2019年 11月 18日 ( 1 )

福井・富山編(60):五箇山(16.3)

 まずは世界遺産五箇山観光サイト「五箇山彩歳」から、合掌造りについての解説を転記します。
合掌造りの民家と歴史
人々の生きる知恵が生んだ強固で合理的な建築

 合掌造り家屋は、全国でも五箇山と白川郷及び両地域に隣接する一部の山間部にのみ見られる独特の建築様式。「合掌」は、仏を拝むときに左右の掌を合わせた腕のかたちに由来します。五箇山では「叉首(さす)構造」と呼ばれる∧型に開き、頂部で緊結した2本の部材をガッショウと呼んでいて、1648年(正保5年)の記録にも、「かつしやう(ガッショウ)」の文字が残っています。
 まるで天に向かってお念仏の手を合わせるような合掌屋根が、五箇山の暮らしを守ってきました。現存する合掌造り家屋は約百年~二百年前のものが多く、古いものは四百年前に遡るといわれています。合掌造り家屋が完成したのは江戸時代中期からと推測されます。その頃、五箇山では養蚕が行われ、塩硝や和紙製造が加賀藩から奨励されていました。こうした仕事に適したスペースを確保するために、高層の合掌造りに発展したと考えられています。
 一階は、塩硝(えんしょう)や紙漉き場と住居。二階は、広い作業空間と採光、保温を求められた養蚕に使用されました。一階の天井は一部を除いて簀子(すのこ)張りになっています。いろりからのぼる熱気を通過させて、蚕室を暖める必要があったからです。また、いろりからの煙が虫除けとなり木材や茅葺屋根を長持ちさせました。屋根の勾配は急で六十度。断面は正三角形に近く、雪が滑り落ちやすい形です。この大きな屋根を支えるのは、根元の曲がったチョンナと呼ばれる太い梁。山の斜面に生育した自然に曲がったナラの木を用います。また、合掌の組み立てには釘は一切打たず、稲縄とネソと呼ばれるマンサクの木を使いました。山形に組み合わされた屋根の下地となる「合掌」(叉首(さす))の下端は細くとがっていて、桁の上に渡された叉首台「ウスバリ」の両端にあけられた窪みに差してあるだけで、地震や雪による屋根の重みにも柔軟に対応する仕組みになっています。
 屋根を葺く茅には主にススキの仲間のカリヤスが使われています。カリヤスは茅場と呼ばれる山の急斜面で栽培され、毎年、10月に刈り取りが行われ、乾燥し保存されます。春から秋にかけ、屋根の葺き替えが行われます。現在は森林組合が中心に、十五年~二十年ごとに葺き替えがおこなわれています。葺き替えのときに屋根からおろされた古い茅は、昔から田畑を肥やす堆肥として再利用されています。
 雪深い冬という厳しい自然に対応する強固な造り、さらに生活の場と生業の場をひとつにした合理的な建築。名もない人々の生きる知恵が生んだ偉大な発明、それが合掌造りです。
 一読、言葉を失います。豪雪、厳寒、山間といった過酷な自然条件のなかで、いかにして生きていくか、その知恵と営為の結晶がこの合掌造りなのですね。荘厳さすら感じます。
 ここ相倉集落は標高約400mの河岸段丘にあり、北東から南西へ約500m、南東から北西へ200~300mの細長い平坦地に屋敷地と耕作地があります。さらに北西および南東の傾斜地の一部にも茅場などの耕作地があります。集落背後にはブナ、トチ、ミズナラなどの大木が生い茂り、集落を雪崩などから守る雪持林として伐採は禁じられているそうです。
 相倉集落の合掌造り家屋20棟。これらの多くは江戸時代末期から明治時代(19世紀前期~20世紀初期)に建てられたものですが、最も古いものは17世紀に遡ると推察されています。新しいものは20世紀前半のものが3棟あり、この時代まで合掌造り家屋がつくられていたことがわかるそうです。
 集落の中を歩きながら、険峻な山々と樹々を背景に合掌造りを撮影。

 本日の五枚です。
c0051620_19522828.jpg

c0051620_19524418.jpg

c0051620_19525836.jpg

c0051620_19531071.jpg

c0051620_1953465.jpg

by sabasaba13 | 2019-11-18 07:18 | 中部 | Comments(0)