カテゴリ:言葉の花綵( 190 )

言葉の花綵190

 抗議しなければならないときに沈黙するという罪を犯すと、人は臆病になる。(エイブラハム・リンカーン)

 良い市民に生まれる人はいない。民主主義に生まれる国はない。(コフィ・アナン)

 自由なる人々よ、この言葉を忘れるな。我々は自由を得るかも知れない、しかし一度それが失われると取り戻す事はできぬ。(ジャン=ジャック・ルソー)

 自分の言うこと、すること、話す相手、創造や愛、友情の表現、そのすべてが記録される世界に僕は住みたくない。(エドワード・スノーデン)

 hostinato rigore 厳密な秩序の美しさ (レオナルド・ダ・ヴィンチ)

 退屈させたら失敗です。(鳥飼玖美子)

 種子を粉にひいてはならぬ。(『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』 ゲーテ)

 壁を作るよりも、話し合える大きなテーブルを作ろうよ。(カルロス・サンタナ)

 反ユダヤ主義は、自らの不幸と苦悩の原因を究明する力のない国民大衆の意識の低さの表れである。無知な人々は、自らの大きな不幸の原因が国家機構や社会制度にではなくユダヤ人にあると見る。(『人生と運命』 ワシーリー・グロスマン)

 私はただの人間を愛す。私を愛す。私の愛するものを愛る。徹頭徹尾、愛す。(『デカダン文学論』 坂口安吾)

 ただこれ強制に服する根性というものは、己れ以下の弱者に対しては、ただこれ強制する根性なのだ。この一人二役ぐらい文化に距りあるものはないのである。(『風流』 坂口安吾)

 原子バクダンを発見するのは、学問じゃないのです。子供の遊びです。これをコントロールし、適度に利用し、戦争などせず、平和な秩序を考え、そういう限度を発見するのが、学問なんです。(『不良少年とキリスト』 坂口安吾)

 革命だの、国家永遠の繁栄のため、百年千年の計のため我々がギセイになる、そういうチョットきくと人ぎぎのいい甘ッチョロイ考え方がナンセンス、又罪悪であり、人間はギセイになってはならぬ。自分一人好きこのんでギセイになるなら話は別だが、個人としての自我とは別に、社会人としての我々は誰のギセイになる必要もない。(『新カナヅカイの問題』 坂口安吾)
by sabasaba13 | 2019-06-06 06:26 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵189

 文化は権力の道具であるか、権力を批判する道具であるか、どちらかでしかない。(アントニオ・グラムシ)

 政府の支持者だけの自由、党員だけの自由は、それがどれほど多数の自由であっても、自由ではない。ほんとうの自由は、いつでも、ただ、別な風に考える人間の自由だけである。(ローザ・ルクセンブルク)

 バカな操り人形でなければ、孤独でない人間などいない。(加藤周一)

 革命と革命に係った人々を理解するためには、対象を極めて近くから観察すると同時に、極めて遠くから判断しなければならない。(シモン・ボリヴァール)

 いかなる社会にとっても、忘れることで過去は消えないし、過去とつながらない未来は幻にすぎない。(加藤周一)

 時に及んで当に勉励すべし、歳月人を待たず。(陶淵明)

 感受性の鈍い人々だけが叫ぶ。頭の粗雑な人間だけが大声を出す。(加藤周一)

 戦争の法は存在しない。戦時下において悪を抑止するのは法ではなく、恐怖や利得なのである。(ヴォルテール)

 戦争において、もっとも嫌悪すべきものは、戦争によって生じる廃墟ではなく、戦時にあらわれる無知と愚かさだ。(アナトール・フランス)

 現代人は、かつてのように何でもかんでも信じてしまうわけではない。彼らはテレビで見たことしか信じないのだ。(ベルギーの漫画家・グレッグ)

 熱い心と、冷たい頭をもて。(アルフレッド・マーシャル)

 国民の仕事は、口をつぐまないということ。(ギュンター・グラス)

 たとえ孤立無援でも、真実は真実である。(マハトマ・ガンディー)

 市民として、私たちは全員が介入し関与する義務を負っている。物事を変えるのは市民だ。(ジョゼ・サラマーゴ)
by sabasaba13 | 2019-04-12 06:21 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵188

 戦争は人が持っている時間を潰してしまいます、貴重な時間を。(タマーラ・ルキヤーノヴナ・トロプ)

 弾丸はおばかさんだし、運命はいじわるなんだよ。(クラヴヂア・Sの母)

 辛い時には人間らしい同情や尊敬の念はどんなお金よりも得がたいものだ。(ヴォロージャ・コルシュクの先生)

 この世はいとおしきなり。(プーシキン)

 われわれは自然の恵みを待っていられない。自然からそれを奪いとるのがわれわれの課題だ。(ミチューリン)

 女性的な感覚の方が、人間を正しい方向に導く。(『ファウスト』 ゲーテ)

 すぐ役に立つことは、すぐ役に立たなくなる。(小泉信三)

 人間、欲と二人づれならどこまでも行けるもんだよ。(タクシーのある運転手)

 自分自身よりも家族を、家族よりもフランスを、フランスよりも人間の世界の全体を愛する。(モンテスキュー)

 悪魔とは、精神の傲慢、微笑みを失った信仰、疑いに捉われたことのない真理である。(『薔薇の名前』 ウンベルト・エーコ)

 勇気あふれる馬鹿ほど近所迷惑な者はない。(加藤周一)

 安危ハ是非ニ在リ、強弱ニ在ラズ。(『韓非子』)

 日本の善意の人々、特に若い人たち、また殊に恋をしている人たちにくれぐれもよろしく。(シャガール)

 中心的問題は、人間が何を生涯の目的とするか、何を絶対的なものとみなすかを知ることである。(リュスティジエール枢機卿)
by sabasaba13 | 2019-03-07 06:22 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵187

 来山はうまれた咎で死ぬる也それでうらみも何もかもなし (小西来山)

 あの多くの年若い少年たちにとって戦争がなんであったかを思い出してみるがいい。それは四年間の長い休暇だったのだ。(『肉体の悪魔』 レーモン・ラディゲ)

 批評家とは馬の尻尾にたかるアブにすぎない。だから私は批評を一切読まない。(ウィリアム・フォークナー)

 自分をかばうな。(佐藤秀人)

 日々の生活を愛でる。
 お金に換え難い足元を大事にする暮らし。(野村友里)

 確信を持った一人の人間は、たんに利害関係のみを有する99人に匹敵しうる社会的力である。(ジョン・スチュアート・ミル)

 理解し合えるはずだという前提に立つと、少しでも理解できないことがあった時に、事態はうまくいかなくなる。(村上龍)

 政府が持っているすべての情報は国民の情報である。その国民の情報にアクセスできなければ、それは茶番か悲劇、もしくはその両方の始まりである。知識は永遠に無知を支配する。(ジェームズ・マディソン)

 人々が政府のことについてすべてのことを知っていること、これが民主主義だ。政府が多くのことを知っているが人々が政府のことを知らない、これは専制政府である。(アリストテレス)

 憎むことができないということが嬉しかった。(ナターリヤ・イワノーヴナ・セルゲーエワ)

 人間は戦争よりずっと大きい。(スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ)

 今の時代、個人、個人の勇気が試されている。自分に対して、そして他人に対しても、本当のことを言う勇気が必要なのです。(スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ)

 過去を忘れてしまう人は悪を生みます。そして悪意以外の何も生み出しません。(スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ)

 一人の人間の中で人間の部分はどれだけあるのか? その部分をどうやって守るのだろうか? (ドストエフスキイ)

 たった一人の子供といえども、その子の苦しみを代償にして社会全体の幸せを得ていいのだろうか? (ドストエフスキイ)
by sabasaba13 | 2019-01-29 06:28 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵186

 たとえ一本の箒だって、私はそれを音楽で克明に描くことができる。(リヒアルト・シュトラウス)

 人生に訪れる最大の驚きは老齢だ。(unknown)

 私は普通の人間ですと自己申告するような人間を信じてはいけない。(スコット・フィッツジェラルド)

 すべての過ちは恐れから生じます。(ヘンリー・ウォレス)

 不服従と好奇心は、写真家の原動力だ。(ロベール・ドアノー)

 あなたたちが撤退するまで、チェコスロヴァキアでは平静と規律が保たれ、みなさんを友人とみなします。ですが、この規律は、あなたたちの協力も、いかなる介入も必要とせず、私たち自身で維持するものなのです。(チェコスロヴァキア・ラジオの放送 1968.8.21)

 ただひとつ願うことは、どうかゆっくり進んでもらいたいということだけです。(プラハの老婦人)

 国難をきり抜けるには、理想主義が必要である。(加藤周一)

 人の義とせらるるは信仰に由りて律法の行に由らず。(ローマ書3-28)

 日本の民衆の中には、幸福に暮らすことの一種のすばらしい技術がある。(ロベール・ギラン)

 温度は卵を鶏に変えるが、石ころを鶏に変えることはできない。(毛沢東)

 メディアは地球上に平和をもたらす最強の武器になりえる。それなのに、現在は戦争の武器として使われている。すべての政府は嘘をつく。特に戦争の最中には。(I.F.ストーン)

 ジャーナリズムの本質は、真実を書き、弱者を守り、正義のために闘い、憎しみや恐怖心に癒しの視点をもたらすこと。いつの日か、多様性ゆえに殺し合うのではなく、その多様性を享受できる世界が実現することを願って。(I.F.ストーン)

 平和主義をたんなる反戦と考えてはなりません。それは一つの新しい理想、人類を同胞としてみる思想なのです。(ケーテ・コルヴィッツ)

 そうだ。人類のための芸術は、別の力をもっては阻止できないのだ。(魯迅)

 私の民主主義の定義は、実践的な目的のためには、甚だ簡単である。強きを挫き、弱きを援く。(加藤周一)

 過去をごまかしながら、未来を築くことはできない。(加藤周一)
by sabasaba13 | 2018-12-16 07:30 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵185

 その生涯の初めと終りを円のように結びつけることのできる人間は幸福である。(ゲーテ)

 日本人の予言力は既に試験せられ、全部が落第ということにもう決定したのである。是からは蝸牛の匍うほどな速力を以て、まずその予言力を育てて行かねばならぬのだが、私などはただ学問より以外には、人を賢くする途は無いと思っている。(柳田国男)

 製作する人にも、使用する人にも幸福なものとして、民衆により、民衆のために作られる光栄ある芸術。(ウィリアム・モリス)

 一つの悪事を隠蔽するためには幾つも悪事を犯さねばなりません。(山崎今朝弥)

 星を見ながらライオンが
 女房にいった
 そろそろ、めしにしようか

 ライオンと女房は
 連れだってでかけ
 しみじみと縞馬を喰べた (くどうなおこ)

 無言が胸の中を唸ってゐる
 行為で語れないならばその胸が張り裂けても黙ってゐろ
 腐った勝利に鼻はまがる (萩原恭次郎)

 私は日々ただ無を制作し続けていた。(クロード・ドビュッシー)

 世の中には釘を打つべき金槌があり、金槌に打たれる釘がある。(unknown)

 ファースト・オファーはまず断るというのがビジネスの基本的鉄則だ。(『騎士団長殺し』 村上春樹)

 時間が奪っていくものもあれば、時間が与えてくれるものもある。時間を味方につけることが大事な仕事になる。(『騎士団長殺し』 村上春樹)

 連中に負けるわけにはいかなかった。システムに押しつぶされるわけにはいかなかった。(『騎士団長殺し』 村上春樹)

 あなたには望んでも手に入らないものを望むだけの力があります。でも私はこの人生において、望めば手に入るものしか望むことができなかった (『騎士団長殺し』 村上春樹)

 どんなに恐ろしくても、恐怖に自分を支配させてはならない。無感覚になってはならない。考えを失ってはならない。(『騎士団長殺し』 村上春樹)
by sabasaba13 | 2018-12-07 06:26 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵184

 戦争のように大切なことを、軍人に任せておけるかね。(ジョルジュ・クレマンソー)

 ひとというものは、ひとのために、何かしてあげるために生まれてきたのス。(宮沢イチ)

なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ (宮沢賢治 『告別』)

 どうか今のご生活を大切にお護り下さい。上のそらでなしに、しっかり落ちついて、一時の感激や興奮を避け、楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで行きませう。(宮沢賢治)

 自分が楽になる方を選んじゃいけないね。苦しくなる方へ進むと道がひらけるんじゃないかな。(高木仁三郎)

 それ見ろ、だから言ったんだ。(H・G・ウェルズの墓碑銘)

 私が長い人生で学んだ最大の教訓は、誰かを信頼に値する存在にしたければ、その相手を信頼するしかないということです。相手を信頼に値しない存在にしたければ、最も確実な方法は相手を信頼せず不信感をあらわにすることなのです。(ヘンリー・スティムソン)

 血の流れにここまで踏みこんでしまった以上、今さら引き返せるものではない。思いきって渡ってしまうのだ。(『マクベス』 シェークスピア)

 美しい〈花〉がある。〈花〉の美しさという様なものはない。(小林秀雄)

 望ムトコロハ瓦全ニアラズシテ玉砕ニアリ (朝日平吾)

 政治は力である。(原敬)

 政治は妥協である。(床次竹二郎)

 政治は倫理である。(後藤新平)

 政治的行動と動機とがそこに還元される特殊に政治的な識別とは、友と敵に関する識別である。(カール・シュミット)
by sabasaba13 | 2018-10-26 06:24 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵183

 私の行動は結局、可能な術を使おうとしすぎ、不合理なものの価値を過小評価していた。(ヴァイツゼッカー)

 危機を克服するにはまず危機を認識する必要がある。(イアン・カーショー)

 何人にもあれ誠実を妨ぐるものは、人類進歩の活力を妨ぐる。(ジョン・モーレー)

 流行に従っている阿呆であるほうが、流行を外れている阿呆であるよりは、とにかくましである。(イマヌエル・カント)

 これでよい。(Es ist gut) (イマヌエル・カント)

 ユニゾンはハーモニーになりません。ハーモニーには不協和音が必要です。ユニゾンが退屈で、暴力的なのは、和声、調和、したがって不協和音がないためです。(原子林二郎)

 常に利害を考ふる前に正邪を判断する事。(本間雅晴)

 どんな事態になっても、人間にはしてはならないことがなければならない。(『レイテ戦記』 大岡昇平)

 どんな方法であれ知られることはよいことだ。(ナチ党のモットー)

 貧しい人を、今のままにそっとしておくだけの愛のわざでは足りません。正義を求め、貧しい人がもう貧しくなくなる道を見出すことを、求めます。(ローマ法王フランシスコ)

 すべての人間は、他人の中に鏡を持っている。(ショーペンハウエル)

 日々の暮らし以上に、かけがえのないものはない。(花森安治)

 古来いかにおおぜいの親はこういう言葉を繰り返したであろう。-「わたしは畢竟失敗者だった。しかしこの子だけは成功させなければならぬ。」 (『侏儒の言葉』 芥川竜之介)

 われわれに武器を執らしめるものはいつも恐怖である。しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。(『侏儒の言葉』 芥川竜之介)
by sabasaba13 | 2018-10-06 06:23 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵182

 一張一弛 (徳川斉昭)

 理性に訴えかける広告を作っても、人類の四パーセントにしかアピールできない。(unknown)

 強欲と憎悪と冷酷さよりも、もっとましなものが世界に存在するはずだった。(ドス・パソス)

 戦争は国家の健康である。(ランドルフ・ボーン)

 歴史はお前たちをこう呼ぶだろう。「あのどうしようもない愚か者ども」と。(『戦うクリスチャンたち』)

 体裁を繕ういとまもない試行錯誤の末、かろうじて出来上がり、なんとか成功したこのシステム…、明治国家日本。いきなり競技参加を強制され、じたばたと脂汗を流した末、まぐれ当たりで合格できたかのごとき格好悪さを隠蔽したい…。こうしたシステムでまとまるやり方に千数百年来の必然があったのだと思いこむためには、我らの「国語」が「国史」が「国文学」が、万世一系の皇室が、どうしても必要だったのである。(浅羽通明)

 やってみせ 言って聞かせて させて見せ ほめてやらねば 人は動かじ
 話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず
 やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず (山本五十六)

 たった一人の子供といえども、その子の苦しみを代償にして社会全体の幸せを得ていいのだろうか? (ドストエフスキイ)

 辛い時には人間らしい同情や尊敬の念はどんなお金よいも得がたいものだ。(『ボタン穴から見た戦争』 ヴォロージャ・コルシュク)

 持続可能な成長をしたければ、国は兵士ではなく学生を増やすべきではないか? (バーニー・サンダース)

 冥府が門を開け、最も卑劣で、最も醜悪な、最も汚れた精神を解き放った。(カール・ツックマイヤー)

 どの世代も一度は戦争を体験すべきだ。(アドルフ・ヒトラー)

 力を持たぬ者は生きる資格を失う。(アドルフ・ヒトラー)

 正しかろうが不正だろうが、われらは勝利しなければならぬ。そして勝利してしまえば、そのやり方をわれらに問う者などいようか。(アドルフ・ヒトラー)
by sabasaba13 | 2018-09-22 06:21 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵181

 愛国心とは、ならず者達の最後の避難所である。(サミュエル・ジョンソン)

 今日の大きな悪魔は愛国心、愛国心が大戦をもたらすのだ。(チャールズ・スペンサー・チャップリン)

 ナショナリズムは小児病である。それは国家の麻疹(はしか)である。(アルベルト・アインシュタイン)

 不思議なことだ、いつの時代においても悪人は自分の下劣な行為に、 宗教や道徳や愛国心のために奉仕したのだという仮面を着せようとつとめている。(ハイネ)

 愛国心を持つなら地球に持て。魂を国家に管理させるな! (ジミ・ヘンドリックス)

 愛国心は人類愛と同一である。(マハトマ・ガンディー)

 最高の愛国心とは、あなたの国が不名誉で、悪辣で、馬鹿みたいなことをしている時に、それを言ってやることだ。(ジュリアン・バーンズ)

 愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。(バートランド・ラッセル)

 愛国者は常に祖国のために死ぬことを口にするが、祖国のために殺すことについては決して語らない。(バートランド・ラッセル)

 恐怖心や愛国心によって人を殺すのは、怒りや貪欲によって人を殺すのとまったく同じく悪い。(ヘンリー・ミラー)

 愛国心と言う卵から、戦争が孵化する。(モーパッサン)

 人類から愛国心を叩き出してしまわないかぎり、あなたがたは決して平穏な世界を持たないだろう。(バーナード・ショウ)

 愛国心とは、自分がそこに生まれたという理由で、その国が他より優っているとする信念のことだ。(バーナード・ショウ)

 愛国心とは、道理を超えた自国崇拝である。(ジョージ・ジーン・ネイサン)

 憂国の士という連中がいて、彼らが国を滅ぼすのだ。(勝海舟)

 国の為に戦っても、国の為に嘘を吐きたくはない。(ゾーラ・ニール・ハーストン)

 愛国者と売国奴で国が真っ二つ。おまけにどっちがどっちか誰にも分からない。(マーク・トウェイン)

 国への愛を表明するのは、それに対する褒賞を期待している徴である。(ヘンリー・ルイス・メンケン)
by sabasaba13 | 2018-08-29 08:12 | 言葉の花綵 | Comments(0)