2010年 05月 21日 ( 1 )

会津・喜多方編(12):会津若松(09.8)

 そして滝沢峠を越える旧道を通り、滝沢本陣と飯盛山のわきを走りぬけ、駅近くのワシントンホテルに到着です。予定よりすこし足が出ましたが、まあいいでしょう。運転手さんに丁重に礼を言い、チェックインをしました。なんと嬉しいことに、このホテルでは自転車を無料で貸してくれるとのこと、さっそく明日の予約を入れておきました。旅装を解き、歩いて数分のところにある会津若松駅構内のお土産屋で会津の地酒と夜食を購入、もう閉まっていましたが観光案内所に置いてあった観光パンフレットをいくつかいただきました。実は、古い建物の夜間ライトアップをしているとの情報を入手しており、今回は三脚を持参しております。その地図もあったので、これからライトアップの撮影と洒落込みましょう。ん? もしやホテルで夜間も自転車を貸してくれるのでは… ホテルに戻りフロントでお願いするとNo problemというお返事、これは助かります。七日町通りと野口英世青春通りを中心に徘徊し、可憐な旧黒河内胃腸病医院、威風堂々とした市役所、剛毅木訥然の会津酒造歴史館、重厚な福西本店、瀟洒な七日町駅といったお歴々を撮影。いずれも劣らぬ猛者ぞろいでした。それにしても、昼間の喧噪が消え去った観光地の夜っていいですね。部活動帰りの学生たち、買い物に出かける主婦、家から漏れ聞える団欒の声、酔っぱらい諸氏の歓声、静まり返った路地、どこからともなく漂う夕食の匂い、その町の素顔にふれられたような気がします。
 さてホテルに戻って自転車を返却し、部屋のシャワーで汗を流し、最上階のレストランでロハのウェルカム・ドリンク(ビール)をいただきながら明日の予定を考えました。大内宿、塔のへつり、会津若松散策はよいとして、その順序をどうしましょう。塔のへつりという奇岩群は朝早く行っても大丈夫なので、7:00発の会津鉄道に乗って見物し、その後、湯野上温泉駅まで戻ってタクシーで大内宿へ、そして会津に戻って散策、よしっこれでいこう。部屋に戻り、ヘルメスに祝杯を捧げて就寝。

 本日の六枚、上から旧黒河内胃腸病医院、市役所、会津酒造歴史館、福西本店、七日町駅、そして渋川問屋脇の路地です。
c0051620_6255075.jpg

c0051620_6261959.jpg

c0051620_626439.jpg

c0051620_627869.jpg

c0051620_6273064.jpg

c0051620_6275760.jpg

by sabasaba13 | 2010-05-21 06:28 | 東北 | Comments(0)