カテゴリ:京都( 235 )

京都錦秋編(4):曼殊院(05.11)

 詩仙堂、円光寺はとばして、曼殊院へ。このあたりの風景もずいぶん変わりましたね。少し前はのどかな田園地帯でしたが、新興住宅が建ち並んでいました。曼殊院は、門跡寺院(皇族がかかわる格式が高い寺院)で、江戸前期につくられた書院には桂離宮とも共通するデザインが見られます。瓢箪型の引戸や富士型の釘隠しなどは、見事な工芸品です。きっとお公家さんが職人に対して「そらあかん」とか「ええでええで」とか厳しい注文をつけながら作らせたのだろうなあ。金持ちが良い趣味を身につけて、金をかけて職人を育てるのは大事だと思います。これも大事なノブレス・オブリージュ(=身分の高いものは社会的責任を負う)。マイセンの陶磁器を買い集めて部屋に飾って悦に入っているようじゃ、文化とそれを生み出す職人は育ちません。ここの枯山水庭園も見ものですが、全体的に手入れが悪いような気がします。塩化ビニル製の雨どいを平気で使っているし、経済的に苦しいのかな。それでも障子の補修してあるところにさりげなくもみじの落ち葉を二枚貼るとこなんざあ、さすがに洒落てます。入口にこんな貼紙がありましたが、二脚って何でしょう? 一脚・三脚使用禁止のお寺さんが多いので、某メーカーが開発したのかな。てことは次は四脚の登場ですね、その攻防が楽しみです。近々「一~六十四脚使用禁止」という貼紙が登場するかもしれませぬ。それにしても「預ります」という字の達筆なこと!
c0051620_14383455.jpg

 そして何といっても門前の両側に並べて植えられたもみじが素晴らしい。日本語の「明るい」と「赤い」は同語源だと心底納得してしまうような鮮烈な赤い紅葉でした。それが白い土塀と緑の苔と調和して絵にも描けない美しさ! 参道の並木の紅葉も見事でs、ん? そこにある「吸殻を捨てるな」という立看板を見ると、京都国体マスコット「未来くん」が微笑んでいるではありませんか。グレゴリ青山氏が「不気味だ、早くなくなれ」と痛罵していた噂のマスコットですが、でもよく見ると… 不気味だ。
c0051620_14385042.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_16281280.jpg

by sabasaba13 | 2006-02-05 07:50 | 京都 | Comments(0)

京都錦秋編(3):南禅寺(05.11)

 そして南禅寺へ行って、琵琶湖疎水が通る水路閣付近を散策。ここは永観堂とは逆に、物件は結構なのですが、それを彩るもみじが少ないのが惜しい。しかしギリシア建築のようなこの琵琶湖疏水の水路は、骨董屋用語で言うと見事に時代がついていますね。煉瓦の色が上手くくすんで周囲の景観とよく調和しています。細部を見るとけっこう装飾にも気を使っているのがわかりました。古刹南禅寺の中を通すわけですから、設計者も大変だったでしょうね。その配慮と努力は十二分に報われていると思います。そうそう、この上にある南禅院のお庭に寄るのを忘れたのは失敗でした。再訪を期す。
c0051620_14373490.jpg

 そして地下鉄東西線蹴上駅の前にある煉瓦のトンネルをくぐり、穴場情報で知った日向大神宮へ向かいます。ここは船を貨車に載せて疎水へと引き上げる/引き下げるインクラインの線路と貨車が残されています。疎水を設計した田辺朔郎博士の銅像と記念碑もありました。彼の偉業については、すぐ近くの資料館で紹介されています。が、肝心の大神宮が見つからない。この後の行程を考えて早々に探索を断念(こらえ性がなくなったなあ)、立ち去りました。次の目的地は曼殊院です。北山通を北へ北へ快走、一乗寺のあたりで丘陵部へのぼります。宮本武蔵と吉岡一門の決闘で有名な下り松のところで、武蔵のはめこみを発見。これは井上雄彦氏にぜひ紹介したい。
c0051620_1437487.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_16245526.jpg

by sabasaba13 | 2006-02-04 07:43 | 京都 | Comments(0)

京都錦秋編(2):永観堂(05.11)

 翌日は晴れ、洛東方面と大原を徘徊する予定です。部屋の窓から見える東本願寺渉成園あたりの木々がほんわかと明るく色づいています、これは楽しみ。必需品の貸し自転車ですが、二日前にインターネットで調べたらこの日は全て予約でうまっていました。没法子。三条川端にある馴染みの店三軒に行けば、どれかで何とかなるでしょう。朝食抜きの予約なので、どこかの喫茶店でモーニング・サービスを食べたいな。そこはそれ、喫茶店文化が発達している京都のこと、すぐ見つかるだろうと高をくくっていたら、ホテルのすぐ近くに喫茶「OPEN」がありました。さっそく飛び込みチーズ・トーストを所望。メニューを眺めていると「ヘレカツ定食」がありました。Filetを京都では「ヘレ」と発音するのですね、なるほど。柳田国男の方言周圏論で言えば、われわれ東夷も数百年後には「ヘレカツ!」と言い出すわけですな。(ほんとかな) それにしても様々なカツ定食がならぶメニューはなかなか圧巻でした。「喫茶店」という概念の地域差というのは比較文化の研究対象にできそうです。四国では必ずうどんがあったし。
c0051620_1436414.jpg

 さて五条駅から京阪電車に乗り三条駅でおりて9時ちょい過ぎに川端通に着くと、貸し自転車屋のうち「北沢サイクル」はお休み、「安本バイクプール」はすでに全車貸し出し済み。残る「永原屋茂八」(!)でかろうじて二台確保できました。このお店は、自転車の質はあまり良くないのですが、午後七時まで借りられるという利点があります。ルアー屋も兼ねたちょっと不思議な雰囲気のお店。ま、結果オーライということで、出発。めざすは東山です。南禅寺の門前あたりでもう人人車人人車車車人車車… こらあ気い引き締めなあかんと思いながら、永観堂へ行きました。
 紅葉の時期に来たのははじめてですが、あまりここは好きではありません。紅葉を引き立てる庭園、苔、灯篭、建物などに良いものがないので、全体的に散漫な印象です。確かにもみじの数は多いのですけれどね。「私の人生の責任者 それは私自身です」というポスターには衝撃を受けました。ごもっともですが、それじゃ仏教の存在理由は何? ご本尊のみかえり阿弥陀は、自分の人生に責任をとれる人しか救ってくれないの? 為すべき責任を果たさず、全て個人の責任として事態を放置する官僚・政治家諸氏に仏罰を与えてくだせえ。それにしても「個人責任」という言葉には気をつけたい。個人で責任を取るか/取らないか、All or nothingという極端な形で議論が進みますが、違うと思います。個人が責任を取るべき部分と、社会のシステムが責任を負うべき部分をきちんと腑分けすべきです。
c0051620_14365677.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_16215687.jpg

by sabasaba13 | 2006-02-03 06:03 | 京都 | Comments(0)

京都錦秋編(1):(05.11)

 昨年の11月末日に京都の錦秋を満喫してまいりました。覇道か王道か、悩んだ末に今回は奇を衒うことなく、王道を行くことに決定。紅葉の名所を制した上で、穴場やマイもみじを捜すことはこれからの課題といたします。御天道様のもと人として真っ当に旅するのもたまにはいいか。
 新幹線に乗って午後8時30分、京都駅に到着。定宿パークホテルが外国資本のものとなり改装中なので、アランヴェール京都というホテルに宿泊しました。市営地下鉄烏丸線に乗って五条で下車。駅の案内掲示に「見つけよう 一人ひとりの いいところ」という標語が書いてありましたが、主語は誰なのだろう?????? 地下通路を歩いていると、カーブミラーを発見。?????? 全速力で駆け抜ける通勤客が多いのか、はたまた痴漢・引ったくり防止策なのか、詳細は不明です。東京にもあるのかな、今度は気をつけてみます。
c0051620_1436296.jpg

 ホテルは駅から徒歩五分、たくさん毛が生えているビジネス・ホテルという雰囲気です。藤村美樹(元キャンディーズ)似のスタッフの対応も親切だし、部屋も広くて綺麗だし、京都タワー・東本願寺・東山が見張らせる眺望も良好。アクセスもいいし、まあまあのホテルですね。五条通を走行する車の音が五月蝿いのと、外がよく見えない展望大浴場が瑕疵ですが。地方色にあふれるCMをテレビで見るのも、京都の楽しみの一つ。すると修学旅行の動向を放映していました。なるほど、たぶん数は減っているとは思いますが、重要な情報なのですね。
by sabasaba13 | 2006-02-02 06:07 | 京都 | Comments(0)

京都錦秋編(7):(02.11)

 ここでまた山ノ神のご託宣。ポンッ 「錦小路の田中鶏卵のだし巻き卵が食べたい」 京福電車に飛び乗り、四条大宮まで行き、錦小路に到着。田中鶏卵の出し巻き卵と長久堂のきぬたを購入。ホテルに戻り、預けておいた荷物を受け取ってタクシーで京都駅へ。また例の質問。A.「曼殊院と桂離宮」 実は桂離宮と修学院離宮の見物希望葉書をだしたのですが、抽選ではずれてしまったのです。そのことを言うと、彼曰く「がんばらなあきまへん」。おいおい、そういう問題じゃないでしょ。祇園祭も見たいけれど、宿が取れそうもないと言うと、彼曰く「がんばらなあきまへん」。おいおい… 最後に曰く「ええ遊びをするにはがんばらなあきまへん」。ガーンと椎名麟三的鉄槌をくらいました。そうだよね、ええ遊びをしなくては。人生の師に出会えたような気がします。(すぐに忘れると思うけど) 感謝。
 京都駅で、関西に来るといつもお世話になる「551蓬莱」で豚まん・シュウマイ・餃子を山のように買い込み、新幹線の車内に中華の匂いを撒き散らしながら、帰郷。
 
 というわけで、怒涛のような、夢のような三日間でした。今回は行けなかったのですが、事前に集めた情報では以下の所の紅葉が見事だそうです。(◎は特にお勧め) ◎光明寺(長岡京)・将軍塚・◎仁和寺・善峰寺・醍醐寺・永観堂・高桐院(大徳寺塔中)・乙訓寺・高雄・◎三千院・鷹ヶ峯(光悦寺・源光庵)・直指庵・赤山禅院・日向大神宮・大原野神社… 
 それから夜のライトアップをしているのが、永観堂・円光寺・随身院・日枝大社・実相院・宝泉院です。なお、京都新聞のホームページを見ると、紅葉の最新情報がわかります。

●京都新聞紅葉情報 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/momiji/

 それから「京都パークホテル」は、五階建ての落ち着いた雰囲気のいいホテルです。(国立京都博物館前・三十三間堂隣) しかし休業という悲しい知らせが届きました。経営者が変わって近日オープンするそうですが、あの落ち着いた雰囲気を大事にしてくれるでしょうか。
 それにしてもええ遊びさせてもろた。
 秋興の果ててくゆらす紫煙かな   邪想庵

 本日の一枚は、円光寺です。
c0051620_20185925.jpg

by sabasaba13 | 2005-11-13 09:25 | 京都 | Comments(0)

京都錦秋編(6):宇治・毘沙門堂(02.11)

 最終日です。京阪電車で宇治へ直行。宇治はええですよ、すいてて。駅から南へ向う宇治川ぞいの道と、興聖寺門前の琴坂の紅葉が素晴らしい。
c0051620_19221720.jpg

 穴場その六:宇治

 平等院を見物し、門前の蕎麦屋で茶そばとそば稲荷を食す。京阪で三条まで戻り、地下鉄に乗り換え山科へ。歩いて十五分ほどで毘沙門堂につきました。ここもいいっ。人が少なくゆうっくりじいっくりのおんびり紅葉を眺めることができました。中でも「晩翠園」という庭園が最高。池をとりまく紅葉と緑の木々、そして何より人が少ないので部屋にねっころがってぼーっとすることができました。嗚呼、至福の時間。きれいなものを見ながら漫然と時が過ぎ行くって貴重なものだなと、痛感いたしました。
c0051620_192246100.jpg
 穴場その七:毘沙門堂  秘密やで。

 ふたたび地下鉄で二条へ。JRに乗り換えていよいよ嵐山です。と、ここで山ノ神のご託宣がまたくだりました。ポンッ 「保津川下りの舟にのろうぞ」 え、おいおい、ちょっとまて。満員・予約済みでのれっこないぞ、いや日曜日の午後三時だ。乗れる可能性はないこともない… よろしい、1%の可能性に賭けよう。というわけで亀岡まで行ったのですが、何と待ち時間なしでのれちゃったんですね、これが。亀岡から嵐山まで一時間四十分、料金3,900円。船頭さんが三人乗り込み、櫓と竿を操って急流をくだります。こりゃウォータースライダーより面白い。両側の山々は紅葉紅葉紅葉、色彩の乱舞… この船頭さんのトークがまた傑作で、陽気な野村克也とでもいいましょうか、ぼそっと笑わせてくれました。川の中に見事な巨石が現れると、「(ぼそっ)気に入ったら、お土産に持って帰ってええで」。山を指差して、「(ぼそっ)あれが北山杉や。あっちは何という杉や? (一生懸命考える乗客) 考えすぎや」。紅葉に見惚れ、急流でスリルを味わい、船頭さんのトークに笑い転げ、あっという間に嵐山に到着。
c0051620_19225810.jpg


 本日の二枚は、毘沙門堂晩翠園です。
c0051620_19231494.jpg

c0051620_19232572.jpg

by sabasaba13 | 2005-11-12 06:16 | 京都 | Comments(0)

京都錦秋編(5):清水寺(02.11)

 ホテルに戻り、清水寺のライトアップ見物へと出発。夕食は山ノ神のご託宣がくだりました。ポンッ 「円山公園の平野屋でいもぼう(えびいも+ぼうたら)が食べたい」 揚げ物系の好きな小生に対し、この神様は煮物系が大好物なのです。タクシーに乗りまた質問をしたら、A.「ありまへん」 最近はガイドブックやインターネットのおかげでお客さんの方が詳しいそうです。恐るべし、情報化社会。平野屋本家でいもぼうを食し、高台寺の前を通り過ぎると、そこには入場を待つ首をくくりたくなるほどの長蛇の列ができていました。ああ、昨日の運転手さんが言っていたのはこれだったのか、と得心。清水寺が心配でしたが、杞憂でした。入場券売り場を十数か所特設し、テキパキとお客を処理。あっさりと入場できました。
c0051620_19211791.jpg

 まずはこの時期だけ見られる「成就院庭園」へ。ここはお勧め。明かりに照らされた夜の庭の美しさを堪能。入口前に池に映るきれいな紅葉がありました。昼間に見た紅葉にくらべ見劣るのか、一目見るなり「もういいわ」とボソッと呟いて立ち去った山ノ神と、「きゃーちょーきれー」と雌叫びをあげながら駆け寄ってきた若い女性たちの姿が対照的。そして清水の舞台。驚いたのは、夜景をショーアップするためか、本堂の上空にスターウォーズに出てくるライトセーバーのような青色のサーチライトが走っていること。ここまでやるか。そのうち24時間営業にして、音羽の滝の水を通信販売にして、地主神社と提携して出会系サイトを始めるのではないかと不安になりました。注! 本当にやるなよ

 本日の一枚は、清水寺です。
c0051620_209358.jpg

 ●清水寺 http://www.kiyomizudera.or.jp/
by sabasaba13 | 2005-11-11 06:12 | 京都 | Comments(4)

京都錦秋編(4):府立植物園(02.11)

 白川通りを北へ向い、詩仙堂へ。大変な混雑で、タクシー・自動車が数珠つなぎでした。入場を断念し、近くにある円光寺へ。小ぶりなお寺さんでしたが、庭の景色がいいですね。人が入れないようになっているので、立ち並ぶ楓と散り敷く落葉とのコントラストが素敵。ただ狭いだけに混雑していて、ちょっと落ち着いて見られません。ここは早朝誰もいない時に再訪したいですね。寺の高台に登ると、京都洛北が一望できる絶好のビューポイント。
c0051620_19195361.jpg

 キコキコと今度は西へ。高野川を渡り、府立植物園へ。

 穴場その五:府立植物園

 ここが最高の穴場、秘密やで。とにかく園内がひろいのでゆったりと紅葉を楽しめ、さらにいろいろな樹々の紅葉にもめぐり会えます。不覚ながら、ソメイヨシノの紅葉があんなに渋くて美しいとは知らなんだ。特に半木(なからぎ)の森のあたりが素晴らしい。池に映る紅葉のみごとさに、しばらく時を忘れ見呆けてしまいました。そして写真をバシャバシャ。と、ここで最高の構図で写真を撮るコツを会得しました。伝授しませう、秘密やで。それは「値段の高そうな三脚を使用して撮影している人の隣で撮影する」というもの。そこのあなた、鼻で笑ってはいけない。この法則は真実です。下鴨神社の糺の杜を通り抜けて三条へ戻りましたが、ここの紅葉はいまひとつ。
c0051620_19201869.jpg


 本日の二枚は、府立植物園です。
c0051620_19203238.jpg

c0051620_19204269.jpg

 ●京都府立植物園 http://www.pref.kyoto.jp/plant/
by sabasaba13 | 2005-11-10 06:10 | 京都 | Comments(2)

京都錦秋編(3):今熊野観音寺・真如堂(02.11)

 ひだる神(※)が山ノ神にとりつきはじめたので、近くのベーカリー「ゲベッケン」でモーニングサービスをいただきました。二階が落ち着いた雰囲気の喫茶店になっており、焼きたてのパンをチョイスできます。パンも珈琲も美味しいし、贔屓にしましょう。近くにある「京家」のコロッケもいつか食べてみたい。そうそう、先日得た情報では「ブラジル食堂」も気になりますね。未確認情報なので、コメントは控えますが…
 そして泉涌寺の脇にある今熊野観音寺へ。お遍路さんで賑わうお寺さんで、あまり一般の観光客はおらずゆっくりと紅葉を楽しむことができました。ここもお勧め。
c0051620_19165990.jpg
 穴場その三:今熊野観音寺

 泉涌寺霊園を通り抜け、鳥戸野陵を通ってバス通りへ。ところがバスは超満員で乗車を拒否されました。この時期はバスとタクシーに頼るのは危険ですね。徒歩と電車と自転車がいいと思います。京阪七条駅まで歩き、三条駅で下車。近くにあるなじみの「北沢サイクル」で自転車を借りようとしたら、全部出払ってました。近くの店をまわり、三軒目でやっとゲット。籐製のかごがガムテープで補修してあるアンチックな自転車でしたが、背に腹はかえられない。近くの「加藤順漬物店」で土産の漬物を発送し、丸太町にある洋食屋「金平」でタンシチューとエビコロッケを食す。この店がまたおいしいんだ。
 キコキコと東へ向い、真如堂へ。ここの紅葉もこれまた天晴れ! 最高の色づきでした。五重塔や土蔵の白壁といったロケーションもグッ。境内が広いので人でもあまり気にならず、何より入場料、もとい拝観料が無料なのが良心的です。
c0051620_191807.jpg
 穴場その四:真如堂

 それにしても携帯電話で写真を撮る人の多いこと多いこと。何もモバイルにカメラをつけることはないよなあと嘆息。いっそのこと冷蔵庫をつけてくれればあたしゃ買いますよ。

 本日の一枚は、今熊野観音寺と真如堂です。
c0051620_2025342.jpg

c0051620_19182383.jpg

※人にとりついて空腹にさせ餓死させてしまう妖怪。これを防ぐには弁当の残りを一口食べるか、米の字を手に書いて3回なめると元気になる。
by sabasaba13 | 2005-11-09 06:09 | 京都 | Comments(0)

京都錦秋編(2):養源院・東福寺(02.11)

 天気予報では、曇り/雨だったのですが、見事な快晴。神様は、わた、もといっ、われわれの日頃の善行をちゃんと見ているのですね。朝食も食わずに行動開始。まずはホテル隣、三十三間堂脇の養源院へ。

 穴場その二:養源院

 小振りで瀟洒で貧乏っぽくて大好きなお寺さんです。早朝ということもあり、二人だけで紅葉狩を満喫。もみじは多くはないのだけれど、緑の木々とのコントラストが素敵です。俵屋宗達の杉戸絵と伏見城の血天井もみものですよ。
c0051620_19152026.jpg

 今熊野商店街を抜けて東福寺へ。8:30開門と聞いたので8時頃に行ったら、いきなり駐車場は満車。ゾロゾロと善男善女たちが東福寺へと歩いていきます。そして門前の臥雲橋(ここまでは無料)からふと脇を見ると、おおおおおおおおっ、朝日に輝く谷満面の紅葉と通天橋が私たちを迎えてくれました。感激、眼福、give up、座布団一枚。しばし行列に並んで、境内に入るとそこは赤、黄、褐色、緑といった色彩の坩堝。しかも一枚一枚の葉の色の微妙なgradation。さらに散り敷いた落葉のくすみながらもほのかで渋い色合い。小生の稚拙な表現力では、言葉にするのはもうこれが限界です。紅葉ってこんなに綺麗なものだったのか! もってけ泥棒! 夢見心地でフラフラと木々の間をさ迷い歩き、写真をバシャバシャ撮りまくり、「きれい、きれい」と呻き続けるのみ。方丈・龍吟庵・即宗院の庭もそれぞれに味わい深いものでした。
c0051620_19153792.jpg


 本日の二枚は、東福寺です。
c0051620_19583695.jpg

c0051620_19155392.jpg

by sabasaba13 | 2005-11-08 06:12 | 京都 | Comments(0)