2012年 07月 24日 ( 1 )

瀬戸内編(13):尾道(11.3)

 そしてバスに乗って新岩国駅へ行き、新幹線こだまに乗車しました。途中の広島駅では、開通したばかりの九州新幹線「さくら」に遭遇。そして一時間ほどで新尾道駅に到着です。
c0051620_6154146.jpg

 ここからバスに乗って尾道駅へ向かい、すぐ近くにあるグリーンヒルホテル尾道にチェックイン。清潔感にあふれる快適そうなホテルです。フロントの方から「角部屋を用意させていただきました」という言葉をいただき、小さな胸は期待で溢れんばかりです。エレベーターに乗って部屋の前に立ち、鍵を回しておそるおそるドアを開けると…ラリホーラリホーラリルレロと嬌声をあげそうになりました。正面の窓からは向島、側面の窓からは尾道水道を一望することができました。なんと素晴らしい眺めであることよ。さらにガッボッテンガボテンガボテンと喚声をあげたくなったのは、鎮座する電動マッサージチェア! もう言うことなし、二人で手を取り合って歓喜にうちふるえましたが、やはり見ておかなくては。プチ テレビのスィッチを入れて、ニュースで福島第一原発の現状を確認。どうやら悪化はしていないようですが、まったく予断は許されない状況です。こうして未来永劫、私たちは怯え続けなければならないのかもしれません。
c0051620_61689.jpg

 まあとにかく夕食を食べにいきましょう。フロントでご当地B級グルメ・尾道焼きを食べられるお店のマップをもらい、ホテルから一番近い「すみチャン」に入店しました。さっそく尾道焼きと焼き牡蠣を注文。目の前の鉄板上でくりひろげられる店主の妙技に見惚れながら待つこと十数分、やっとご来臨です。格別というほどではありませんが、それなりに美味しいお好み焼きでした。なおNHKの朝のドラマ「てっぱん」で取り上げられたのを好機として、「尾道焼き」という新しい呼称を採用したようですね。広島風お好み焼きと考えて間違いないと思います。
c0051620_6163137.jpg

 そして部屋に戻り、堤剛奏でるドヴォルザークのチェロ協奏曲を肴に、一献傾けました。明日は、午前中に尾道を散策し、午後には高松へ向かう予定です。なお新尾道駅でもらったチラシによると、尾道市立美術館で香月泰男展が開催されています。もし時間があったら拝見することにしましょう。
c0051620_6165621.jpg


 本日の二枚です。
c0051620_61717100.jpg

c0051620_6173778.jpg

by sabasaba13 | 2012-07-24 06:18 | 山陽 | Comments(0)