カテゴリ:言葉の花綵( 187 )

言葉の花綵187

 来山はうまれた咎で死ぬる也それでうらみも何もかもなし (小西来山)

 あの多くの年若い少年たちにとって戦争がなんであったかを思い出してみるがいい。それは四年間の長い休暇だったのだ。(『肉体の悪魔』 レーモン・ラディゲ)

 批評家とは馬の尻尾にたかるアブにすぎない。だから私は批評を一切読まない。(ウィリアム・フォークナー)

 自分をかばうな。(佐藤秀人)

 日々の生活を愛でる。
 お金に換え難い足元を大事にする暮らし。(野村友里)

 確信を持った一人の人間は、たんに利害関係のみを有する99人に匹敵しうる社会的力である。(ジョン・スチュアート・ミル)

 理解し合えるはずだという前提に立つと、少しでも理解できないことがあった時に、事態はうまくいかなくなる。(村上龍)

 政府が持っているすべての情報は国民の情報である。その国民の情報にアクセスできなければ、それは茶番か悲劇、もしくはその両方の始まりである。知識は永遠に無知を支配する。(ジェームズ・マディソン)

 人々が政府のことについてすべてのことを知っていること、これが民主主義だ。政府が多くのことを知っているが人々が政府のことを知らない、これは専制政府である。(アリストテレス)

 憎むことができないということが嬉しかった。(ナターリヤ・イワノーヴナ・セルゲーエワ)

 人間は戦争よりずっと大きい。(スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ)

 今の時代、個人、個人の勇気が試されている。自分に対して、そして他人に対しても、本当のことを言う勇気が必要なのです。(スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ)

 過去を忘れてしまう人は悪を生みます。そして悪意以外の何も生み出しません。(スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ)

 一人の人間の中で人間の部分はどれだけあるのか? その部分をどうやって守るのだろうか? (ドストエフスキイ)

 たった一人の子供といえども、その子の苦しみを代償にして社会全体の幸せを得ていいのだろうか? (ドストエフスキイ)
by sabasaba13 | 2019-01-29 06:28 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵186

 たとえ一本の箒だって、私はそれを音楽で克明に描くことができる。(リヒアルト・シュトラウス)

 人生に訪れる最大の驚きは老齢だ。(unknown)

 私は普通の人間ですと自己申告するような人間を信じてはいけない。(スコット・フィッツジェラルド)

 すべての過ちは恐れから生じます。(ヘンリー・ウォレス)

 不服従と好奇心は、写真家の原動力だ。(ロベール・ドアノー)

 あなたたちが撤退するまで、チェコスロヴァキアでは平静と規律が保たれ、みなさんを友人とみなします。ですが、この規律は、あなたたちの協力も、いかなる介入も必要とせず、私たち自身で維持するものなのです。(チェコスロヴァキア・ラジオの放送 1968.8.21)

 ただひとつ願うことは、どうかゆっくり進んでもらいたいということだけです。(プラハの老婦人)

 国難をきり抜けるには、理想主義が必要である。(加藤周一)

 人の義とせらるるは信仰に由りて律法の行に由らず。(ローマ書3-28)

 日本の民衆の中には、幸福に暮らすことの一種のすばらしい技術がある。(ロベール・ギラン)

 温度は卵を鶏に変えるが、石ころを鶏に変えることはできない。(毛沢東)

 メディアは地球上に平和をもたらす最強の武器になりえる。それなのに、現在は戦争の武器として使われている。すべての政府は嘘をつく。特に戦争の最中には。(I.F.ストーン)

 ジャーナリズムの本質は、真実を書き、弱者を守り、正義のために闘い、憎しみや恐怖心に癒しの視点をもたらすこと。いつの日か、多様性ゆえに殺し合うのではなく、その多様性を享受できる世界が実現することを願って。(I.F.ストーン)

 平和主義をたんなる反戦と考えてはなりません。それは一つの新しい理想、人類を同胞としてみる思想なのです。(ケーテ・コルヴィッツ)

 そうだ。人類のための芸術は、別の力をもっては阻止できないのだ。(魯迅)

 私の民主主義の定義は、実践的な目的のためには、甚だ簡単である。強きを挫き、弱きを援く。(加藤周一)

 過去をごまかしながら、未来を築くことはできない。(加藤周一)
by sabasaba13 | 2018-12-16 07:30 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵185

 その生涯の初めと終りを円のように結びつけることのできる人間は幸福である。(ゲーテ)

 日本人の予言力は既に試験せられ、全部が落第ということにもう決定したのである。是からは蝸牛の匍うほどな速力を以て、まずその予言力を育てて行かねばならぬのだが、私などはただ学問より以外には、人を賢くする途は無いと思っている。(柳田国男)

 製作する人にも、使用する人にも幸福なものとして、民衆により、民衆のために作られる光栄ある芸術。(ウィリアム・モリス)

 一つの悪事を隠蔽するためには幾つも悪事を犯さねばなりません。(山崎今朝弥)

 星を見ながらライオンが
 女房にいった
 そろそろ、めしにしようか

 ライオンと女房は
 連れだってでかけ
 しみじみと縞馬を喰べた (くどうなおこ)

 無言が胸の中を唸ってゐる
 行為で語れないならばその胸が張り裂けても黙ってゐろ
 腐った勝利に鼻はまがる (萩原恭次郎)

 私は日々ただ無を制作し続けていた。(クロード・ドビュッシー)

 世の中には釘を打つべき金槌があり、金槌に打たれる釘がある。(unknown)

 ファースト・オファーはまず断るというのがビジネスの基本的鉄則だ。(『騎士団長殺し』 村上春樹)

 時間が奪っていくものもあれば、時間が与えてくれるものもある。時間を味方につけることが大事な仕事になる。(『騎士団長殺し』 村上春樹)

 連中に負けるわけにはいかなかった。システムに押しつぶされるわけにはいかなかった。(『騎士団長殺し』 村上春樹)

 あなたには望んでも手に入らないものを望むだけの力があります。でも私はこの人生において、望めば手に入るものしか望むことができなかった (『騎士団長殺し』 村上春樹)

 どんなに恐ろしくても、恐怖に自分を支配させてはならない。無感覚になってはならない。考えを失ってはならない。(『騎士団長殺し』 村上春樹)
by sabasaba13 | 2018-12-07 06:26 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵184

 戦争のように大切なことを、軍人に任せておけるかね。(ジョルジュ・クレマンソー)

 ひとというものは、ひとのために、何かしてあげるために生まれてきたのス。(宮沢イチ)

なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ (宮沢賢治 『告別』)

 どうか今のご生活を大切にお護り下さい。上のそらでなしに、しっかり落ちついて、一時の感激や興奮を避け、楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで行きませう。(宮沢賢治)

 自分が楽になる方を選んじゃいけないね。苦しくなる方へ進むと道がひらけるんじゃないかな。(高木仁三郎)

 それ見ろ、だから言ったんだ。(H・G・ウェルズの墓碑銘)

 私が長い人生で学んだ最大の教訓は、誰かを信頼に値する存在にしたければ、その相手を信頼するしかないということです。相手を信頼に値しない存在にしたければ、最も確実な方法は相手を信頼せず不信感をあらわにすることなのです。(ヘンリー・スティムソン)

 血の流れにここまで踏みこんでしまった以上、今さら引き返せるものではない。思いきって渡ってしまうのだ。(『マクベス』 シェークスピア)

 美しい〈花〉がある。〈花〉の美しさという様なものはない。(小林秀雄)

 望ムトコロハ瓦全ニアラズシテ玉砕ニアリ (朝日平吾)

 政治は力である。(原敬)

 政治は妥協である。(床次竹二郎)

 政治は倫理である。(後藤新平)

 政治的行動と動機とがそこに還元される特殊に政治的な識別とは、友と敵に関する識別である。(カール・シュミット)
by sabasaba13 | 2018-10-26 06:24 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵183

 私の行動は結局、可能な術を使おうとしすぎ、不合理なものの価値を過小評価していた。(ヴァイツゼッカー)

 危機を克服するにはまず危機を認識する必要がある。(イアン・カーショー)

 何人にもあれ誠実を妨ぐるものは、人類進歩の活力を妨ぐる。(ジョン・モーレー)

 流行に従っている阿呆であるほうが、流行を外れている阿呆であるよりは、とにかくましである。(イマヌエル・カント)

 これでよい。(Es ist gut) (イマヌエル・カント)

 ユニゾンはハーモニーになりません。ハーモニーには不協和音が必要です。ユニゾンが退屈で、暴力的なのは、和声、調和、したがって不協和音がないためです。(原子林二郎)

 常に利害を考ふる前に正邪を判断する事。(本間雅晴)

 どんな事態になっても、人間にはしてはならないことがなければならない。(『レイテ戦記』 大岡昇平)

 どんな方法であれ知られることはよいことだ。(ナチ党のモットー)

 貧しい人を、今のままにそっとしておくだけの愛のわざでは足りません。正義を求め、貧しい人がもう貧しくなくなる道を見出すことを、求めます。(ローマ法王フランシスコ)

 すべての人間は、他人の中に鏡を持っている。(ショーペンハウエル)

 日々の暮らし以上に、かけがえのないものはない。(花森安治)

 古来いかにおおぜいの親はこういう言葉を繰り返したであろう。-「わたしは畢竟失敗者だった。しかしこの子だけは成功させなければならぬ。」 (『侏儒の言葉』 芥川竜之介)

 われわれに武器を執らしめるものはいつも恐怖である。しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。(『侏儒の言葉』 芥川竜之介)
by sabasaba13 | 2018-10-06 06:23 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵182

 一張一弛 (徳川斉昭)

 理性に訴えかける広告を作っても、人類の四パーセントにしかアピールできない。(unknown)

 強欲と憎悪と冷酷さよりも、もっとましなものが世界に存在するはずだった。(ドス・パソス)

 戦争は国家の健康である。(ランドルフ・ボーン)

 歴史はお前たちをこう呼ぶだろう。「あのどうしようもない愚か者ども」と。(『戦うクリスチャンたち』)

 体裁を繕ういとまもない試行錯誤の末、かろうじて出来上がり、なんとか成功したこのシステム…、明治国家日本。いきなり競技参加を強制され、じたばたと脂汗を流した末、まぐれ当たりで合格できたかのごとき格好悪さを隠蔽したい…。こうしたシステムでまとまるやり方に千数百年来の必然があったのだと思いこむためには、我らの「国語」が「国史」が「国文学」が、万世一系の皇室が、どうしても必要だったのである。(浅羽通明)

 やってみせ 言って聞かせて させて見せ ほめてやらねば 人は動かじ
 話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず
 やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず (山本五十六)

 たった一人の子供といえども、その子の苦しみを代償にして社会全体の幸せを得ていいのだろうか? (ドストエフスキイ)

 辛い時には人間らしい同情や尊敬の念はどんなお金よいも得がたいものだ。(『ボタン穴から見た戦争』 ヴォロージャ・コルシュク)

 持続可能な成長をしたければ、国は兵士ではなく学生を増やすべきではないか? (バーニー・サンダース)

 冥府が門を開け、最も卑劣で、最も醜悪な、最も汚れた精神を解き放った。(カール・ツックマイヤー)

 どの世代も一度は戦争を体験すべきだ。(アドルフ・ヒトラー)

 力を持たぬ者は生きる資格を失う。(アドルフ・ヒトラー)

 正しかろうが不正だろうが、われらは勝利しなければならぬ。そして勝利してしまえば、そのやり方をわれらに問う者などいようか。(アドルフ・ヒトラー)
by sabasaba13 | 2018-09-22 06:21 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵181

 愛国心とは、ならず者達の最後の避難所である。(サミュエル・ジョンソン)

 今日の大きな悪魔は愛国心、愛国心が大戦をもたらすのだ。(チャールズ・スペンサー・チャップリン)

 ナショナリズムは小児病である。それは国家の麻疹(はしか)である。(アルベルト・アインシュタイン)

 不思議なことだ、いつの時代においても悪人は自分の下劣な行為に、 宗教や道徳や愛国心のために奉仕したのだという仮面を着せようとつとめている。(ハイネ)

 愛国心を持つなら地球に持て。魂を国家に管理させるな! (ジミ・ヘンドリックス)

 愛国心は人類愛と同一である。(マハトマ・ガンディー)

 最高の愛国心とは、あなたの国が不名誉で、悪辣で、馬鹿みたいなことをしている時に、それを言ってやることだ。(ジュリアン・バーンズ)

 愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。(バートランド・ラッセル)

 愛国者は常に祖国のために死ぬことを口にするが、祖国のために殺すことについては決して語らない。(バートランド・ラッセル)

 恐怖心や愛国心によって人を殺すのは、怒りや貪欲によって人を殺すのとまったく同じく悪い。(ヘンリー・ミラー)

 愛国心と言う卵から、戦争が孵化する。(モーパッサン)

 人類から愛国心を叩き出してしまわないかぎり、あなたがたは決して平穏な世界を持たないだろう。(バーナード・ショウ)

 愛国心とは、自分がそこに生まれたという理由で、その国が他より優っているとする信念のことだ。(バーナード・ショウ)

 愛国心とは、道理を超えた自国崇拝である。(ジョージ・ジーン・ネイサン)

 憂国の士という連中がいて、彼らが国を滅ぼすのだ。(勝海舟)

 国の為に戦っても、国の為に嘘を吐きたくはない。(ゾーラ・ニール・ハーストン)

 愛国者と売国奴で国が真っ二つ。おまけにどっちがどっちか誰にも分からない。(マーク・トウェイン)

 国への愛を表明するのは、それに対する褒賞を期待している徴である。(ヘンリー・ルイス・メンケン)
by sabasaba13 | 2018-08-29 08:12 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵180

 西洋が世界を勝ち取ったのはその思想、価値観や宗教の優越性によってではなく、組織化された暴力の応用の優越性によるものである。西洋人はその事実を忘れがちであるが、非西洋人は決して忘れることはない。(サミュエル・ハンティントン)

 私は自分の国が今のような国になってしまったことに嫌悪感を覚える。しかし私はそのまま放置していることも拒否する。(マイケル・ムーア)

 資本家たちに自分で戦わせ、自分たちの死体を積み重ねさせよ。そうすればやがて、地球上で二度と戦争が起こることはなくなるだろう。(ユージン・デブス)

 裁判官、数年前私は、自分は生きている者すべてと絆で結ばれていることに気づき、自分は地上で最も卑しい者に等しく卑しいものだと肝に銘じました。そのとき私は、こう述べました。下層階級が存在する限り、私はその一員だ。犯罪分子がいる限り、私はそのひとりだ。牢屋にいる人間がひとりでもいる限り、私は自由ではないと。そして今も同じことを断言します。(ユージン・デブス)

 歴史を通して、戦争というものは、征服と掠奪を目的に行なわれてきた。戦争とは、つまるところそういうものだ。常に支配階級が戦争を宣言し、実際の戦闘は常に被支配階級がおこなってきた。(ユージン・デブス)

 帝国にとっては過去もまたひとつの海外領土に過ぎず、いつでも組み立て直すことができるばかりか、場合によっては一から作り変えることもできる。(アルフレッド・マッコイ)

 帝国は歴史のなかに生きていながら、歴史に対して陰謀を企む運命にある。帝国の秘めたる思いはただひとつ。どうすれば終わらないか、どうすれば滅びないか、どうすれば自らの時代を長引かせられるか。昼は敵を追い求める。帝国は狡猾で非情であり、血に飢えた猟犬をいたるところに送り込む。夜は災禍の妄想にふける。都市を略奪し、住民を凌辱し、骨の山を築き、広大な土地を荒らし尽くす。狂気というだけでは片づけられない毒気に満ちた幻想だ。(J・M・クッツェー 『夷狄を待ちながら』)

 なろうことなら、ガラスをぶち破り、手を中まで伸ばしてやつをそのぎざぎざの破れ目から引きずり出し、やつの肉が尖ったガラスの先にひっかかってずたずたに切れるのも構わず、地べたに放り投げて外形もわからぬまでに蹴飛ばしてやりたいという衝動に駆られる。(J・M・クッツェー 『夷狄を待ちながら』)
by sabasaba13 | 2018-07-29 07:43 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵179

 国家は人間のために存在し、人間が国家のためにあるのではない。(ドイツ憲法(基本法)草案)

 今日以後、諸君は秩序正しく死ぬことを学ぶのだ。(カミュ 『戒厳令』)

 愚劣が、とうていまぬかれえない人間的条件であること。同時に人間は、愚劣であることを知る能力があること。これによって人ぎらいになるか、あるいは人間に執着を感じるか。ここに決定的な別れ道がある。(中島健蔵)

 貧乏と苦労が頭の働きに磨きをかけ、知識に現実性を与えた。(張志楽(チャン・チラク) 『アリランの歌』)

 信頼は、どこでも専制の親である。自由な政府は、信頼ではなく猜疑にもとづいて建国される。(トマス・ジェファソン)

 左手は、センプレ・フォルテッシモ。(イツァーク・パールマン)

 善きことは、カタツムリの速度で動く。(マハトマ・ガンジー)

 民衆のにくしみに包囲された軍事基地の価値は0にひとしい。(瀬長亀次郎)

 どんな鳥も想像力よりは、高く飛べない。(寺山修司)

 歴史を学びなさい。何故なら私たちを、政府のいうことを鵜呑みにせず、自らの頭で考えられるようにしてくれるからです。(ハワード・ジン)

 ジャーナリズムとは報じられたくないことを報じることだ。それ以外のものは広報にすぎない。(ジョージ・オーウェル)

 「政治に関心がない」「選挙は重要じゃない」と言う人がいるが、政治を放棄することは少数者による支配を許すことにつながる。最も重要なことは勝利することではなく、歩き続けること。何かを始める勇気を持つことだ。(ホセ・ムヒカ)

 轢死は皆が合意したウソの集合体である。(ナポレオン)
by sabasaba13 | 2018-07-13 06:28 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵178

 二度あったことは、三度あってはならない。(岩手県普代村村長 和村幸得)

 河一つが境界をなす正義とは滑稽な! ピレネー山脈の此方の真理は彼方では誤謬。(パスカル)

 もしこれらの代議士たちが、何らかの目に余る悪名高い法令とか、重大な改革によって、法の柵を踏みにじり、勝手な権力を行使するように見えたときは、いつ何どきたりとも、人民という団体自体(The body of the people itself)が介入しなければならない。それ以外に、代議士たちに、いつも公共の利益に対して、相応の考慮を払う態度を維持させる方法というものを、私は見出すことができない。こういう人民の直接介入ということは、じつはもっとも不愉快な救済策である。けれども、それ以外の方法では、憲法の真の原則を保持することができないようなことが明瞭であるような場合には、それは許されて然るべきことである。(エドマンド・バーク)

 すべてについては何事かを知り、何事かについてはすべてを知る。(J・S・ミル)

 歴史とたわむれる事は不可能である。(トロツキー)

 人は知らないものを深く愛することができる、しかし愛さないものを深く知ることはできない。(サイモン・メイ)

 応ニ冤魂ト共ニ語ラントス (杜甫)

 深刻な病気にかかっている人を前にして、私が最初に思うのは「この人の国籍は何か?」ということではありませんよ。(ニコラ・スタージョン)

 Don't pray, think. (祈る前に、考えて) (unknown)

 君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。(テロで妻を亡くした男)

 パリのために祈りたいなら祈りなさい
 でも 祈りを捧げられることのない
 もはや守るべき家すら持たない
 世界の人びとにも
 多くの祈りを
 馴染みの高層ビルやカフェだけでなく
 あらゆる面で 日常の何かが
 崩れ去ろうとしている
 この世界に祈りを (カルーナ・エザラ・バリーク)

 わたしはドイツで幸せに生活していますが、文化に対する違和感は消えません。違和感を幸せととらえる感覚の持ち主だから幸せなのかもしれませんが。(多和田葉子)
by sabasaba13 | 2018-06-29 06:22 | 言葉の花綵 | Comments(0)