2014年 02月 06日 ( 1 )

イタリア編(67):ポマガニョン南斜面(12.8)

 ご夫婦に別れを告げ、麓へとおりるロープウェイに乗り込みました。それにしても先程別れた日本人ご夫婦のことが気になりますが、御無事だったでしょうか。するすると麓へとおりていくロープウェイ、さっきの暗雲や雷雨が夢幻であったかのように青天が広がってきました。よろしい、このままポマガニョン(Pomagagnon)の南斜面をハイキングすることにしましょう。
c0051620_6184298.jpg

 麓の駅から十分ほど歩くともう丘陵となります。緑なす草原、そこに点在する家々、青い空と白い雲、峨々たる山々、もう一幅の絵ですね。額に入れて持ち帰りたいほどですが、そういうわけにもいかないので、何枚も写真におさめました。さきほどの雷雨でできた水溜りに岩山や青空が映える光景も一興です。スキー・リフトが動いていればそれに乗って上の方へ行こうという色気もあったのですが、残念ながら稼働していませんでした。
c0051620_619822.jpg

 ところどころで道端に建てられた十字架を見かけますが、何か由来があるのでしょうか。
c0051620_6193260.jpg

 のんびりと歩いていると、Chiaveという小さな集落に出ました。伸びをしているを撮影していると、二階のベランダで寛いでいた老夫婦からBuongiornoと声をかけられました。Buongiorno! 家の脇に薪を積んであるお宅もありましたが、暖炉で燃やすためでしょうか、昔ながらの暮らしを守っているのかな。
c0051620_6195689.jpg

 ところが帰国後に読んだ『里山資本主義』(藻谷浩介 NHK広島取材班 角川oneテーマ21)というたいへん面白く興味深い本に、気になる一節がありました。オーストリア北部の村・ラムザウを取材班が訪ねた時のことです。
 どの家にも薪が積み上がり、料理も、暖房も、薪を使って火をおこす。…
 昔も今も変わらぬ暮らしが続いているのだと感心していると、意外な話が飛び出した。
「こうした暮らしを再発見したのはほんの数年前ですよ。オーストリアでも10年前までは、ガスや石油が主力のエネルギーでした」 (p.66)
 詳細についてはぜひ本書を読んでいただきたいのですが、地域経済の自立と安全保障のため、オーストリアでは今、輸入化石燃料への依存を減らし、再生可能な森林資源を有効活用しようとしているのですね。ペレット・ボイラーやCLT(クロス・ラミネイティッド・ティンバー)の普及など、精力的な取り組みがなされているそうです。もしかすると、イタリアでも同様の動きが始まっているのかもしれません。だとしたら、「ちまちま節約するな。どんどんエネルギーや資源を使え。それを遥かに上回る収益をあげればいいのだ。規模を大きくするほど、利益は増えていく。それが『豊か』ということなのだ」(p.4)という"やくざな経済"に固執しているわが国と比べて、羨ましいかぎりです。
 コルティナの方角へ歩いていくと、途中に水飲み場がありました。ペット・ボトルに補充して、一口飲みましたがこれが冷たくて美味しいこと。美しい景観を愛でながら整備された遊歩道を歩いていると、犬を連れて散歩をする人、ジョギングをする人、自転車に乗る人、みなさん思い思いに夕方のひと時を楽しんでおられます。
c0051620_6202271.jpg

 三輪自動車でフェイス・ハンティングをし、犬の糞専用のゴミ箱を撮影。
c0051620_6205367.jpg

 そうこうしているうちにコルティナの町に着きました。コルソ・イタリアをぶらつき、チャーザ・デ・イ・プーペ(Ciasa de i Pupe)の壁面に描かれた、ゲディーナ三兄弟のフレスコ画を見学。そういえばここ三日ほどジェラートを食べていませんね。どうやら依存症から社会復帰することができたようです。よしそれではお祝いにジェラートをいただきましょう。交差点にあるカフェに入ってジェラートをたいらげ、それほどお腹もへっていないのでサンドウィッチを買って部屋に持ち帰ることにしました。
c0051620_6211654.jpg

 ロビーに貼ってある天気情報を確認すると、明日は好天のようです。それではチンクエ・トッリ(Cinque Torri)に行くことにしましょう。部屋に戻ってシャワーを浴び、ビールを飲みながらサンドウィッチを食べ、明日の行程をチェック。それにしても今日の行程はわれながら快心の出来映え、あの凄絶な雷雨を、昼食を食べながら回避できました。最悪の場合、「ドロミテ山中にて、日本人観光客夫婦、雷の直撃により重傷」という新聞記事になりかねませんでしたからね。誰も誉めてくれないので自画自賛していると、山ノ神曰く「偉い偉い」。"偉い"は一回でいいんです。窓から通りを見おろすと、長い長い渋滞の列ができています。これから宿へと帰るのでしょう。ベッドに寝転んで『神曲』を読んでいると、いつの間にか眠りへと落ちていきました。
c0051620_6214258.jpg


 本日の八枚です。
c0051620_6221068.jpg

c0051620_6223771.jpg

c0051620_623682.jpg

c0051620_6233719.jpg

c0051620_624236.jpg

c0051620_6242432.jpg

c0051620_6244922.jpg

c0051620_6251272.jpg

by sabasaba13 | 2014-02-06 06:25 | 海外 | Comments(0)