読んで、紅茶を飲んで、また昼寝。これはこれで悦楽の世界です、きっと上の方で誰かが「のんびりと寛ぎなさい」と言ってくれているんだ。てなわけで気づけば午後六時、夕食をとりに街へとくりだしますか。おっとその前に、次の目的地ゴールウェイへのバスの発車時刻と指定席の有無を確認しておかねば。ホテルのすぐ前に最近できたらしいアウトレットモールがあり、その奥がバスターミナルになっています。切符売り場に行くと…もう閉まっていました。表示によると、開いているのはMonday-Saturdayは8:30-17:00、Sundayは9:30-16:00。"Closed for lunch 13:00-14:00"というのも羨ましいですね、なんて人間的な労働時間なんだ。なお自動販売機があるので切符の購入には問題なし、時刻表でゴールウェイへの発車時刻と乗り継ぎを確認しました。
c0051620_8245591.jpg

 なおクラクションを連続して鳴らしながら数台の車が町中を走り回っていたのですが、車体に大きなリボンが結んであったのでおそらく結婚式のお祝いでしょう。雨上がりの街を歩いていると、「ナオコガイドのアイルランド日記」で紹介されていたSerendipityという名の洋服屋を発見。「セレンディピィティ」とは「偶然により、予期せぬ良いもの、面白いものに遭遇する能力」「予期せぬ幸福をつかむ能力」という意味だそうです、なかなか洒落たネーミングですね。これは何とかして身につけ伸ばしたい能力ですが、やはり自由気儘な旅行をするのがそのための有効な手段ではないかと思ったりしながら今日も旅行く…
c0051620_8251973.jpg

 さて夕食はどこでとりましょうか、やはり15ユーロあたりまでが許容範囲、いろいろと物色した結果、CROCK O'GOLDというパブ&レストランがまあまあ安くて雰囲気がよさそう、ここにしましょう。さっそくギネスとギネス・パイ(ギネス・ビールで煮込んだアイリッシュ・シチューにパイが乗っている)と煮込みチキンを注文。味は可もなし不可もなし。
c0051620_8254254.jpg

 食べ終わり外へ出ると、お天道様が雲間から顔を出し、青空が広がっています。うーん、い、け、ず。ま、でも光があると街の風貌も変わってきます。あらためて見渡すとなかなか小奇麗で洗練された雰囲気の街です。色とりどりに塗られた家々、窓やドアを飾る花、個性的な店の看板、そしてセンスよく商品を並べたウィンドウ、見ているだけで飽きません。おっ、ケバブ屋さんを発見、明日か明後日か入ってみましょう。そしてこれまた「ナオコガイドのアイルランド日記」で美味と紹介されていたMURPHYS ICECREAMに入ってアイスクリームをいただきました。大変おいしかったのですが、(しつこいですが)一個3.5ユーロ、日本円にして約600円! やれやれ…(八度目) そうそう、忘れちゃいけない、明日への活力・百薬の長アイリッシュ・ウィスキーを買わなければ。ホテルのフロントで教えてもらった酒屋に寄り、ご主人のお薦めTHE TYRCONNELLを購入。部屋に戻りさっそく一杯。芳醇にして腰のある飲み口、なかなかいけました。夕焼けにグラスを掲げ、明日の好天を祈りましょう。
c0051620_826673.jpg


 本日の六枚です。
c0051620_8262598.jpg

c0051620_8264499.jpg

c0051620_827356.jpg

c0051620_8272750.jpg

c0051620_8274663.jpg

c0051620_8281148.jpg

by sabasaba13 | 2009-04-26 08:29 | 海外 | Comments(0)