2013年 09月 17日 ( 1 )

富士五湖編(3):河口湖(12.5)

 朝、目覚めてカーテンをあけると、おおっ、昨日よりはクリアに富士を眺めることができました。もしやこれから雲がどんどん消えてピーカンになるのでは、と大日本帝国陸軍のように自己中心的な妄想にかられましたが、いやいやいやいや気を引き締めていきましょう。チェックアウトをして荷物をフロントに預け、駅前で野外展示されている富士急行の古い車両「モ1号」を撮影。そして貸し自転車を探しに船津浜へと歩いていきます。さすがは河口湖、信号を支える支柱にも富士が乗っかっております。
c0051620_6142032.jpg

 宿・食堂・お土産屋が櫛比する船津浜に十分ほどで着きましたが…貸し自転車屋が見つかりません。おかしいなあ、ないはずはないんだけどなあ、右往左往しながら湖岸を西へと歩いていきましたがなおも見当たりません。「富士五湖自転車一周」という野望もここで瓦解か、と諦めかけた時、地獄に仏、「レンタサイクル (電動アシスト自転車) 河口湖温泉ロイヤルホテル」という立て看板を発見。天網恢恢疎にして漏らさず、やはり天は日頃の所行を見ていてくださるのだなあと自惚れながらホテルで電動自転車を拝借しました。それでは時計の針と逆方向で河口湖を半周し、西湖まで足をのばして一周し、また戻って河口湖を半周いたしましょう。なお経験則からいって電動自転車の電池はまったくあてにできません。平地では使用せず、西湖へ行く坂道の最後の局面で使うことにしました。ホテルの近くで「平和憲法を改悪して戦争が出来る国にする事に反対する。」という憲法9条を守る会の看板を発見。同感、異議なし。軍需企業からの政治献金目当ての政治家や、天下り先目当ての防衛省幹部のために、戦争に巻き込まれるなんて真っ平御免。それほど戦争がしたいのだったら、フリッツ・ホルムが提案した「戦争絶滅受合法案」をまず成立させてください、安倍伍長。
 戦争が開始されたら、10時間以内に、次の順序で最前線に一兵卒として送り込まれる。
 第一、国家元首。第二、その男性親族。第三、総理大臣、国務大臣、各省の次官。第四、国会議員、ただし戦争に反対した議員は除く。第五、戦争に反対しなかった宗教界の指導者。
 その先には「不審者発見すぐ通報!! 町内一斉放送します」という看板。"瓜田に履を納れず李下に冠を正さず"、気をつけましょう。
c0051620_6144481.jpg


 本日の二枚です。
c0051620_615575.jpg

c0051620_6152079.jpg

by sabasaba13 | 2013-09-17 06:16 | 中部 | Comments(2)