2018年 03月 07日 ( 1 )

言葉の花綵172

 確信を持った一人の人間は、たんに利害関係のみを有する99人に匹敵しうる社会的力である。(ジョン・スチュアート・ミル)

 人が歴史から学ぶ教訓は、人が歴史から学ばないということだ。(ヘーゲル)

 政治的才能などというものは、なにも一代に三人しかでないというような天才だけが備えている才能ではない。普通の人間なら誰にでも結構できることだ。(『ガリバー旅行記』 スウィフト)

 乱雑さのないところに新たなものは生じない。(グレゴリー・ベイトソン)

 私たちが待っているのは、他ならぬ私たちなのだ。(ジューン・ジョーダン)

 教育とは、ただ何を信じるべきかを人々に教えることではありません。自分の意志で物事を学ぶということです。(ノーム・チョムスキー)

 政治に大事なものは、一に金、二に金だ。三は何か忘れた。(マーク・ハンナ)

 ひとりの人間が死ぬと、それは悲劇だが、百万人が死ねば、それは統計だ。(スターリン)

 アメリカ人は生れたとき、財布は持っていたが頭は持っていなかった。(ラムゼイ・マクドナルド)

 安全なのは全世界の判断である。(アウグスティヌス)

 兵士は敵と戦うことばかり考え、将校は兵士と戦うことばかり考えている。(アラン)

 信念の住まう世界には、いかなる事実も参入できない。(ポール・ヴァレリー)
by sabasaba13 | 2018-03-07 06:23 | 言葉の花綵 | Comments(0)