<   2017年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

関東大震災と虐殺 19

 9月3日、月曜日。雨。深夜。野重砲第一連隊第六中隊の兵士、久保野茂次は、日記にこう書いています。(①p.109~10)
 九月三日、雨、午前一時頃、呼集にて、また東京に不逞鮮人がこの機に際し非常なる悪い行動をしつつあるので(井戸に毒薬投入、火災の先だって爆弾投下、及強姦)等やるので、それを制動せしめるため、三八騎銃携行、拳銃等も実弾携行し、乗馬でゆくもの徒歩でゆくもの、東京府下大島にゆく。小松川方面より地方人も戦々きおきお(兢々)とて、眠りもとれず、各々の日本刀、竹やり等を以て、鮮人殺さんと血眼になって騒でる。軍隊が到着するや在郷軍人等非常(非情か)なものだ。鮮人と見るや者(物)も云わず、大道であろうが何処であろうが斬殺してしまふた。そして川に投げこみてしまう。余等見たの許りで二十人一かたまり、四人、八人、皆地方人に斬殺されてしまふていた。余等は初めは身の毛もよだつ許りだが段々なれて死体を見ても今では何とも思わなくなった。午後砂村より消防隊が、鮮人百名も一団でいて夜間になると不安で寝られず、爆弾等で放火等やるので、我々等の応元(援)をあをいできたので余の分(隊)等、野中上等兵以下拾二、三名で着剣して、消防隊の自動車で鮮人のいる長屋につき、すぐ包囲をし、逃ぐるものがあれば一発のもとに撃ち殺さんとためていたが、彼等一人として抵抗するものもなかったので、一発せずして一団をつづ(数珠)つなぎにして暗の中を在郷軍人等とともに警戒厳にして小松川につれゆき集(収)容し、余等分隊は東亜製粉会社に帰ったその夜は会社のコンクリート上に寝た。
 戒厳軍の進駐下に自警団の暴力が発生したことが、よくわかります。「不逞鮮人の討伐」という作戦下、戒厳軍が主導の地位にたち、警察・自警団・一般市民をその統率下において敵=朝鮮人の殺戮を行なったのですね。そう、これは市街を舞台とした「戦争」です。姜徳相氏の言を引用します。(④p.54~6)
 近代日本史上、沖縄を除いて日本本土が戦場になったのは関東大震災以外にない。下谷高等小学校の罹災児童がいちばん恐ろしかったことは反撃なき市街戦であった。

男子 朝鮮人109 火事51 地震49 旋風19
女子 朝鮮人140 火事68 旋風35 道路の雑踏17

 数字は天災より人災、つまりデマに狂った人殺し戦争が最大の恐怖であったことを示している。
 「若い朝鮮人の死骸が転がっていた。素裸にされて大の字に仰向けになって腹から腸がはみ出て血まみれになった手足には蝿と蟻がたかっていた。局部まで切断されていた。その側にはこういう制札が立っていた。『いやしくも日本人たるもの必ずこの憎むべき朝鮮人に一撃を加えてください』」(江島修 『血の九月』)
 これは戦争だ…そういう人びとの意識を如実に物語る会話が記録されています。9月3日、横浜市中村町(現横浜市南区)での民衆の会話です。(③p.26)
「旦那、朝鮮人は何ぅですい。俺ァ今日までに六人やりました。」
「そいつは凄いな。」
「何てっても身が護れね、天下晴れての人殺しだから、豪気なものでサァ。」
 "天下晴れての人殺し"、つまり相手が敵なら殺しても罪に問われない。まさしく戦争です。
by sabasaba13 | 2017-10-05 06:22 | 関東大震災と虐殺 | Comments(0)

『一日一言』

 安倍上等兵内閣や官僚諸氏による国会答弁を聞いていると、ほんとうに情けなくなります。事実を曖昧にし、誤魔化し、隠蔽し、己の責任を免れるための虚ろな言葉が虚空を漂うようです。もちろん、今に始まったことではありませんが。その責任の一端はわれわれ有権者にもあります。虚ろな言葉を使う候補者を見分けて、議事堂に入れさせないことが大事なのにね。

 深く心に響く言葉を聞きたい。それによって言葉の真贋を見わける力を持ちたい。常日頃からそう考えて、冬を前にした栗鼠のようにせっせせっせと名言を蓄えております。市販されている名言集を買えば楽なのですが、どうもお手軽な特効薬のようで食指が動きません。志の高い名言集はないものか、と思っていたのですがとうとう出会えました。碩学・桑原武夫氏による『一日一言』(岩波新書)です。氏の本は、『世界の歴史10 フランス革命とナポレオン』(中公文庫)、『論語』(ちくま文庫)、編訳として『啄木 ローマ字日記』(岩波文庫)しか読んだことがありませんが、書名を見てもわかるようにフランス文学にとどまらない裾野の広い知性の持ち主です。その氏が選んだ言葉の数々、いずれもたいへん刺戟となりました。
 冒頭の「はしがき」で、桑原氏はこう述べられています。
 人間の尊ぶべきは、その行為にある、というのは、あくまで正しい。しかし、人間は言語というものをもっており、これによって自己の行為を他の人々の行為に結びつけ、そこに協力の可能性を生み出すのみでなく、自らなすべき、または、なした行為を、これによって考慮し、また反省するのである。言語に支えられぬ人間行為はありえない。そして言語をもつ人類のみが歴史をもち、その歴史は、人類文化の各分野において偉大な行為をなした人々の言葉によって飾られている。それらの言葉は、もとより歴史的社会的条件に規制されているが、しかも、そこにふくまれる知恵は、そうした条件を越えて、後の人々の心によき刺戟をあたえ、思想を強壮にし、よき新行為の源泉となることを決してやめない。これが人類の知恵である。人類の一員として立派に生きるということは、この古くて新しい知恵の泉からいかに汲みとるかにかかる。
 いたらぬ私自身をかえりみても、長年の読書のうちに、深く心にせまった幾十かの言葉を、いつしか記憶のうちにたくわえている。そして、それらの言葉が意識の深いところで私の生活を支えていることを感じざるをえない。もし、こうした支えがなければ、私の生活は一そう貧弱なものとなったに違いないのである。(p.ⅰ)
 "人類の一員として立派に生きる"という理想を高く掲げる政治家はいないのでしょうか。見渡せば「今だけ、金だけ、自分だけ」の現実主義者、機会主義者、そしてポピュリスト、レイシストしか見当たりません。そういう方々にぜひ読んでもらい蒙を啓いていただきたいのですが…無理かな。

 贅言はやめましょう。収録された言葉の中から、今の日本の状況に対する峻烈な批判として受け取れる言葉を選びました。先哲に学びましょう。
植木枝盛
 人民が無気無力にて、すこしも自由独立の精神なく、そのうえ徒らに自分一人一家の事のみこれ知って、国家公けの事の上には一向心を向けることなく、何にもかも一つに政府に委ねまかし、自分に受持つ気象がなければ、その国は弱み衰えざるということはありません。さればあのように専制の政府で、勝手気まま政をなし…民の権利を重んぜず、圧制束縛もって人民の屈従するをのみこれ図り、徒らに政府の…威光十分に輝きたるもののごときは…決してほんまの強きにあらず、盛なるにあらず、ただ民の力を弱めたるのみの事なり。(「民権自由論」 p.13)

ウィリアム・モリス
 適当な秩序のある社会では、労働する意志のあるすべての人々には、次のことが確保されねばならぬ。第一、恥しくない適切な仕事。第二、健康にして美しい住宅。第三、心身の休息のための十分な余暇。…みなさんに考えていただきたいのだが、一方においてこの要求をみたすことが可能であると同じく、他方、現在の金権制度の下ではこれをみたすことは不可能なのだ。この金権制度はわれわれがこの要求を満足させようとするあらゆるまじめな努力を禁止する。(「芸術と社会主義」 p.51)

王安石
 孔子は申しました。「衆人が好んでいても必ず調べてみる。衆人が憎んでいても必ず調べてみる」と。(「王臨川文集」 p.58)

グラックス兄弟
 イタリアの野に草を食う野獣でさえも、穴と寝所とをもっていて、それぞれ自分の休み場としているのに、イタリアのために戦って死ぬ人びとは、空気と光のほか何ものも与えられず、妻や子供と家もなく落着く先もなくさまよい、しかも全権をにぎる将軍は戦場において、兵士に墳墓と神殿のために敵と戦えと励ましてウソをついている。実はこれほど多くのローマ人が、一人として父の祭壇も先祖の宗廟ももたず、他人の贅沢と富のために戦ってたおれ、世界の覇者と称せられながら、自分自身の土地としては土くれ一つないのだ。(「グラックス〔兄〕の演説-『プルターク英雄伝』より p.60)

墨子
 一人を殺せば、不義の行為として、必ず死罪にされる。この論法でゆくと、十人を殺すものは、十不義を重ねたのであり、十倍の死罪にしなければならず、百人を殺すものは、百不義を重ねたのであり、百倍の死罪にしなければならない。ここまでは天下の君子の誰もがわきまえている。しかし、大きく不義を犯してひとの国を攻めると、非難しないで、名誉とし、正義とする。それが不義であることを全然ご存じない。それ故に私はこの書物を書いて後の者に残す。天下の君子は、義と不義の乱れを見わけなければならないのである。(「非攻篇」 p.66)

マックス・ウェーバー
 一世紀にわたる政治教育のおくれは、十年でとりかえせるものではない。(「国民国家と国民経済政策」 p.66)

パール・バック
 貧乏人があまり貧乏になりすき、金持があまり金持になりすぎると、貧乏にはどうすれがいいかをしっている。(「大地」 p.105)

ハロルド・J・ラスキ
 少数者がきわめて富み、多数者がきわめて貧しいために、人びとの心がたえず自分の富もしくは貧困を考えざるをえないような社会は、じつは戦争状態にある社会である。その戦争が公然と行われているか、もしくはひそかに行われているかは問題にならない。…こうした社会は、その内部におけるさまざまの緊張状態のために安定をうばいさられることとなるから、自由な社会ではありえない。したがって、こうした社会は恐怖にみち、理性をもって事に処する力が保証されるような雰囲気がなくなってしまう。(「現代革命の考察」 p.107)

トマス・モア
 こんにち、いたるところに栄えている国家をつらつら考えてみると、なさけないことに、私は、自己の利益を国家の名によって得ようとする金持たちの陰謀のほかは何も見ることができません。かれらは、まず、どうしたら不正にかき集めたものを失う恐れなく安全に保持できるか、そして次には、どうしたらできるだけ少ない金で、貧民の労力をやとって、それを濫用することができるか、ということについての、あらゆる手段と奸策を工夫し案出するのです。(「ユートピア」 p.112)

大久保利通
 我が国、欧米各国とすでに結びたる条約は、もとより平均を得ざる者にして、その条中ほとんど独立国の体裁を失する者少なからず。…英仏のごときに至っては我が国内政いまだ斉整を得ずして、彼が従民を保護するに足らざるをもって口実となし、現に陸上に兵営を構え、兵卒を屯し、ほとんど我が国を見ることおのが属地のごとし。ああこれ外は外国に対し、内は邦家に対し恥ずべきの甚しきにあらずや。かつ、それ条約改定の期すでに近きあり。在朝の大臣よろしく焦思熟慮し、その束縛を解き独立国の体裁を全うするの方略を立てざるべけんや。(「征韓論反対の意見書」 p.132)

ラ・ブリュイエール
 専制政治の下では祖国などない。他のものがそれに代っている。利益、栄誉、帝王への忠勤。(「人さまざま」 p.136)

アリストテレス
 役人を選び出したり、また役人の責任を追及する最終の権威が、大衆にあるとするのは不得策だ、という理論がある。そういう論法には、なにか誤りがありそうだ。…その理由の一つは、専門家が唯一または最良の批評家でないような若干の問題、つまり生みだされた結果に対して、すぐれた専門家ではない人びとの正当な批評が許される問題が存在するからである。たとえば、家の長短を批評する役割をはたすのは、建築家だけではない。家を使う人びと、つまり居住者が実はずっとよい批評家なのだ。(「政治学」 p.169)

渡辺崋山
 御領中にまかりあり候数万人の内、たとえいかに賤しき小民たりとも、一人にても餓死流亡に及び候わば、人君の大罪にて候。さりとて人君自ら御手を下し候事は成されがたく、すべて役人に御任せなされ候事ゆえ、万一行届かざることありとも、しいて人君の罪とは思召されず。下よりもまた左は存じ奉らざるより、家老は奉行の過ちとし、奉行は下役人の過ちとし、誰が罪とも定かならず…表面ばかりの取計らいにて事をすまし候。…家老、年寄の不行届きとは申すものの、実は人君の治政に御心これなきよりかく相成り候。(「凶荒心得書」 p.169)

クレマンソー
 弱い者にたいしてかくも強い国家は、病気や死の原因がむらがっている暗い工場のなかで、弱い者を保護するには無力だろう。…人間は人間を虐待し、生命の体液をすっかりしぼりとるだろう。しかし安穏無事な国家はいうのだ-「自由を黙認しよう」。そうだ。もっとも強い者が、もっとも弱い者を圧迫し、おしつぶす自由、殺人組織の自由を、である。(「1893年8月8日の演説」 p.176)

尾崎行雄
 元来議会なるものは、言論を戦わし、事実と道理の有無を対照し、正邪曲直の区別を明かにし、もって国家民衆の福利を計るがために開くのである。しかして投票の結果が、いかに多数でも、邪を転じて正となし、曲を変じて直となす事はできない。故に事実と道理の前には、いかなる多数党といえども屈従せざるを得ないのが、議会本来の面目であって、議院政治が国家人民の利益を増進する大根本は、実にこの一事にあるのだ。しかるに…表決において多数さえ得れば、それで満足する傾きがある。すなわち議事堂は名ばかりで実は表決堂である。(「憲政の危機」 p.192)

南方熊楠
 かつ小生、従来、一にも二にも官とか政府とかいうて、万事官もたれで、東京のみに書庫や図書館あって、地方には何にもなきのみならず、中央に集権して田舎ものをおどかさんと、万事、田舎を枯らし、市都を肥やす風、学問にまで行わるるを見、大いにこれを忌む。(「土宜法竜への手紙」 p.215)


 追記。「朝日新聞DIGITAL 」(17.4.28)に次のような記事がありました。行政の考える"生涯学習"っていったい何なのでしょうね。
 仏文学者で京都大名誉教授の桑原武夫さん(1904~88)の遺族が京都市に寄贈した蔵書約1万冊について、市教育委員会は無断で廃棄していたと27日発表した。市教委は生涯学習部の担当部長の女性(57)を減給6カ月の懲戒処分にした。
 桑原さんは87年に文化勲章を受章。京大人文科学研究所を拠点に率いた新京都学派から、哲学者の鶴見俊輔さんや梅原猛さんらが育った。学術的価値が高い蔵書は生前に京大に寄贈され、残った全集や文庫本などの約1万冊が没後の88年、市に寄贈された。
 市教委によると、寄贈当初、蔵書は桑原さんの書斎を再現した記念室で保管。2008年から目録を市右京中央図書館で公開し、蔵書は別の場所で段ボール箱数百個に入れて保管した。15年12月に整理した際、当時同館副館長だった担当部長の判断で廃棄したという。
 担当部長は「図書館と蔵書が重複し、目録もあるため廃棄してよいと考えた。遺族に相談すべきだった」と話しているという。市教委は「桑原先生がどんな本を読んでいたかをうかがえる資料だった。廃棄は不適切だった」としている。
 今年2月に市民からの問い合わせで発覚。市教委は遺族に謝罪した。桑原さんの遺族は取材に「重要な資料が行政機関で引き継がれなかったのは信じがたい。残念だ」と話している。

by sabasaba13 | 2017-10-04 06:25 | | Comments(0)

関東大震災と虐殺 18

 こうして軍隊・警察・自警団が一体となった治安体制がつくられ、自警団も朝鮮人虐殺に加担していくことになります。それに関する証言は多々ありますが、一つだけ紹介しておきます。
 もっとも衝撃的なのは、本所かくら橋付近で「薪でおこした火の上に四人か五人の男の人が朝鮮人の手と足が大の字になるように、動かないようにもって下から燃やしているんですよ。火あぶりですよね。焼かれると皮が茶かっ色になるんです。だから焼かれている朝鮮の人は悲鳴をあげるんですが、もう弱っている状態でした。そして、殺した朝鮮の人が次々に川に放りこまれているのです」 (篠原京子の証言 『民族の棘』) (①p.156)
 また横浜の根岸で2日に起きた虐殺の様子は、以前に拙ブログで紹介しました。

 なお朝鮮人を識別するために、「十五円五十銭」などと言わせたという証言も数多く残っています。姜徳相氏は、この識別法は1912年、内務省秘第1542号、警保局長より各庁府県長宛てに出された「朝鮮人識別法」というテキストをもとに、官憲から教示されたものだと推測されています。(①p.149)

 さて、治安中枢の動きです。既述のように閣議の反対によって正式な戒厳令は出されていませんが、水野錬太郎内相が内田康哉臨時首相とともに、浜尾新枢密院副議長、伊藤巳代治顧問官の私邸を訪問し、「枢密院に諮る暇がないから内閣の責任で勅令を発布したい」と了解を求めました。こうして9月2日午後6時頃に、政府は東京市と周辺五郡に戒厳令を布告します。既述のように、戒厳令には「真正戒厳」と「行政戒厳」があり、前者は戦時、後者は内乱やクーデターなど平時の緊急事態で布告されます。よってこれは「行政戒厳」で、緊急勅令によって施行されるため枢密院の諮詢が必要です。その手続きを欠いているため、この戒厳令は違法であるという指摘もあります。そして言うまでもなく、水野・赤池・後藤のトリオが「朝鮮人の暴動」が起きたと誤認して緊急事態と捉え、過剰に反応し、なりふりかまわず施行した戒厳令です。
 そして森岡東京衛戌司令官が戒厳執行の職につくと、森岡東京衛戌司令官は、「警備に関する訓令」を発し、「万一、此の災害に乗じ、非行を敢てし、治安秩序を紊るが如きものあるときは、之を制止し、若し之に応ぜざるものあるときは、警告を与へたる後、兵器を用ふることを得」と、兵器の使用を許可しました。軍隊が兵器を使用することができる場合について規定した衛戌勤務令第12が具体的な規定をしているのにたいし、この訓令は、「非行」、「治安秩序を紊る」という抽象的な規定をしているだけに、どのような拡大解釈も可能である、問題の多いものでした。でも実際には、戒厳宣告前に、衛戌条令にもとづいて出動した軍隊は、無差別に列車を検察し、朝鮮人を拘引し、兵器を使用して大量の虐殺を開始していたのですが。(②p.132) いずれにせよ、朝鮮人が「非行」をし、「治安秩序を紊る」と軍隊が判断したら、殺害してよいというお墨付きが与えられました。

 なおこの2日の夕刻、鶴見署長・大川常吉は、身を挺して鮮人220人・中国人70人らを自警団の襲撃から救って保護しました。横浜市鶴見区の東漸寺に、彼の顕彰碑がありますので、よろしければ拙ブログの記事をご覧ください。

 このように朝鮮人を救った日本人が少ないけれどもいたことに、安堵の念を覚えます。他にも、鄭宗碩(チョン・ジョンソク)さんの祖父一家は、工場長の真田千秋さんによって命を救われました。鄭さんは、真田さんへの「感謝の碑」を建てようと、墨田区議会に陳情をして、碑を建てるために土地の提供ならびに管理の申し入れを正式にしました。ところが、その陳情は2001年3月に否決されました。その理由が、関東大震災で虐殺されたという具体的な事実は墨田区内にはないということ。もう一つは仮にその事実があって慰霊碑を建てたとしても区民の利益にはなりえないということでした。「良心と良識に欠けた決定」であると憤った鄭さんは、2001年9月1日に、墨田区向島にある法泉寺(真田家の菩提寺)に、自費をなげうって「感謝の碑」を建立しました。(⑬p.97~8)

 また2日の午後9時頃に、甲州街道沿いの東京府千歳村烏山でも虐殺が起こりました。ある土木請負人が、京王電鉄の依頼で朝鮮人労働者18名と共にトラックに乗って、地震で半壊した車庫を修理するために、笹塚方面に向かっていました。しかし、烏山附近まで来た時、竹槍を携えていた7、80名の青年団員に停車を命じられ、全員路上に立たされました。彼らは襲撃してきた朝鮮人集団と解釈し、鳶口、棍棒、竹槍等によって激しい暴行を加えて一人を刺殺し他の者にも重軽傷を負わせました。(⑧p.173~4)
 付近に住んでいた徳冨蘆花が、随筆のなかでこの事件にふれています。
 鮮人騒ぎは如何でした? 私共の村でもやはり騒ぎました。けたたましく警鐘が鳴り、「来たぞゥ」と壮丁の呼ぶ声も胸を轟かします。隣字の烏山では到頭労働に行く途中の鮮人を三名殺してしまいました。済まぬ事羞かしい事です。(『みみずのたはこと(下)』  岩波文庫 p.143)
 この事件で12人が起訴された時、千歳村連合議会は、この事件はひとり烏山村の不幸ではなく、千歳連合村全体の不幸だ、として彼らにあたたかい援助の手をさしのべます。ある人物曰く、「千歳村連合地域とはこのように郷土愛が強く美しく優さしい人々の集合体なのである。私は至上の喜びを禁じ得ない。そして12人は晴れて郷土にもどり関係者一同で烏山神社の境内に椎の木12本を記念として植樹した。今なお数本が現存しまもなく70年をむかえようとしている」「日本刀が、竹槍が、どこの誰がどうしたなど絶対に問うてはならない。すべては未曽有の大震災と行政の不行届と情報の不十分さが大きく作用したことは厳粛な事実だ」
 なお烏山神社には、当時植えられた椎の木のうち4本が残り、参道の両側に高くそびえているそうです。(⑨p.50)

 こうして虐殺の嵐が吹き荒れた9月2日は過ぎていきました。
by sabasaba13 | 2017-10-03 06:23 | 関東大震災と虐殺 | Comments(0)

近江編(38):近江八幡へ(15.3)

 それでは修学院駅へと向かいましょう。途中にあった鷺森神社に、下記のようなお知らせがありました。
修学院小学校 新一年生 入学祈願祭のご案内
四月 一日 十時 鷺森神社本殿にて斎行
修学院小学校新一年生の入学祈願祭を執り行います。保護者様ご同伴にてご出席ください。記念品をお渡ししています。
 うーむ、何なのだろう、祈願祭というのは。人気があるので抽選で新入生を選抜しているのでしょうか。ホームページを見ても不明でした。ただ「校長室から」というコラムに、次のような言葉があったので、意を強くしました。がんばれ、修学院小学校。
 5月の憲法月間では,日本国憲法の三原則(国民主権・基本的人権の尊重・平和主義)を,日々の学校生活に生かすため,教室でできることを考えました。一人一人が真剣に考え,自分自身のできることから始めることで,笑顔になる友だちが増えたのではないでしょうか。
 でも、アドルフ・安倍、ヨゼフ・菅、ヘルマン・麻生が知ったら、有形無形、ありとあらゆる非公式な嫌がらせやいじめをして、この方針を撤回させるでしょうね。鶴亀鶴亀、桑原桑原。

 修学院駅から叡山電鉄本線に乗って出町柳駅へ、京阪本線に乗り換えて七条駅で下車。地上に出て、1913(大正2)年に開通した鴨川に架かる橋では最古の、七条大橋を撮影しました。森山松之助が意匠設計を担当した5連の鉄筋コンクリートアーチ橋です。
 そしてバスで京都駅に行き、琵琶湖線に乗って近江八幡駅へ。本日は寄り道をしましたが、明日からは再び琵琶湖周遊の旅に復帰します。駅から歩いて「ホテルはちまん」へ行きチェックイン、荷物を部屋に置いてホテル近くにあった「ティファニー」でビフカツをいただきました。
c0051620_75486.jpg

 本日の二枚です。
c0051620_7544072.jpg

c0051620_755684.jpg

by sabasaba13 | 2017-10-02 07:56 | 近畿 | Comments(0)

関東大震災と虐殺 17

 そして9月2日から3日にかけて、各地に在郷軍人会・消防団・青年団を基体とした自警団がつくられていきました。これにはさまざまなケースがあると思われます。自発的に結成されたもの、警察・役所などから推奨、あるいは要請されてつくられたものなどです。姜徳相氏は、権力側の主導を重視されています。以下、引用します。
 戒厳司令部は軍事行動を独自におしすすめる一方、積極的に一般市民を組織して一定の自衛力を創設しようと画策した。すなわち自警団設立の勧奨である。官憲は自警団を「不逞鮮人」の暴行、または流言の脅威に対処した自然発生的な民衆の自衛組織である、と主張してきた。
 しかし実際は、家財を焼失し飢餓に瀕した民衆の不平不満を恐れた官憲が、民衆の排外心から復讐心を引きずり出すべく組織した団体であった。民衆の不満をすりかえ愛国心に転化して、権力への風圧をそらし、一方で警視庁管下の六十余署の「巡査一万の中より四千余人の罹災者を出し、神奈川警察部も同じく多大の人手を失って殆どサーベルの影さえ見られぬ状態」となった(「関東自警同盟決議」『報知新聞』1923.10.23)警察権力の補完材料に利用しようとしたのが、自警団である。官憲が朝鮮人暴動などのあらゆる流言をとばし、一般市民の憤怒の感情を激発したことはくりかえしのべてきたとおりであるが、その憤怒を朝鮮人への憎悪と防遏の両面に誘導し、体現したのが、日本刀、竹槍、斧などで武装した自警団である。(①p.135)
 史料が残されていないため確言はできませんが、その可能性は充分にあり得ると思います。猟銃、日本刀、金剛杖、竹槍、鳶口などで武装した人びとが町の要所を固めだし、こうして9月2日から3日にかけて軍隊、警察と民兵の三位一体の戒厳体制が成立していきました。

 なお、姜氏は自警団成立の情景をなまなましく描写する史料を紹介されています。(①p.138~9)
 二日午後三時-四時と覚しきころ、小石川は…観樹将軍三浦梧楼子の上富坂観樹庵の広庭、驚愕と飢えと疲れとは日ごろの見えも外聞も何のそのどうとその身を叢の上、土の上に臥し構え、昏々死せる如く眠るもの、呻くもの、叫ぶもの、或ものは失いし財貨の事を話して、かえらぬ事に執着し、或ものは離散せし肉親の甲乙の身の上を気遣う…今はもう上空を廻旋せし午前の飛行機の事も夢幻の如く忘れ果てて、狂おしき許りの焦心であり、焦燥であった。併し乍ら、五尺の身を起して積極進取、自ら食をあさり歩き、とり出し得ざりし財物を持ち来り、失いし人を索める気力とては勿論有る筈は無かった。焦慮焦心は却て飢えと疲れとを強めゆく許り、やがて誰もぐったりと失望、絶望の淵に陥った如く、だんまり込んでしまう…。そうしたその時! 広庭の小高い所に立った、武装甲斐甲斐しい一在郷軍人らしい中年の男があった。突如破れ鐘のような蛮声が鮨づめの人の上にひびき渡った。その俄作りの馬糞紙のメガホーンは或る事を語った。死せる如く横たわっていた人々は忽ち別人の如くすっくと立ち上がった。その蒼白の顔面に凹ませて持つ瞳の輝きの如何に異様なりしよ、極度の緊張! その時、人々の口は死人の如くこわばり黙する。
 おそろしく引きしまった広庭のその時の空気!
 その空気をうちふるわして、メガホーンの蛮声は尚もつづけられた。
 在郷軍人は、云い終ると飛鳥の如く彼方へと駆け出していった。その後姿を瞬きもせざる注意に見送った人々は、其姿の彼方に消えると共に、漸く我にかえった様に、ホッと太息をついた。
 と忽ち怒涛の如きうなりが、どっと広庭一帯に起った。…呪いと恐怖と絶望とを一度に音に表した様なそのさざめきが…。
 しばらくすると、その雑音のすべてをかき消す『生命がけなる魂の絶叫』が起った。
 又してもざーっと魂のうなり-その雑音がひろがって来た。
 町内では忽ち、在郷軍人、青年団員、町内有志の連合になる自警団が組織せられる。避難民中の壮年の男も、今までの疲れと飢えとを打ち忘れたかの如く、進んでこれに参加する。殺気は暮近き敗残の町のすみずみにみなぎり、人々の神経は針の如く鋭く作用(はたら)きだした。この世を滅亡せしめる悪魔の劫火は、東の天をあかあかと彩ってゆく。余震尚やまざる裡に、恐怖の第二夜は近づいてくるのだ。
 自警団の人々は、町名しるしたる白布を右肩より左脇へ、頭は後鉢巻を甲斐甲斐しく、町の入口、町内の要所要所を、水ももらさぬ堅固さに固めていった (田淵厳 『大地は壊れたり』)

by sabasaba13 | 2017-10-01 08:30 | 関東大震災と虐殺 | Comments(0)