2018年 03月 27日 ( 1 )

2018桜便り(東京編)

 一昨日の日曜日、暖かい陽気とお天道様に誘われて、ブロンプトンにまたがってお花見に行ってきました。西武新宿線の野方駅までブロンプトンに乗って走り、折りたたんで列車に乗り込み、武蔵関駅で下車。知人から教えてもらった、武蔵野市役所近辺の桜並木をめざします。
 駅前に出て自転車を一分(!)で組み立てて走り出すと、このあたりは線路に沿って石神井川が流れていました。きっちりと護岸工事がされていて風情はないのですが、桜並木が続いておりほぼ満開に咲き誇っていました。電車と桜、水面に映る桜など、いろいろな楽しみ方ができます。
c0051620_18485154.jpg

c0051620_1849534.jpg

c0051620_18491883.jpg

 駅の西に、「三浦亭」という洋食屋を発見、さっそく店に入ってメンチカツのランチをいただきました。サクサクとした衣に肉汁あふれる牛肉、玄妙な味わいのソースに手の込んだつけあわせのサラダ、店主の誠実な人柄が料理として具現化したような逸品でした。家の近くにあれば日参したいようなお店です。ブンダバー。
c0051620_18493592.jpg

 そして武蔵野市役所へ、圧巻の桜並木に出会えました。凄い… 二車線道路の両側を埋め尽くす桜、桜、桜。道幅がそれほど広くないので、古木の枝が重なり合うように空を覆い、咲き誇る桜花で世界は桃色です。知名度が高くないのか、人手も多くなくゆったりと桜を愛でることができました。ただ苦言を呈するならば、せめて桜の時期だけでも、化石燃料を貪欲に喰らい、有害物質を吐き出し、騒音で静かな環境を破壊し、人様を死や怪我へと追いやる悪魔の機械、自動車を締め出して、人間がのんびりと歩きながら桜を愛でられるようにしていただきたいものです。最終的には街の中心部から自動車をなくし、徒歩と自転車とトラムが交通の軸となるような街だといいな。
c0051620_18501550.jpg

c0051620_18503086.jpg

 なお市役所の裏側、北側、南側にも桜並木が連なり、見事な景観でした。
c0051620_18504179.jpg

c0051620_18505623.jpg

 そしてブロンプトンにまたがり、一路目指すは井の頭公園です。携行した『文庫版 東京都市図』(昭文社)で確認したところ、それほど離れてはおらず、吉祥寺通りを20分ほど走ると着きました。残念ながら七分咲きでしたが、七井橋からの眺望はいいですね。広々とした池の水面に向かって垂れる桜の枝ぶりには見惚れました。ただ人手の多さには辟易しました。
c0051620_1851957.jpg

 そして北へ、富士街道を走って石神井公園へと向かいました。うーん、思ったほど桜は多くないですね。輝くような緑色の柳の新芽は綺麗でしたが。
c0051620_18514723.jpg

 西武池袋線中村橋駅と練馬駅間の千川通りにも、片側ですが見事な桜並木が続きます。
c0051620_18515888.jpg

 そして〆は、「としまえん」の前から続く石神井川の桜並木です。ここの桜並木は圧巻、川面にふりそそぎ流れ落ちるような桜花に心はうちふるえます。惜しむらくは、無粋に切り立つコンクリートの護岸、風情を木っ端微塵に砕きますが、ま、このおかげで洪水がなくなったそうなのでいたし方ないでしょう。個人的には、目黒川を凌駕し、東京で五本指にはいる桜だと確信します。
c0051620_18521121.jpg


 というわけで、うららかな春の日の桜めぐり、A day in the lifeを堪能しました。結局、かかった費用は、野方→武蔵関の電車賃、昼食代、ペットボトルの水代だけ。環境を壊さず、お金もかからず、健康にも良く、しかも桜の美しさを楽しめた素晴らしい一日でした。

 本日の一枚です。
c0051620_18522451.jpg

by sabasaba13 | 2018-03-27 06:26 | 鶏肋 | Comments(0)