2016年 02月 10日 ( 1 )

春の祭典

 とあるコンサートで貰ったチラシに、小林研一郎が日本フィルを指揮して「シェエラザード」と「春の祭典」を演奏するというものがありました。なんてゴージャスなんだ、山ノ神の了承を得て、A席の切符を二枚購入。先日の土曜日にサントリーホールに聴きにいきました。開演は午後二時、ギロッポンのどこかで昼食をとることにしましたが、実はサントリーホール(六本木)とオーチャードホール(渋谷)のあたりにはわれわれご用達のお店がありません。他のホールにはたいていあるのですけれどね。六本木・渋谷のゲニウス・ロキとボンビーなわれわれは相性が悪いのかもしれません。とは言っても背に腹は代えられません。山ノ神が、ホールとなりのビルに「タコリッコ」というメキシコ料理のお店があるのを、インターネットで見つけたので行ってみることにしました。かつて小田原に「ブエナ・カレラ」というメキシコ料理の名店がありましたが、そこには及ばぬもののそれなりに美味しいタコスをいだだきました。ご馳走さま。
c0051620_6143132.jpg


c0051620_6145581.jpg そして眼前にあるサントリーホールへ。まずは「シェエラザード」、「千夜一夜物語」からインスピレーションを得たリムスキー=コルサコフが、四つの物語を四つの楽章にまとめて仕上げた交響的作品です。多彩で豊かな響きと魅力的な旋律、そして「海とシンドバッドの船」の雄渾、「カランダール王子の物語」の哀愁、「王子と王女」の甘美、そして「バグダードの祭り、海、青銅の騎士の立つ岩での難破、終曲」の爆発と、それぞれの特徴をもつ楽章。私も山ノ神もこの曲は大好き。小林研一郎の指揮と日フィルの力量があいまって、この曲の魅力を十全に引き出した素晴らしい演奏でした。「カランダール王子の物語」と「王子と王女」では、そのあまりの甘美さに思わず睡魔に抱かれそうになることも(ごめんなさい)。でも終曲では、オケの迫力と熱気、そしてトランペットの見事なタンギングでしっかりと目が覚めました。
 ここで十五分の休憩をはさみ、いよいよお待ちかねのストラヴィンスキー作のバレエ音楽「春の祭典」です。チラシによると、日本フィル創立50周年の記念年(2006年)に行われたヨーロッパ・ツァーで取り上げて以来、10年ぶりとなるコバケン先生との「春の祭典」だそうです。マエストロの「そろそろハルサイでも…」という言葉を楽団員のみなさんが聞き逃さなかったというのですから、満を持しての演奏なのでしょう、楽しみです。紫煙をくゆらして席に戻ると、おおっ、ステージを埋め尽くさんばかりに椅子が並んでいます。なにせ五管編成に加えてティンパニが二人、アルト・フルート、イングリッシュ・ホルン、E♭クラリネット、バス・クラリネット、コントラ・ファゴット、テナー・チューバ、ピッコロ・トランペット、バス・トランペットといった普段馴染みの薄い楽器も動員された、超弩級の編成です。そして三々五々ステージにあがるオーケストラのみなさん、心なしか緊張感と興奮のいりまじった不思議なオーラを感じます。そしてコバケン氏の登場、いつものように楽団員に一礼して、静かにタクトがふりおろされました。
 なお自伝によると、ストラヴィンスキーはこう語っているそうです。
 私は空想のうちに、おごそかな異教の祭典を見た。輪になって座った長老たちが、死ぬまで踊る若い娘をみまもっていた。かれらは春の神の心を和らげるために彼女を犠牲に供したのである。
 第一部「大地礼賛」(序奏‐春のきざし・乙女たちの踊り‐誘拐‐春の踊り‐敵の都の人々のたわむれ‐賢人の行列‐大地のくちずけ‐大地の踊り)、第二部「いけにえ」(序奏‐乙女たちの神秘的な集い‐いけにえの賛美‐祖先の呼び出し‐祖先の儀式‐いけにえの踊り)という二部構成です。
 ファゴットによって奏でられる摩訶不思議ですが魅力的な旋律とともに曲は始まります。複雑なリズムと拍子、無調と不協和音、ホールを揺るがすオーケストラの咆哮、聴き惚れるというよりは、巨大な音の塊に包まれ身も心もただ強烈な響きにゆだねるのみ。指揮者の小林研一郎氏は熱い心を保ちながらも、冷静なタクトでこの複雑な曲を見事に組み立てていきます。それによく応えたオーケストラの技量とアンサンブルにも脱帽。気がつけば、「ブラボー」という声とともに曲は終わっていました。ブラービ!

 コバケン+日フィルのハルサイ、次に聴けるのはいつになるか分かりませんが、お聴き逃しなく。なおこの曲の初演は1913年5月、パリのシャンゼリゼ劇場。その時の観客のブーイングと罵倒は伝説になっていますが、時は第一次世界大戦勃発のほぼ一年前です。ヨーロッパ文明崩壊を予感させるこの曲に、人々は畏怖を感じていたのかもしれませんね。
by sabasaba13 | 2016-02-10 06:15 | 音楽 | Comments(0)