2015年 10月 01日 ( 1 )

スイス編(5):チューリヒ(14.8)

 機内誌を紐解くと、フェルディナン・ホドラーの紹介がありましたが、大規模な展覧会が日本で開かれるそうです。彼の絵に出会うのも楽しみですね。機内食は可も無し不可も無し。
c0051620_7273477.jpg

 ジェット・ラグを一発で吹き飛ばすために一睡もせぬよう、『カサブランカ』、『アメイジング・スパイダーマン2』、『チーム・バチスタ ケルベロスの肖像』、『神様のカルテ2』と映画を見続けました。『カサブランカ』は別格としても、暇つぶしにはなる映画でした。
c0051620_729297.jpg

 そしてほぼ定刻通り、現地時間15:50にチューリヒ空港に着陸です。さっそく一服しようと喫煙室をきょろきょろと探すと…われわれの前途を祝福するかのように広くて立派なスモーキング・ラウンジがありました。よかった、スイスでは相も変わらず喫煙には寛容のようです。
c0051620_7295673.jpg

 入国手続きを済ませてターン・テーブルに向かう途中に、鍵をそこいら中につけた自転車の絵が壁面に描かれていました。盗難注意というメッセージなのでしょうか。荷物を受け取って出口へ、そうそう申し遅れましたが、チューリヒで働いている山ノ神の友人とここで待ち合わせています。幼い息子を連れた彼と無事に再会、とりあえず頼まれたお土産を渡すためにSBB(スイス国鉄)に乗ってチューリヒ中央駅に行き、塒となるBristol Hotelまで同行してもらうことにしました。駅から歩くこと数分、ホテルを見つけてチェックイン。ちょっとドキドキしましたが、問題はありませんでした。インターネットでの予約、なかなか便利です。部屋に行きおもむろにスーツ・ケースを開けた山ノ神、彼にカレー・ルー、オイスター・ソース、唐揚げ粉を進呈。とにかくスイスは物価が高く、こうした日本食品も手に入ることは入るがたいへん高価なので助かります、と大喜びしてくれました。よかったよかった。中央駅まで二人を送りここでお別れです。
c0051620_7301870.jpg

 われわれはガイドブックに載っていた地元で大人気のベーカリー「Kleiner(クライナー)」でチョコ・クロワッサンを買おうと駅構内を探検。地下一階、中央入口から見て左側でお店を見つけましたが、残念ながら売り切れでした。代わりのパンを購入し、駅の売店でホットドッグを買い、これで夕食としましょう。
c0051620_730356.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_730521.jpg

by sabasaba13 | 2015-10-01 07:32 | 海外 | Comments(0)