京都観桜編(10):六孫王神社(15.3)

 そして駅近くにある京都サイクリングツアープロジェクト(KCTP)で予約しておいた自転車を借り、いざ出発。まずは線路を南へ越えて六孫王神社へと参りましょう。源経基の子、満仲が父の霊を祀るために源経基の邸宅、八条亭に社殿を建てたのがはじまりです。敷地はそれほど広くはないのですが、神龍池を中心にさまざまな桜が密度高く植えられ、ここを先途と咲き誇っていました。しかも観光客はほとんどなし、ここは穴場ですね。お薦めです。
c0051620_6273072.jpg

 なお最近読んだ『無私の日本人』(磯田道史 文春文庫)所収の「大田垣蓮月」に、次の一文がありました。
「…耳の聞こえないあの子は目でみえる書物を懸命に読むようになりました。ほんとうに、いじらしいくらいに。ところが、妻は学問などすると、商売の邪魔になるといって、あの子が本を読むと『本ばかり読んで居ると御飯を食べさせぬぞ』ときつく叱り、無理やり、本を取り上げて隠してしまうのです。わたしはそれが不憫でなりませんでした。とはいえ、それもこれも、わたしが読書で家を傾けたせいですから、なんとも言えない。それで妻にいったのです。『この子は耳が遠くて商売には向かない。神主にでもしよう』といって、西八条の六孫王神社の稚児にやりました。紫の大振袖に袴をはけば、見事な稚児になるといってくれる人がいたので。しかし、なにぶん八つです。親元をはなれて、ずいぶん、さみしい思いをしたことでしょう。それで、あの子が稚児奉公をおえてもどってくると、わたしはあの子を連れて家を出ました。猷に、ひととおりの学問をさせてやりたいものですから」 (p.333)
 富岡鉄斎の父の言葉です。彼の幼名は猷輔、ここ六孫王神社で稚児奉公をしたのですね。余談ですが、本書でときどき耳にする大田垣蓮月の凄さを知りました。津藩藤堂家の高貴な血を引きながら、訳あって身分の低い武士の養女となったことから、数奇な運命をたどった江戸後期の絶世の美人です。二度の結婚で四人の子を産んだが、二人の夫に病死され四人の子には夭逝されました。剃髪して出家した彼女は歌人として名をなすと同時に、自作の焼き物に自詠の和歌を釘彫りする蓮月流を創始。しかし自らの歌集の出版を強引に差し止めるなど名誉を求めず、焼き物で手にした金は飢饉のさいに私財を投げ打って貧者を助け、人々の便利のため鴨川に橋をかけるなど慈善事業に勤しみました。旧幕府軍追討の旗を上げた西郷隆盛には、「あだ味方勝つも負けるも哀れなり同じ御国の人と思えば」の歌を送り自重を促しました。西郷が江戸城総攻撃を思い止まったのは、勝海舟や山岡鉄舟のおかげというよりこの歌のおかげとも言われます。(p.372~3) 記憶にとどめたい人物ですね。

 本日の三枚です。
c0051620_6275739.jpg

c0051620_6282377.jpg

c0051620_6284873.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-14 06:29 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(9):草津(15.3)

 閑話休題。本日は自転車を借りて京都の紅葉狩りをしますが、その前にせっかくなので草津の町をぶらつくことにしました。駅の近くまで歩いていき、珍しい透かしブロックと、「理美容業界年商日本一のブラージュ」という看板を撮影。サムギョプサル専門店の「包まぬ豚はただの豚」という看板は面白いですね。
c0051620_6331659.jpg

 さて、ここ草津は、東海道五十三次のうち、江戸より数えて52番目の宿場町で、東海道と中山道が分岐・合流している交通の要衝でした。往時は、2軒の本陣、2軒の脇本陣、72軒の旅籠があったそうですが、その残り香はもうありません。「右東海道いせみち 左中仙道美のぢ」と刻まれた中山道と東海道の分岐点に立つ追分道標と、国史跡に指定されている本陣くらいでしょうか。
c0051620_6335816.jpg

 それでも古い建物が数軒残っています。吉川芳樹園店舗兼主屋や八百久店舗兼主屋は、二階正面の虫籠窓が印象的でした。
c0051620_6342644.jpg

 双葉館「魚寅楼」は角地に建つ古い料亭です。
c0051620_635165.jpg

 最大の発見は、「国威宣揚」と正面に記された、陶器製の古い旗竿立てです。紀元節、春季皇霊祭、神武天皇祭、天長節、靖国祭、秋季皇霊祭、神嘗祭などの旗日がぐるりと記されています。これはレアな物件ですね、だから散歩は面白い。
 飛び出し小僧とマンホールの蓋を撮影していると、「未来を守る自民党演説会」のポスターがあり、三原じゅん子が微笑んでいます。なになに"守ってあげたい。いのちを懸けて。"? いったい何を守るのだろう? ま、自民党と財界と官僚の権益であろうことは想像できますが。それでは京都へと向かいましょう。
c0051620_6353614.jpg

 JR草津駅から琵琶湖線に乗って三十分弱で京都駅に到着。ほんとうは、地元資本のしぶい喫茶店でモーニングサービスと洒落込みたいのですが、管見の限り駅周辺にそれらしき店はありません。しかたない、駅前の「CAFFE VELOCE」で珈琲とサンドウィッチをいただきました。
c0051620_636053.jpg

 本日の三枚です。
c0051620_6363843.jpg

c0051620_637290.jpg

c0051620_6373086.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-13 06:38 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(8):ホテルにて(15.3)

 目が覚めてテレビのニュースをつけると、「辺野古移設計画 阻止へ対抗措置も」という報道がありました。今、安倍上等兵率いる自民党政権が、辺野古や高江で暴虐な弾圧を行なっていることは、山城博治さんのインタビュー講演会、映画『標的の島』でよくわかります。その現場を毎日報道してほしいのですが、メディアは無視しているようです。民主主義の定義は「弱きを助け強きを挫く」と、故加藤周一氏は喝破されました。強きが弱きを挫いているところを、きっちりと報道するのがメディアの使命だと思います。「今日の辺野古・高江」「今日の福島」といった報道を期待します。

 なお最近読んだ『誰がこの国を動かしているのか』(鳩山友紀夫・白井聡・木村朗 詩想社新書12)に、以下の記述がありましたのでぜひ紹介します。
【木村朗】当時からも田岡俊次さんや孫崎亨さん、政治家では川内博史先生や伊波洋一先生が指摘しているように、アメリカにとっていまの海兵隊は紛争時に最初に殴り込むとか、上陸するといった役割ではなく、特に沖縄米軍海兵隊の任務として考えられるのは、朝鮮半島で何かがあったときに朝鮮半島、韓国にいるアメリカ関係者を救出、脱出させることであり、そのためには2000人から3000人のユニットだけを残せば済む話だと指摘されています。
 であるならば、揚陸艦は佐世保にあるので、佐世保の近くに海兵隊はいないと緊急時には時間的に間に合わないので、長崎の大村航空基地(海上自衛隊)と相浦駐屯地(陸上自衛隊)などに分散移転することで、あとは全部国外に移転するということがアメリカにとってもベストであったと思います。しかしそうならなかったのは、60年代に立てた辺野古沖への軍港を含む新基地建設案をアメリカがずっと持っていて、それを要求したということではなく、結局は日本側の意向で海兵隊が引き上げようとするのを、何度か引き留めてきた。だからいま、辺野古新基地建設に固執しているのは米軍の一部の中にもそういった人がいるとは思いますが、相対的に見たらアメリカ側ではなくて日本側。日本側の外務・防衛官僚やゼネコンだけでなく、やはり自衛隊が将来の使用を見越して固執していると思います。(p.181~2)

【鳩山友紀夫】ランド研究所の報告書が発表されましたが、いま、アメリカは尖閣の問題で、中国に対して日本とともに戦うということは考えていないということです。すなわち戦っても中国に嘉手納基地を性能が抜群に優れてきたミサイルでたたかれたら、数週間、飛行機が飛び立てなくなり、戦いなどできないということです。ですから中国と米国の東シナ海での戦いを想定した場合、中国に対してアメリカは勝つ見込みが薄いということです。
 例えば辺野古に、また基地をつくったとしても、そこもたたかれたらおしまいですから、沖縄に基地を新たにつくるということが現実的にもランド研究所の報告書でも意味がないということを、アメリカ自身がすでに発表しているようなものだと私は思います。
【木村朗】それはジョセフ・ナイというジャパン・ハンドラーの中心的人物も一貫して、沖縄に基地が集中していることによって中国のミサイルの標的になって、脆弱性を強めているので撤退すべきだと言っていますよね。(p.184~5)
 はい、アメリカ軍の抑止力というのは、真っ赤な嘘です。米軍の威を借りて自衛隊基地をつくろうとする防衛・外務官僚の姑息で下劣な意図が見え隠れします。

 本日の一枚です。
c0051620_7535115.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-12 07:54 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(7):楽々荘(15.3)

 亀岡駅から十分ほど歩くと、楽々荘に着きました。明治時代の京都の政財界の立役者で、現在トロッコ列車が運行している旧山陰本線を敷いた実業家田中源太郎の邸宅として1900(明治33)年頃に完成した建物で、現在は料理旅館として営業しています。お目当ては、小川治兵衛(植治)が作庭した池泉廻遊式の日本庭園。フロントで見学したい旨を告げると、快く承諾していただけました。多謝。
 建物の中を抜けるとお庭に出ましたが、残念ながら池がなく小石が敷きつめられています。池の水源だった雑水川が洪水を起こし改修され、滝から池に水を落とせなくなったためだそうです。中央には板で広いスペースがつくってありますが、結婚式やビアガーデンとして利用するためでしょうか。飛び石や灯籠には見るべきものがあるのですが、全体として散漫な印象を受けました。植治が作庭した原型に戻せないものでしょうか。なおお庭からは、大きくとったガラス窓が印象的な洋館を見ることができます。
c0051620_17511485.jpg

 トイレを拝借すると、松と紅梅の男女表示でした。
c0051620_17514515.jpg

 それでは宿のある草津へと戻りましょう。やれやれ遠いなあ。列車を待つ間、駅前をぶらついていると「よろづや」というお店があり、亀岡牛の牛カツが食べられるとのこと。牛肉マニアとしては渡りに船、食べていくことにしましょう。店に入り注文をして、掲示されていたポスターを読むと、商店街のにぎわいを取り戻す起爆剤として、亀岡牛をつかったご当地グルメをいろいろなお店で提供しているそうです。おっきたきた、サクッ。クリスプなころもとジューシーな牛肉、美味しうございました。ごちそうさま。
c0051620_17521264.jpg

 亀岡駅から嵯峨野線に乗って三十分弱で京都駅に到着、琵琶湖線に乗り換えてこれまた三十分弱で草津駅に着きました。合計で一時間弱、それほど遠くはなかったですね。寝酒とつまみを買って、駅から十分強歩くと今夜の塒、草津第一ホテルに着きました。チェックインをしてシャワーを浴び、一献傾けながら明日の旅程を確認。ベッドに横たわり『沖縄の〈怒〉』を読んでいたら、いつの間にか就寝。

 本日の三枚です。
c0051620_17523938.jpg

c0051620_1753832.jpg

c0051620_17533130.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-11 17:54 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(6):亀山(15.3)

 JR嵯峨嵐山駅から嵯峨野線に乗って亀山駅へ。
c0051620_6362632.jpg

 駅構内には石田梅岩の像がありました。えーと、いしだばいがん… 受験用日本史の知識をほじくりだすと、たしか心学の祖でしたね。解説文を転記します。
共生の理念 (実の商人は先も立ち、我も立つことを思うなり)

 石田梅岩(1685~1744)は江戸中期に、現在の亀岡市東別院町に生まれました。本名を興長、呼び名は勘平といい、律儀な父の影響を受けたと伝えられており、京都の商家で、仕事に励むとともに、「人の人たる道」を求めて勉学にも努力を重ね、やがて「石門心学の祖」となりました。
 享保14年(1729)梅岩45歳の時、京都車屋町御池上ルで「聴講無料・出入り自由・女性もどうぞ」という、江戸時代としては型破りな講座で、日常生活における正直・勤勉・倹約・孝行などをわかりやすく講義し、「商人道徳」の確立に大きく貢献しました。
 延享元年(1744)60歳の生涯をとじましたが、梅岩の教えは全国に普及するとともに、時代を超えた現在でも高く評価されています。生涯学習都市を宣言している亀岡市では、梅岩は「市民の学ぶ心」のシンボルでもあります。
 そして目指すは、小川治兵衛(植治)がつくった庭がある楽々荘です。途中に「心学の道」という看板があり、石田梅岩の教えが書かれていました。
 御法を守り、我身を敬むべし。商人というとも聖人の道を不知ば、同金銀を設けながら不義の金銀を設け、子孫の絶ゆる理に至るべし。実に子孫を愛せば、道を学びて栄ることを致すべし。
 "子孫の絶ゆる理に至る"ことを顧みず、ひたすら「今だけ、金だけ、自分だけ」と原発利権に群がる亡者たち、それを陰に陽に支える安倍上等兵政権と自民党、そしてそうしたことに無知・無関心な多くの方々に、石門心学を学んでほしいものです。

 本日の二枚です。
c0051620_6365278.jpg

c0051620_6371784.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-09 06:38 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(5):天竜寺(15.3)

 車折神社駅から京福電車(嵐電)に乗って、終点の嵐山へ。天竜寺の桜はどんなもんでしょうか、ちょっと寄ってみましょう。塔頭の三秀院に「特別拝観 動乱の幕末 長州藩士の刀傷」という看板がありました。弾痕・刀傷マニアとしては立ち寄らないわけにはいきません。拝観料を払って中に入ると、ふたつの柱に刀傷がありました。禁門の変(蛤御門の変)の際に、天龍寺に陣を構えた長州藩士が血気にはやり試し切りしたものと伝えられるそうです。
c0051620_6311519.jpg

 そして天竜寺へ、言わずと知れた京都五山の第一。1339 (延元4・暦応2)年、足利尊氏・直義兄弟が夢窓疎石の勧めによって、後醍醐天皇の冥福を祈るために創建したお寺さんです。広大な曹源池と豪快な石組を愛でて、百花苑の方へいくと全体的に七分咲きでしたが、ところどころで綺麗に咲き誇っていました。他にもいろいろな花が咲いていたのですが、情けないことに名前がわかりません。こういう時に、花に詳しい山ノ神がいればなあ。
c0051620_6314679.jpg

 天竜寺の近くにある湯豆腐「嵯峨野」にもきれいな桜があるという情報を入手したので、さっそく行ってみました。おおっ素晴らしい。あまり観光客を見かけない落ち着いた雰囲気の路地に、数本の桜が咲き誇っていました。しつらえられた石庭ともよくマッチしています。ここは穴場ですね。なおこちらには人間魚雷回天10型の石碑があり、「呉市の博物館に寄贈」と記されていました。どういう由来があるのでしょう? ご教示を乞う。
c0051620_6321775.jpg

 それではJR嵯峨嵐山駅へと参りましょう。途中で、塀越しに見事な桜の大木があったので、正面にまわると天竜寺の塔頭・等観院というお寺さんでした。しかし残念なことに拝観はできません、惜しいなあ。
c0051620_6324095.jpg

 本日の四枚、上から天竜寺、湯豆腐「嵯峨野」(二枚)、等観院です。
c0051620_633642.jpg

c0051620_6332593.jpg

c0051620_6334873.jpg

c0051620_6341656.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-08 06:35 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(4):車折神社(15.3)

 そして歩いて地下鉄東西線小野駅へ、さすがにお腹がへったのでこのあたりで昼食をとりましょう。ところが意外と駅周辺に飲食店がありません。手打ちそば「辻さん」は残念ながら定休日、致し方ない、本意ではないのですが利潤を中央資本に吸い上げられるチェーン店「なか卯」に入りましょう。とりたててコメントのしようがない牛丼をいただきながら、なんで「なか卯」という店名にしたのかな、と疑問に思いました。
c0051620_6354676.jpg

 善は急げ、今インターネットで「なか卯」のサイトを調べてみると、判明しました。転記します。
 なか卯は1969年6月、大阪府茨木市に手作りうどんの店を創業いたしました。社名の由来は創業者名の一字である「なか」と、「うどん屋」の「う」を同音の縁起文字「卯」に変え『なか卯』と定めました。「卯」の文字の縁起とは、この文字が観音様の厨子(両面扉)のような形をしていて、有難く、縁起が良いという点にあります。また、干支の「卯」のうさぎがピョンピョン飛び跳ねるように、会社が大きく跳躍して繁盛するよう願いも込められており、これが 『なか卯』という屋号の由来となっております。
 なるほど。それでは車折(くるまざき)神社へ向かいましょう。小野駅から地下鉄東西線に乗って太秦天神川へ、京福電車(嵐電)に乗り換えて車折神社駅に着きました。駅のすぐ前にある小さな神社が車折神社、少々変わったお名前ですがその由来を紹介しましょう。祭神は平安時代後期の儒学者・清原頼業(よりなり)で、後嵯峨天皇が嵐山の大堰川に遊幸した際に、この社前で牛車の轅(ながえ)が折れたので「車折大明神」の神号を授け「正一位」を贈ったことから「車折神社」と称することになったそうです。神社のサイトによると、学業成就・試験合格・商売繁昌・会社隆昌・金運向上・良縁成就・恋愛成就・厄除け・交通安全というご利益があるそうです。
c0051620_6361333.jpg

 ま、それはさておき、お目当てはパワー・スポットではなく、日本画家・冨田溪仙が奉納した「溪仙(けいせん)桜」です。参道をすこし歩くと、小振りですが満開の枝垂桜がありました。これが「溪仙桜」ですね。迂闊にもさきほどインターネットで調べてわかったのですが、ここ車折神社は富岡鉄斎が1888(明治21)年から1893(明治26)年まで宮司を務めていたのですね。そのためこちらには鉄斎の作品が約百余点伝わっているそうです。また、境内には鉄斎の筆による裏参道入口の社号標や本殿の扁額、表参道脇の車折神社碑があり、さらに鉄斎が生前に用いた筆を2000本以上納めた筆塚もあるとのことです。冨田溪仙は鉄斎に私淑していたので、この桜を奉納したのですね。鉄斎の揮毫を拝見するために、ぜひ再訪を期しましょう。

 本日の三枚です。
c0051620_6364062.jpg

c0051620_637950.jpg

c0051620_6372992.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-07 06:38 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(3):大石神社・勧修寺(15.3)

 途中に「ぼく、京都のおまわりさんになるねん」という、京都府警察官募集のポスターがありました。いやあ雅ですねえ、肉汁にあふれた大阪府警官募集ポスター「草食系より大阪府警。」とはえらい違いです。おっいつも何となく気になる「京都警察犬学校」の看板も健在でした。
c0051620_6301195.jpg

 あちらこちらで咲き誇る桜を愛でながらのんびりと歩き、随心院に着きました。
c0051620_6303660.jpg

 このあたりは小野の里といい、小野小町に関する由緒を売り物にしているお寺さんですね。もしや桜の穴場かなとほのかに期待したのですが、あまりありません。梅は満開でしたが。グラデーションに富んだ見事な大杉苔のある池泉庭園を、心静かに拝見。
c0051620_6314438.jpg

 そして流しのタクシーをつかまえて大石神社に向かいました。なお後日わかったのですが、醍醐寺とバス路線で結ばれているので、バスで行くこともできます。十分ほどで到着、タクシーには待っていてもらいましょう。こちらは大石内蔵助の隠棲地に1935年に建てられた新しい神社です。以前に訪れたことがあるのですが、「大石桜」と名付けられた枝垂桜の大木があります。参道のソメイヨシノ並木は、まだ五分咲きでした。咲き揃ったらさぞや見事でしょう。そしてお目当ての「大石桜」は、並べてかけられた提灯の列を抱きかかえるように咲き誇っていました。観光客の姿もほとんどなく、落ち着いて桜を愛でることができます。ここは穴場、お薦めです。
c0051620_6321710.jpg

 待機していただいたタクシーに乗り込み、勧修寺に行っていただきました。真言宗山階派の大本山で、皇室との関係も深い門跡寺院です。桜の数は40本ほどでそれほど多くはありませんが、観音堂をとりまくように咲く桜が氷室の池にきれいに映って風情がありました。水戸光圀より寄進されたと伝わる「勧修寺型灯篭」や、亀甲垣、さざれ石に臥竜の老梅など、ちょっとした見どころも満載です。
c0051620_6324527.jpg

 またそこいらじゅうにある能書きや御託も、けっこう楽しめます。"「サクラ千本・ウメ1リン」と申します。サクラの花は沢山咲いているのが美しい ウメの花は寒風の中でたった1リン咲いて居るのが美しい (=茶道の心得)"、"ウルシです さわってはいけません"、"このシバフにてご休息下さい この先出口に至ります"、"希望に起き 愉快に働き 感謝に眠る"などなど。
c0051620_6331773.jpg

 極めつけは、氷室の池をめぐる小道の入り口に掲げられた"この先行かれるのはご自由ですが大いに危険"という札。なんだなんだ、蝮が出るのか、スズメバチの巣があるのか、落とし穴が掘られているのか、自民党京都支部があるのか…実は以前に探訪して確認済み、何も危険はありません。でも放射性廃棄物の最終処分場が密かに作られているかもしれません、再度歩いてみましたが…やはり何もありません。秘すれば花ということにしておきましょう。
c0051620_6334674.jpg

 本日の四枚、上二枚が大石桜、下二枚が勧修寺です。
c0051620_6341429.jpg

c0051620_6344180.jpg

c0051620_635942.jpg

c0051620_6353062.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-06 06:36 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(2):醍醐寺(15.3)

 そして午前十時半ころ、京都駅に到着。1598(慶長3)年、豊臣秀吉がその最晩年に醍醐寺三宝院裏の山麓において催した花見の宴にあやかり、まずは醍醐の花見と洒落込みますか。琵琶湖線に乗り換えて山科駅へ、駅前からバスに乗って醍醐寺に着きました。花見客で混みあっていましたがこれは想定内。満開の桜と青空があれば、多少の混雑は耐え忍べます。
c0051620_7322290.jpg

 まずは寺宝を収蔵する秘宝…ではなく霊宝館へ、こちらには樹齢約200年と言われる枝垂桜の古木があります。おっとその前に入場料、もとい拝観料を払わねばなりません。三宝院・霊宝館・伽藍の共通拝観料ですが、通常は800円、桜の春期と紅葉の秋期には1500円となります。うーむ、需要と供給の法則ですね、いたしかたない。大枚1500円を支払って中に入ると、霊宝館の敷地内には数多の枝垂桜が咲き誇っていました。その中で見事な枝振りで周囲を圧していたのが、樹齢約200年の古木です。以前にも見たのですが、今回はほぼ満開、これは素晴らしい。
c0051620_7324597.jpg

 そして三宝院へ。玄関脇には見事な大紅枝垂桜が、ここを先途と咲き誇っていました。表書院は、寝殿造の様式を伝える桃山期の建築、その前面には「醍醐の花見」に際して秀吉が設計したといわれる池泉庭園がひろがっています。しかし写真撮影は禁止。なぜ庭園の写真を撮れないのか、納得できませんね。奥宸殿には、修学院離宮の「霞棚」、桂離宮の「桂棚」とともに「天下の三大名棚」と称される「醍醐棚」があるのですが、残念ながら非公開です。
c0051620_733977.jpg

 桃山時代の雰囲気を今に伝える唐門(勅使門)を撮影して、伽藍を散策。それでは随心院へと歩いて参りましょう。
c0051620_7333669.jpg

 本日の六枚です。
c0051620_7335877.jpg

c0051620_7341753.jpg

c0051620_7343740.jpg

c0051620_73511.jpg

c0051620_7352775.jpg

c0051620_7355035.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-04 07:36 | 京都 | Comments(0)

京都観桜編(1):前口上(15.3)

 あーさぶい。連日の心が折れそうな寒さに呻吟していますが、冬来たりなば春遠からじ、もうすこし我慢すれば桜の季節がやってきます。実は三年前の2015年3月に、京都の桜を見に一人でふらりと出かけたのですが、その時の桜が殊の外見事でした。そこで近江編は小休止にして、穴場情報も含めて前倒しで紹介したいと思います。春になったら京都で桜を愛でようと考えている方のお役に立てれば幸甚です。

 旅程は三泊四日、ガイドブックやインターネットを駆使して、観桜の穴場をできうる限り調べました。問題は塒ですね。桜の満開時期は年によってかなり違うので、桜の満開情報を待ってぎりぎりまで宿の予約はしませんでした。個人的に信頼している京都新聞の情報で、三月末日が満開とのこと、さっそくインターネットで宿をおさえようとしたら…京都は全滅。大阪に宿泊するという手ももちろんありますが、人いきれで気疲れしそうなので却下。大津も満室、思い切って草津にまで捜索の範囲を広げたらようやくおさえることができました。JR琵琶湖線新快速で21分、これは許容範囲です。というわけで草津第一ホテルに三泊することにしました。京都サイクリングツアープロジェクト(KCTP)で一日だけ自転車を借りられるよう、インターネットで予約をして準備は万端調いました。
 持参した本は『沖縄の〈怒〉 日米への抵抗』(ガバン・マコーマック+乗松聡子 法律文化社)です。

 三月三十日に出立、天気予報は四日とも晴れ、京の桜は満開、いやが上にも気持ちは昂揚します。浮かれ気分で魔がさしたのか、駅弁はリラックマの「オムライス」を買ってしまいました。東京駅午前八時ごろ発の新幹線に乗って、いざ上洛。「オムライス」をたいらげて、車窓を流れる風景をしばし楽しみました。
c0051620_6305644.jpg

 おおっ富嶽も、私の前途を祝福するかのように微笑んでおられます。

 本日の一枚です。
c0051620_6311978.jpg

# by sabasaba13 | 2018-02-03 06:32 | 京都 | Comments(0)