2016年 07月 12日 ( 1 )

言葉の花綵144

 問題自体が法を犯したものであれば、報道カメラマンは法を犯してもかまわない。(福島菊次郎)

 憲法9条と自衛隊が同居する、正邪の理非も見失った異常事態がなおも続くなら、僕はこの国の戦後を告発し続けた一人のジャーナリストとしての、自己の良心的所在と尊厳を貫くため、これ以上この国で生きることを拒否する。(福島菊次郎)

 戦争なんて始まらないって、みんな頭のどこかで思っているだろ。だけど、もう始まるよ。(福島菊次郎)

 独りになることを怖れないで。集団の中にいると大切なものが見えなくなる。(福島菊次郎)

 表にでないものを引っぱり出して、たたきつけてやりたい。(福島菊次郎)

 闘え (福島菊次郎)

 もし全員を楽しませられないのなら
 自分で楽しむしかないじゃないか (リック・ネルソン)

 イジヌ ンジラー ティーフィケー ティーヌ ンジラー イジ フィケー
 勇気が出たら手を引っこめろ、手が出たら勇気を引っこめろ。(美殿)

 Boring from within.
 内部から穿つ。(ウィリアム・フォスター)

 からだを使って受けた恩は、自分のからだを使ってかえす、ものをもらって受けた恩はものをもっていずれかえす、知恵をもらって受けた恩は知恵でかえす。(上野博正)

 自分より少しでも若いものには、自分にはないものがあるということを信じなくてはならない。(多田道太郎)

 家庭は失敗を語り継ぐ場である。(神島二郎)

 政治は好きか嫌いか、得か損かだ。理屈は貨車一杯であとからやってくる。(大野伴睦)

 Drop Debts, Not Bombs. (アメリカの若者がデモで掲げたプラカード)

 自由はとても乗り心地のいい馬だが、それに乗ってどこに向かうのかが問題だ。(マシュー・アーノルド)

 自由とは失うものが何もないということ。(ジャニス・ジョプリン)
by sabasaba13 | 2016-07-12 06:29 | 言葉の花綵 | Comments(0)